Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

SHOW ME HOW!という本とウェブサイトが、とても面白いです。 今日、本からではなくウェブサイトからその […]

アイスティーの作り方からタコと戦う方法まで教えるよ

SHOW ME HOW!という本とウェブサイトが、とても面白いです。 今日、本からではなくウェブサイトからその […]

とても面白い。色街の風俗文化を探ったノンフィクション。    遊郭の名残をとどめる大阪の色街飛田。今でも半ば公然と売春が行われているこの場所を女性フリーライターが、10年かけて地道に取材を重ねた。原則取材拒否の街だから真正面からは入れない。最初は飛田をお客として利用した男性に話を聴いて回る。飛田の飲み屋の常連になり内部に人脈をつくる努力もする。もちろん「店」にも潜入し女の子の話も聞く。

とても面白い。色街の風俗文化を探ったノンフィクション。 遊郭の名残をとどめる大阪の色街飛田。今でも半ば公然と売春が行われているこの場所を女性フリーライターが、10年かけて地道に取材を重ねた。原則取材拒否の街だから真正面からは入れない。最初は飛田をお客として利用した男性に話を聴いて回る。飛田の飲み屋の常連になり内部に人脈をつくる努力もする。もちろん「店」にも潜入し女の子の話も聞く。

009 RE:CYBORG(2)  平成25年7月14日読了  オリジナルをちゃんと読んだり、観たこと無いんだが、こんなに面白かったのか

009 re:cyborg(2) (ビッグガンガンコミックスsuper) 麻生我等

009 RE:CYBORG(2) 平成25年7月14日読了 オリジナルをちゃんと読んだり、観たこと無いんだが、こんなに面白かったのか

これ欲しい!     一口飲んだコーヒーカップをテーブルに置き、後ろに寄りかかるとフワッとリクライニング。そのままさらに後ろに体重を掛ければ、足が心臓...

重力から解放してくれるリクライニングチェア

これ欲しい! 一口飲んだコーヒーカップをテーブルに置き、後ろに寄りかかるとフワッとリクライニング。そのままさらに後ろに体重を掛ければ、足が心臓...

これって、ミニマルなクルマの新しいカタチ?運転トラクターと荷台とを連結切り離しができる「トレーラー」。この概念をパーソナルカーに...

とてもコンパクトでとても拡張性が高いクルマ

これって、ミニマルなクルマの新しいカタチ?運転トラクターと荷台とを連結切り離しができる「トレーラー」。この概念をパーソナルカーに...

Flipping Through This Pop-up Book Is More Relaxing Than a Thousand Zen Gardens

Flipping Through This Pop-up Book Is More Relaxing Than a Thousand Zen Gardens

昭和31年(1956年)に創刊された洋酒の寿屋(現・サントリー)のPR誌『洋酒天国』(創刊者:開高健、坂根進、柳原良平。編集兼発行人:開高健)。  その中から選んだ内容を本にした『洋酒天国1アンソロジー  酒と女と青春の巻』と『洋酒天国2 傑作エッセイ・コントの巻』を読みました。    壇一雄、北杜夫、團伊玖磨、伊丹十三、淀川長治、吉行淳之介、小松左京ほかいろんな方がお酒にまつわる話などを書いていて、読んでいてとても面白い本でした。柳原良平の挿絵も良かった。

昭和31年(1956年)に創刊された洋酒の寿屋(現・サントリー)のPR誌『洋酒天国』(創刊者:開高健、坂根進、柳原良平。編集兼発行人:開高健)。 その中から選んだ内容を本にした『洋酒天国1アンソロジー 酒と女と青春の巻』と『洋酒天国2 傑作エッセイ・コントの巻』を読みました。 壇一雄、北杜夫、團伊玖磨、伊丹十三、淀川長治、吉行淳之介、小松左京ほかいろんな方がお酒にまつわる話などを書いていて、読んでいてとても面白い本でした。柳原良平の挿絵も良かった。

「どうしたら、ひらめきがうまれるか」という手順(頭のつかい方)そのものを説明したのではない。 「ひらめきがでるとしたら、こういう過程があったはずだ」ということを説明した本であると思えばよいだろう。 本文の短さが、とてもよい。  複雑な手順を踏ませるような、いわゆるハウツーものとは全く違う。 アイディアは誰だって思いつくことができる。 誰だってできることだから、本質は短く記述できるにきまっている。  本書の通りに実践することは、誰でもできる。 しかし、ひらめきがでるかどうかは、確率の問題になるのかもしれない。  ただし、本書の方法を実践すれば確率は「ぐぐっと」高くなるだろう。

「どうしたら、ひらめきがうまれるか」という手順(頭のつかい方)そのものを説明したのではない。 「ひらめきがでるとしたら、こういう過程があったはずだ」ということを説明した本であると思えばよいだろう。 本文の短さが、とてもよい。 複雑な手順を踏ませるような、いわゆるハウツーものとは全く違う。 アイディアは誰だって思いつくことができる。 誰だってできることだから、本質は短く記述できるにきまっている。 本書の通りに実践することは、誰でもできる。 しかし、ひらめきがでるかどうかは、確率の問題になるのかもしれない。 ただし、本書の方法を実践すれば確率は「ぐぐっと」高くなるだろう。

Pinterest
検索