Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

相馬の古内裏|歌川国芳|浮世絵のアダチ版画オンラインストア

本ページで相馬の古内裏がお求めいただけます。瀧夜叉姫は、平将門の遺児とされる伝説上の人物。蝦蟇(がま)の精霊から妖術を授かり、相馬の古内裏に妖たちを集結させて謀反を企てるも、大宅太郎光國に破れ自刃をしました。この瀧夜叉姫の哀しい物語は、様々な文学・芸能の題材となっています。国芳の描いた骸骨は三枚に渡って描かれていることからも、とても迫力があり、海外でも大変人気の図柄です。 アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

写真: 【参考】葛飾応為「吉原夜景図」→

【参考】葛飾応為「吉原夜景図」→ - フォト蔵は簡単に写真を投稿・共有できる無料のフォトアルバムサービスです。スマートフォンやデジタルカメラで撮った写真をみんなに見てもらったり、友達や家族でお互いの写真を見せあったりすることができます。

soumanofurudairi | Japanese Beauty Design

歌川 国芳 (Utagawa Kuniyoshi) 相馬の古内裏 (そうまのふるだいり) 大判錦絵3枚続 / 右37.1×25.5cm 中37.3×25.2cm 左37.2×24.1cm/天保(1830-44)後期 歌川国芳(1797-1861)は、幕末期、国貞(三代豊国)、広重と実力・人気を三分した浮世絵師である。「武者絵の国芳」と呼ばれるほど武者絵を一新したが、そのほか狂画・戯画もよくし、天保期の風景画や、弘化・嘉永期の美人画も高く評価される。発想が豊かで次々に新機軸を打ち出し、幕末浮世絵会の活力源ともなっている。 本図は、山東京伝による読本『忠義伝』に取材した作品で、源頼信の家老大宅光国と平将門の遺児で妖術を操る滝夜叉姫との対決の場面である。活劇を見るような動きのあるシーンの描写と大胆な構図に国芳らしさのよく表れた人気の作品である。

歌川国芳-29

昨日描いたかのように斬新な浮世絵 - 歌川国芳

徳川幕府最後の将軍といえば、徳川慶喜。 りりしいです。 在位わずか一年で幕府が崩壊。死罪必至でしたが、勝海舟らの交渉でなんとか免れました。さて、その後、慶喜は明治〜大正時代にどんな人生を送っていたのか?   最 […] 2012123

歌川国芳-26

昨日描いたかのように斬新な浮世絵 - 歌川国芳

歌川国芳 那須の原 大物浦平家の亡霊九尾の悪狐退治  讃岐院眷属をして為朝をすくふ図 高祖御一代略記 

White Streak in the Waves Zhang Shun (浪裡白跳張順), from the series "The 108 Heroes of the Popular Suikoden (Tsuzoku Suikoden goketsu hyaku-hachi-nin no hitori)" / Utagawa Kuniyoshi (Japanese Ukiyo-e Printmaker, ca.1797-1861)

本ページで浪裡白跳張順がお求めいただけます。「通俗水滸伝豪傑百八人之壱人」は、文政10年(1827)頃から天保7年(1836)にかけて、約10年の間順次出版された人気のシリーズ。画面全体の荒々しい躍動感と技巧を凝らした細部の工芸品的な美しさとが絶妙の均衡を保ち、国芳芸術の特長を余すことなく伝えています。「水門破り」の愛称で親しまれ、武者絵の傑作と謳われている作品です。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

歌川国芳-33

昨日描いたかのように斬新な浮世絵 - 歌川国芳

歌川国芳の玉取姫は、ちょうさの刺繍とようにとるな〜。 なんでも、刺青の図案は、歌川国芳の作品を基にしたものが多いとか。 http://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-62-8b/ku...

和漢準源氏 乙女 天羅国斑足王悪狐華陽夫人顕(幕末の浮世絵師・歌川国芳の画)の拡大画像

徳川幕府最後の将軍といえば、徳川慶喜。 りりしいです。 在位わずか一年で幕府が崩壊。死罪必至でしたが、勝海舟らの交渉でなんとか免れました。さて、その後、慶喜は明治〜大正時代にどんな人生を送っていたのか?   最 […] 2012123

歌川国芳-24

昨日描いたかのように斬新な浮世絵 - 歌川国芳

徳川幕府最後の将軍といえば、徳川慶喜。 りりしいです。 在位わずか一年で幕府が崩壊。死罪必至でしたが、勝海舟らの交渉でなんとか免れました。さて、その後、慶喜は明治〜大正時代にどんな人生を送っていたのか?   最 […] 20121211

【今日の豪傑:魯智深①】怪力にまかせて暴れまわる花和尚魯智深(かおしょうろちしん)。もとは地方の部隊長でしたが、人助けから殺人を犯してしまい逃亡の末に出家。しかし酒がやめられず酔って寺の仁王像を殴り倒してしまいます。

The latest media Tweets from 太田記念美術館 (@ukiyoeota). 原宿・表参道にある浮世絵専門の美術館「太田記念美術館 Ota Memorial Museum of Art」。展覧会・イベント情報等をお知らせします(リプライ、DMへの返信はしていません)。過去のつぶやきまとめはこちら→http://t.co/NFuFTqspYh。ツイートの無断転載を禁止します。2012/8/16開設. 原宿/表参道

Pinterest
検索