Explore these ideas and more!

20414

20414

徐福の宮 徐福の生きたと言われる紀元前200余年は、日本の歴史は、米作りや鉄器の使用が盛んになった弥生時代。 同じ熊野市の花の窟に近い産田神社(うぶたじんじゃ)は、古代の祭祀台「ひもろぎ」が残る歴史の古い神社ですが、 この神社の神田で大正時代まで作っていた米は、南方種の細長い赤米だったとか…。徐福の伝説の真偽はともかく、熊野灘には、 黒潮が運んできた文化もまた根付いているのでしょう。

徐福の宮 徐福の生きたと言われる紀元前200余年は、日本の歴史は、米作りや鉄器の使用が盛んになった弥生時代。 同じ熊野市の花の窟に近い産田神社(うぶたじんじゃ)は、古代の祭祀台「ひもろぎ」が残る歴史の古い神社ですが、 この神社の神田で大正時代まで作っていた米は、南方種の細長い赤米だったとか…。徐福の伝説の真偽はともかく、熊野灘には、 黒潮が運んできた文化もまた根付いているのでしょう。

〔古事記の国産み〕 偶然の一致か、イザナギとイザナミの国産みと水銀鉱床の列島線が一致しているのです。そうです。イザナミ神を祭る九州の地域は福岡・長崎・鹿児島、四国は土佐、畿内は熊野に多く見られます。

〔古事記の国産み〕 偶然の一致か、イザナギとイザナミの国産みと水銀鉱床の列島線が一致しているのです。そうです。イザナミ神を祭る九州の地域は福岡・長崎・鹿児島、四国は土佐、畿内は熊野に多く見られます。

「魏志倭人伝」に記された邪馬台国への行程。それは四国徳島に至る!

「魏志倭人伝」に記された邪馬台国への行程。それは四国徳島に至る!

京都 熊野若王子神社 やたらがす絵馬

京都 熊野若王子神社 やたらがす絵馬

徐福伝説 三重県熊野市波田須(はたす)は,もとは「秦住」と書かれており徐福の上陸地点であり,徐福が住み着いた場所でもあります。日本での徐福やその子孫は「徐」の姓を使わず,故国の「秦」から波田,波多,羽田,畑など「ハタ」と読む漢字をあてて名乗っていたようです。

徐福伝説 三重県熊野市波田須(はたす)は,もとは「秦住」と書かれており徐福の上陸地点であり,徐福が住み着いた場所でもあります。日本での徐福やその子孫は「徐」の姓を使わず,故国の「秦」から波田,波多,羽田,畑など「ハタ」と読む漢字をあてて名乗っていたようです。

熊野本宮大社 梛(なぎ)守り

熊野本宮大社 梛(なぎ)守り

丹後一宮 元伊勢 籠神社(このじんじゃ) 京都丹後日本三景天橋立

丹後一宮 元伊勢 籠神社(このじんじゃ) 京都丹後日本三景天橋立

修験道は、厳しい修行を通じて、神仙世界の境地に達することを目的とする。陰陽道やある中国の錬丹術(神仙術)と根を同じくするもので、まさに不老不死を求める思想、体系といえる。   泰の始皇帝の命を受けた徐福は、錬丹術の専門家だった。日本には錬丹術、修験道、陰陽道すべてに通じた一人の天才がいた。真言密教の開祖、弘法大師空海。   その空海も、このラインの中に見え隠れしている。   吉野の近くには丹生川神社があるが、高野山からこの吉野のあたりは不老不死の妙薬の原料となる「丹」、水銀の鉱脈があり、やはり不老不死を求めていた空海は、この地に目をつけた。そして、その中心である高野山を丹生津姫命から借用するとして手に入れ、真言密教の中心地とする。   錬丹術の「丹」はまさに水銀のことで、徐福も良質な水銀産地を探し求めていた。

修験道は、厳しい修行を通じて、神仙世界の境地に達することを目的とする。陰陽道やある中国の錬丹術(神仙術)と根を同じくするもので、まさに不老不死を求める思想、体系といえる。 泰の始皇帝の命を受けた徐福は、錬丹術の専門家だった。日本には錬丹術、修験道、陰陽道すべてに通じた一人の天才がいた。真言密教の開祖、弘法大師空海。 その空海も、このラインの中に見え隠れしている。 吉野の近くには丹生川神社があるが、高野山からこの吉野のあたりは不老不死の妙薬の原料となる「丹」、水銀の鉱脈があり、やはり不老不死を求めていた空海は、この地に目をつけた。そして、その中心である高野山を丹生津姫命から借用するとして手に入れ、真言密教の中心地とする。 錬丹術の「丹」はまさに水銀のことで、徐福も良質な水銀産地を探し求めていた。

京都 熊野若王子神社 「梛お守り」と「梛交通安全お守り」 このお守りは若王子神社の御神木の梛(なぎ)の葉で作った物です。説明が書かれておりました。『梛=イヌマキ科の常緑高木。暖地に自生する高さ約15m、材質は細密で床柱、家具用。樹皮は染料なめし皮用。』

京都 熊野若王子神社 「梛お守り」と「梛交通安全お守り」 このお守りは若王子神社の御神木の梛(なぎ)の葉で作った物です。説明が書かれておりました。『梛=イヌマキ科の常緑高木。暖地に自生する高さ約15m、材質は細密で床柱、家具用。樹皮は染料なめし皮用。』

ad09290e.jpg

ad09290e.jpg

特別授与品 - 熊野速玉大社公式サイト|和歌山県新宮市鎮座 根本熊野大権現 世界遺産

特別授与品 - 熊野速玉大社公式サイト|和歌山県新宮市鎮座 根本熊野大権現 世界遺産

以朱丹塗其身體 如中國用粉也

以朱丹塗其身體 如中國用粉也

熊野速玉大社(世界遺産)。熊野三山の一つ。御神木「ナギ」の木、牛王符。 – チョットnow記

熊野速玉大社(世界遺産)。熊野三山の一つ。御神木「ナギ」の木、牛王符。 – チョットnow記

花の窟神社と産田神社の神饌米(=お供え物)。≪ふさなり≫は、1700年代  に熊野詣をした土佐の人が、四万十川上流にある地元熊野神社※1への神饌米として使うため花の窟神社からふさなりの種籾と熊野高菜の種を持ち帰り地元で守られてきました。 注:※1 熊野神社信仰は分社という形で全国に広まりました。神社を分社する際には「梛」を本社より移植する のが一般的てしたが、高知四万十川にある熊野神社は「梛」に代えて香稲米≪ふさなり≫を持ち帰ったとされています。

花の窟神社と産田神社の神饌米(=お供え物)。≪ふさなり≫は、1700年代 に熊野詣をした土佐の人が、四万十川上流にある地元熊野神社※1への神饌米として使うため花の窟神社からふさなりの種籾と熊野高菜の種を持ち帰り地元で守られてきました。 注:※1 熊野神社信仰は分社という形で全国に広まりました。神社を分社する際には「梛」を本社より移植する のが一般的てしたが、高知四万十川にある熊野神社は「梛」に代えて香稲米≪ふさなり≫を持ち帰ったとされています。

九鬼家が別当をしていたとされる和歌山県の熊野三山の一つ熊野那智大社の社殿 屋根に付いている角のようなものは  千木というものですが  これは牛の角を表しているということです

九鬼家が別当をしていたとされる和歌山県の熊野三山の一つ熊野那智大社の社殿 屋根に付いている角のようなものは 千木というものですが これは牛の角を表しているということです

Pinterest
Search