Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

キャンディビュッフェのイメージ |ハワイ+Ritzウエディング♡タンタラスの花嫁日記

昨日に引き続きリッツの披露宴のキャンディビュッフェについて。といってもキャンディ等の、「持ち込み禁止」なので、キャンディというより「スイーツビュッフェ」という…

So sweet - afternoon tea.

昨日は、うっとりとピンクのウィーンの薔薇を眺めながら自宅でプチアフタヌーンティーをしました息子のお散歩がてら近所のパン屋さんで買ったサンドイッチとラデュレのミ…

Accidentally #vegan: Japanese #sweets like daifuku or yohkan consist of azuki paste, raw sugar and rice flour.

花菖蒲 | Synchronicity

暑い夏におすすめのアロマとすっきり爽やかに過ごすための活用法あれこれ

おしぼりの歴史は、『古事記』や『源氏物語』が書かれた時代まで遡ると考えられている。前身となっているのは、お公家さんが客人を家に招く際に提供した、“濡れた布”。江戸時代になると木綿の手ぬぐいが普及し、旅籠(はたご)と呼ばれた宿屋の玄関に、旅人のために水を張った桶と手ぬぐいが用意されるようなり、客は手ぬぐいを桶の水に浸してしぼり、汚れた手や足をぬぐった。この“しぼる”という行為が、おしぼりの語源になっていると言われている。 戦後復興で日本に少しずつ飲食店が増えていくと、戦時中の混乱で消えかけていたおしぼりの習慣が徐々に普及し始めた。当時はおしぼりを自店で洗い、丸めて自家製のおしぼりをつくり提供していたが、客数が増えると手作業では追いつかなくなり、“おしぼりを貸す”ビジネスが生まれた。最初は自家製の洗濯機を使い、1本1本手で巻いて飲食店などに卸していたが、その後外食産業がさらに発展したことで、業者は量産体制を備えるまでになり、貸しおしぼり業が一つの立派なビジネスとして確立された。

Lilyのお茶時間inSingapore-アラブ スタイリング

シンガポール在住の「マーラインオンチーム」のコラボ企画、 多国籍民族文化の3番目の紹介として アラブ(イスラム)文化のお茶とお花時間をご紹介します。 シンガポールには、「カンポングラム」というアラブ人街があります。 19世紀前半、イギリスのラッフルズ卿が上陸

Pinterest
検索