Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

直径5億光年、天の川銀河が属する新たな超銀河団「ラニアケア」

何を連れて歩いとんねん

今では考えられない…1891〜1971年の人々が飼うエキゾチックなペットいろいろ

犬が人間と共に暮らすようになったのは、1万年前とも1万5千年前とも言われている。人類の歴史は動物との関わり合いの歴史といっても過言ではないほどに、私たちは動物たちと共存している。 ということでこれらの古写真は、昔の人が動物たちとの触れ合いを撮影したもの

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた宇宙

筆舌を尽くしがたいとはまさにこのこと。ハッブル宇宙望遠鏡から送られてきた世にも素晴らしい宇宙絵図は、雲がクマさんに見えるのレベルを軽く超えるくらい、想像力旺盛ならば無限の創造物を描き続けてられるくらいの神秘とファンタジーに満ち溢れていたんだ。ちょっと小

nsx:   ハッブル宇宙望遠鏡から撮った地球の写真とのこと。今までの地球の写真のイメージとはずいぶんが違って雲が立体的にとらえられてる。撮り方にもよるのかな。 http://pic.twitter.com/8QHyCn9zuS— kita (@kitakazuo) March 1, 2016

nsx: ハッブル宇宙望遠鏡から撮った地球の写真とのこと。今までの地球の写真のイメージとはずいぶんが違って雲が立体的にとらえられてる。撮り方にもよるのかな。 http://pic.twitter.com/8QHyCn9zuS— kita (@kitakazuo) March 1, 2016 もっと見る

.

スマホどころかデジカメやビデオも無かった時代、昔ながらのカメラは当時の様子を記録する重要なツールだった。その頃に撮られた昔の写真の中には、失われた文化や歴史的に貴重な瞬間、膨大な時の流れを感じさせるシーンがおさめられている。 これまでも取り上げている

26周年迎える「ハッブル宇宙望遠鏡」、卵型の青い星雲を撮影 | sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイト

26周年迎える「ハッブル宇宙望遠鏡」、卵型の青い星雲を撮影

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた「バブル星雲」 http://www.afpbb.com/articles/-/3084900 Hubble Sees a Star 'Inflating' a Giant Bubble (04/21/2016) http://hubblesite.org/newscenter/archive/releases/2016/13/

天文学者は宇宙で最大の既知の構造、端から端まで40億光年を伸ばす活動銀河核の塊を発見した。構造は、光クエーサーグループ(LQG)、超巨大ブラックホールの中央で駆動極めて明るい銀河Nulceiの集まりです。

天文学者は宇宙で最大の既知の構造、端から端まで40億光年を伸ばす活動銀河核の塊を発見した。構造は、光クエーサーグループ(LQG)、超巨大ブラックホールの中央で駆動極めて明るい銀河Nulceiの集まりです。 もっと見る

Pinterest
検索