Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

2012 Kawasaki Z1000 For Cafe Racer TV – Lossa Engineering

2012 Kawasaki Z1000 For Cafe Racer TV – Lossa Engineering

『チキチキマシン猛レース』ってご存知ですか? アメリカのテレビアニメで、日本でも何度も再放送されている人気番組ですね。簡単に説明しますと、11台の個性的なレーシングカーとそれぞれのドライバーたちがドタバタカーレースを繰り広げるというアニメです。 その登場マシンの中に、"ガンセキオープン"という岩石の車体と丸太の車輪で構成されたオープンカーがありました。搭乗者は原始人の外見をしている二人組と、かなり印象的なキャラとマシンです。まぁ、アニメの世界の話だと思っていたのですが、そんなガンセキオープンに近いバイクが製作されたという驚愕の情報を入手しましたので紹介しましょう。   石製の外装パーツをまとうホンダ「CX500」  ベースとなっているのは1982年製のホンダ「GL500」の海外向けモデル「CX500」になります。特徴的な水冷縦置V型2気筒OHVエンジンからも一目瞭然ですね。 やはりこのマシンを印象づけるのは、外装パーツが全て石で作られているところですね。 これ、石風ペイントではありません。本当に石製なのです! それだけで驚いてはいけません。何とこのバイクきち...

『チキチキマシン猛レース』ってご存知ですか? アメリカのテレビアニメで、日本でも何度も再放送されている人気番組ですね。簡単に説明しますと、11台の個性的なレーシングカーとそれぞれのドライバーたちがドタバタカーレースを繰り広げるというアニメです。 その登場マシンの中に、"ガンセキオープン"という岩石の車体と丸太の車輪で構成されたオープンカーがありました。搭乗者は原始人の外見をしている二人組と、かなり印象的なキャラとマシンです。まぁ、アニメの世界の話だと思っていたのですが、そんなガンセキオープンに近いバイクが製作されたという驚愕の情報を入手しましたので紹介しましょう。 石製の外装パーツをまとうホンダ「CX500」 ベースとなっているのは1982年製のホンダ「GL500」の海外向けモデル「CX500」になります。特徴的な水冷縦置V型2気筒OHVエンジンからも一目瞭然ですね。 やはりこのマシンを印象づけるのは、外装パーツが全て石で作られているところですね。 これ、石風ペイントではありません。本当に石製なのです! それだけで驚いてはいけません。何とこのバイクきち...

『チキチキマシン猛レース』ってご存知ですか? アメリカのテレビアニメで、日本でも何度も再放送されている人気番組ですね。簡単に説明しますと、11台の個性的なレーシングカーとそれぞれのドライバーたちがドタバタカーレースを繰り広げるというアニメです。 その登場マシンの中に、"ガンセキオープン"という岩石の車体と丸太の車輪で構成されたオープンカーがありました。搭乗者は原始人の外見をしている二人組と、かなり印象的なキャラとマシンです。まぁ、アニメの世界の話だと思っていたのですが、そんなガンセキオープンに近いバイクが製作されたという驚愕の情報を入手しましたので紹介しましょう。   石製の外装パーツをまとうホンダ「CX500」  ベースとなっているのは1982年製のホンダ「GL500」の海外向けモデル「CX500」になります。特徴的な水冷縦置V型2気筒OHVエンジンからも一目瞭然ですね。 やはりこのマシンを印象づけるのは、外装パーツが全て石で作られているところですね。 これ、石風ペイントではありません。本当に石製なのです! それだけで驚いてはいけません。何とこのバイクきち...

『チキチキマシン猛レース』ってご存知ですか? アメリカのテレビアニメで、日本でも何度も再放送されている人気番組ですね。簡単に説明しますと、11台の個性的なレーシングカーとそれぞれのドライバーたちがドタバタカーレースを繰り広げるというアニメです。 その登場マシンの中に、"ガンセキオープン"という岩石の車体と丸太の車輪で構成されたオープンカーがありました。搭乗者は原始人の外見をしている二人組と、かなり印象的なキャラとマシンです。まぁ、アニメの世界の話だと思っていたのですが、そんなガンセキオープンに近いバイクが製作されたという驚愕の情報を入手しましたので紹介しましょう。 石製の外装パーツをまとうホンダ「CX500」 ベースとなっているのは1982年製のホンダ「GL500」の海外向けモデル「CX500」になります。特徴的な水冷縦置V型2気筒OHVエンジンからも一目瞭然ですね。 やはりこのマシンを印象づけるのは、外装パーツが全て石で作られているところですね。 これ、石風ペイントではありません。本当に石製なのです! それだけで驚いてはいけません。何とこのバイクきち...

MZ ES 250/2 Trophy ("TV set" headlight): timeless East German design!

MZ ES 250/2 Trophy ("TV set" headlight): timeless East German design!

『チキチキマシン猛レース』ってご存知ですか? アメリカのテレビアニメで、日本でも何度も再放送されている人気番組ですね。簡単に説明しますと、11台の個性的なレーシングカーとそれぞれのドライバーたちがドタバタカーレースを繰り広げるというアニメです。 その登場マシンの中に、"ガンセキオープン"という岩石の車体と丸太の車輪で構成されたオープンカーがありました。搭乗者は原始人の外見をしている二人組と、かなり印象的なキャラとマシンです。まぁ、アニメの世界の話だと思っていたのですが、そんなガンセキオープンに近いバイクが製作されたという驚愕の情報を入手しましたので紹介しましょう。   石製の外装パーツをまとうホンダ「CX500」  ベースとなっているのは1982年製のホンダ「GL500」の海外向けモデル「CX500」になります。特徴的な水冷縦置V型2気筒OHVエンジンからも一目瞭然ですね。 やはりこのマシンを印象づけるのは、外装パーツが全て石で作られているところですね。 これ、石風ペイントではありません。本当に石製なのです! それだけで驚いてはいけません。何とこのバイクきち...

『チキチキマシン猛レース』ってご存知ですか? アメリカのテレビアニメで、日本でも何度も再放送されている人気番組ですね。簡単に説明しますと、11台の個性的なレーシングカーとそれぞれのドライバーたちがドタバタカーレースを繰り広げるというアニメです。 その登場マシンの中に、"ガンセキオープン"という岩石の車体と丸太の車輪で構成されたオープンカーがありました。搭乗者は原始人の外見をしている二人組と、かなり印象的なキャラとマシンです。まぁ、アニメの世界の話だと思っていたのですが、そんなガンセキオープンに近いバイクが製作されたという驚愕の情報を入手しましたので紹介しましょう。 石製の外装パーツをまとうホンダ「CX500」 ベースとなっているのは1982年製のホンダ「GL500」の海外向けモデル「CX500」になります。特徴的な水冷縦置V型2気筒OHVエンジンからも一目瞭然ですね。 やはりこのマシンを印象づけるのは、外装パーツが全て石で作られているところですね。 これ、石風ペイントではありません。本当に石製なのです! それだけで驚いてはいけません。何とこのバイクきち...

Magpul Ronin

Magpul Ronin

タイヤの弱点と言えば……やはりパンクすることですよね。チューブレスタイヤ全盛のこの時代ですらパンクは克服できていませんし、空気を入れる手間も正直言えば面倒です。そんなタイヤに不満を持っている方に朗報です。ブリジストンが次世代タイヤとも言うべき「エア・フリー・コンセプトタイヤ」を搭載した自転車を発表したので紹介しましょう。   「エアフリーコンセプト」とは?   「エアフリーコンセプト」とは、ブリヂストン株式会社が進めているプロジェクトで、タイヤの内側に沿って伸びる独特な構造のスポークを使用することで、ウェイトを支えるためにタイヤを空気で膨らませる必要性を排除するというテクノロジーになります。これにより、タイヤにエアを入れる必要もなく、パンクの可能性もなくなります。また、スポークやゴムに使用樹脂は、より効率的な資源の使用を実現するのに役立ちます。   同社は2013年の東京モーターショーで、第2世代の「エア・フリー・コンセプト(非空気圧)タイヤ」を発表しています。今回は、さらにそのタイヤの進化版というワケですね。   次世代自転車用タイヤ…

タイヤの弱点と言えば……やはりパンクすることですよね。チューブレスタイヤ全盛のこの時代ですらパンクは克服できていませんし、空気を入れる手間も正直言えば面倒です。そんなタイヤに不満を持っている方に朗報です。ブリジストンが次世代タイヤとも言うべき「エア・フリー・コンセプトタイヤ」を搭載した自転車を発表したので紹介しましょう。 「エアフリーコンセプト」とは? 「エアフリーコンセプト」とは、ブリヂストン株式会社が進めているプロジェクトで、タイヤの内側に沿って伸びる独特な構造のスポークを使用することで、ウェイトを支えるためにタイヤを空気で膨らませる必要性を排除するというテクノロジーになります。これにより、タイヤにエアを入れる必要もなく、パンクの可能性もなくなります。また、スポークやゴムに使用樹脂は、より効率的な資源の使用を実現するのに役立ちます。 同社は2013年の東京モーターショーで、第2世代の「エア・フリー・コンセプト(非空気圧)タイヤ」を発表しています。今回は、さらにそのタイヤの進化版というワケですね。 次世代自転車用タイヤ…

Bugatti Vision Gran Turismo by Levon

The Outrageous Bugatti Veyron

Bugatti Vision Gran Turismo by Levon

『チキチキマシン猛レース』ってご存知ですか? アメリカのテレビアニメで、日本でも何度も再放送されている人気番組ですね。簡単に説明しますと、11台の個性的なレーシングカーとそれぞれのドライバーたちがドタバタカーレースを繰り広げるというアニメです。 その登場マシンの中に、"ガンセキオープン"という岩石の車体と丸太の車輪で構成されたオープンカーがありました。搭乗者は原始人の外見をしている二人組と、かなり印象的なキャラとマシンです。まぁ、アニメの世界の話だと思っていたのですが、そんなガンセキオープンに近いバイクが製作されたという驚愕の情報を入手しましたので紹介しましょう。   石製の外装パーツをまとうホンダ「CX500」  ベースとなっているのは1982年製のホンダ「GL500」の海外向けモデル「CX500」になります。特徴的な水冷縦置V型2気筒OHVエンジンからも一目瞭然ですね。 やはりこのマシンを印象づけるのは、外装パーツが全て石で作られているところですね。 これ、石風ペイントではありません。本当に石製なのです! それだけで驚いてはいけません。何とこのバイクきち...

『チキチキマシン猛レース』ってご存知ですか? アメリカのテレビアニメで、日本でも何度も再放送されている人気番組ですね。簡単に説明しますと、11台の個性的なレーシングカーとそれぞれのドライバーたちがドタバタカーレースを繰り広げるというアニメです。 その登場マシンの中に、"ガンセキオープン"という岩石の車体と丸太の車輪で構成されたオープンカーがありました。搭乗者は原始人の外見をしている二人組と、かなり印象的なキャラとマシンです。まぁ、アニメの世界の話だと思っていたのですが、そんなガンセキオープンに近いバイクが製作されたという驚愕の情報を入手しましたので紹介しましょう。 石製の外装パーツをまとうホンダ「CX500」 ベースとなっているのは1982年製のホンダ「GL500」の海外向けモデル「CX500」になります。特徴的な水冷縦置V型2気筒OHVエンジンからも一目瞭然ですね。 やはりこのマシンを印象づけるのは、外装パーツが全て石で作られているところですね。 これ、石風ペイントではありません。本当に石製なのです! それだけで驚いてはいけません。何とこのバイクきち...

Yamaha SR150 Cafe Racer - Taiwan #motorcycles #caferacer #motos | caferacerpasion.com

Yamaha SR150 Cafe Racer - Taiwan #motorcycles #caferacer #motos | caferacerpasion.com

Pinterest
検索