Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

目指すは、自然エネルギーだけで暮らせる家。デザインスタジオが手がけたオフグリッドハウス!  |  greenz.jp グリーンズ

ckkb24: “(http://newsletter.dezeen.com/t/r-652E4F145B26F19A2540EF23F30FEDEDから) ”

専門家:黒崎敏が手掛けた新築戸建事例:MURのページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

単身女性が暮らす平屋の計画。高台にある敷地周辺は坂の街であり、敷地の高低差を解消しながらプライバシーを確保しながら安心して生活を送れるコートハウスが求められた。そのため、外周は道路の高さにあわせて異なる高さの壁面が連続する単純な箱形状としている。 単純なワンルーム空間に陥らないために必要なものは「物語」であると考える。門扉を開けると現れるスリット開口からはプライベートの中庭が少しだけ見える仕組みとした。細長いポーチの先には透明ガラスの玄関ドアがあり、その先にあるトップライトからは柔らかい光が室内に注ぎ落ちている。…

Landscape Architecture : A Brief Introduction:Modular House Landscape Architecture Top Design For Green Forest Landscape Architecture

Landscape Architecture : A Brief Introduction:Modular House Landscape Architecture Top Design For Green Forest Landscape Architecture

[House K for two families, 2011] 東京郊外の閑静な住宅地に建つ、二世帯の家族のための住宅である。

東京郊外の閑静な住宅地に建つ、二世帯の家族のための住宅。 間口1.8M、高さ9.0Mの細長いエンピツのような木質部分には、キッチンや洗面所、トイレ、お風呂や収納などが2家族分入っており、小さな木梁によって適宜自由な床や壁で構成されている。もう一方の四角い箱のRC部分には、リビングやダイニングなどの居住空間が集まっている。そしてこの2つ建物が細長い敷地の中に平行に並び、その間を廊下が繋ぐことで、この住宅は構成されている。 敷地の中に2つの建物を、廊下を挟みサンドイッチ状に並べることで、単純な住居の中に迷路のような長い距離をつくりだしている。その距離によって二世帯の住人は、各々にプライバシ-をとりながら生活することができる。そのように住人が自由な距離をとれる建物がこれからの新しい二世帯住宅のあり方ではないかと考えた。 住宅を「居住空間とその生活を支える空間」で考えることで、いわゆる「二世帯住宅」という短期的な建物の使われ方を越えて、例えば将来的に三世帯が住まうことになった場合にも、同じように複数の家族が暮らせる長寿の住宅になることを目指している。…

Pinterest
検索