Explore Chawan, Tea Bowls, and more!

Explore related topics

Antiques, Regional Art, Asian, Japanese, Stoneware | Trocadero

Antique Korean Japanese Hakeme tea bowl with Kintsugi gold repair

Edo period, early-mid 19th century tea bowl designed with random and abstract embossing pattern, like a primitive cave painting on Japanese (Shigaraki) clay.

Edo period, early-mid century tea bowl designed with random and abstract embossing pattern, like a primitive cave painting on Japanese (Shigaraki) clay.

柿の蔕茶碗(朝鮮16世紀、高7.1/口径14.4/高台径5.7、永青文庫)。千利休が所持し、細川三斎、細川家に伝わる。

柿の蔕茶碗(朝鮮16世紀、高7.1/口径14.4/高台径5.7、永青文庫)。千利休が所持し、細川三斎、細川家に伝わる。

A charming, hand-built tea bowl, with the design of a pine on the inside, and a poem on the outside brushed by the female artist Rengetsu: This being New Year’s Day to the fields my heart is drawn – may there be young pines to be pulled via Also : http://yama-bato.tumblr.com/tagged/Otagaki-Rengetsu

yama-bato: “ A charming, hand-built tea bowl, with the design of a pine on the inside, and a poem on the outside brushed by the female artist Rengetsu: This being New Year’s Day to the fields my.

topics: Items11 Archives

Japanese Old blue gosu pictured Kyoyaki tea bowl chawan Edo period century

井戸茶碗 銘「細川」(朝鮮時代 16世紀、高9.4㎝×口径15.8㎝×高台径5.5㎝、重要文化財、畠山記念館蔵)細川三斎が所持した由緒によって命銘。伝来:細川家→伊達家(仙台)→ 冬木喜平次(江戸の豪商)→松平不昧(安永7年)。『雲州蔵帳』は、「天下三井戸」として、「喜左衛門」「加賀」とともに「大名物」の部に記されている。

井戸茶碗 銘「細川」(朝鮮時代 16世紀、高9.4㎝×口径15.8㎝×高台径5.5㎝、重要文化財、畠山記念館蔵)細川三斎が所持した由緒によって命銘。伝来:細川家→伊達家(仙台)→ 冬木喜平次(江戸の豪商)→松平不昧(安永7年)。『雲州蔵帳』は、「天下三井戸」として、「喜左衛門」「加賀」とともに「大名物」の部に記されている。

銘「江岑」 江岑宗左伝来 畠山記念館蔵 高さ6.4cm 口径13.5cm 高台径5.5cm 最後の一椀は私の眼で選ばせていただきました。畠山記念館の「江岑」です。表千家四代目の江岑宗左が所持していたことで知られます。 まずこの小井戸、非常に侘びています。この茶碗の非常に小さいこと、なんとも肩をすぼめて端に引っ込んだような感じがします。そしてなんといってもこの傾きです。喜左衛門井戸もそうでしたが、傾きが井戸につくと何か迫力が増す気がします。この茶碗もより一層侘びたような効果をもたらしているのです。 この茶碗には貫入もカイラギもあまり見られませんが、逆にそれが見栄を捨てた感じがして良いのです。さすがは先代のノンコウとはがらりと茶風を変えて利休に帰る姿勢を示した江岑宗左だけはあります。 (追記:↑「ノンコウ」のところ間違ってました、宗旦翁です、ノンコウは楽家の三代目です) 以上が私の選んだ小井戸の重要な五椀でした。それでは以下、小粒ぞろいの小井戸の多様なる世界をご覧ください。

銘「江岑」 江岑宗左伝来 畠山記念館蔵 高さ6.4cm 口径13.5cm 高台径5.5cm 最後の一椀は私の眼で選ばせていただきました。畠山記念館の「江岑」です。表千家四代目の江岑宗左が所持していたことで知られます。 まずこの小井戸、非常に侘びています。この茶碗の非常に小さいこと、なんとも肩をすぼめて端に引っ込んだような感じがします。そしてなんといってもこの傾きです。喜左衛門井戸もそうでしたが、傾きが井戸につくと何か迫力が増す気がします。この茶碗もより一層侘びたような効果をもたらしているのです。 この茶碗には貫入もカイラギもあまり見られませんが、逆にそれが見栄を捨てた感じがして良いのです。さすがは先代のノンコウとはがらりと茶風を変えて利休に帰る姿勢を示した江岑宗左だけはあります。 (追記:↑「ノンコウ」のところ間違ってました、宗旦翁です、ノンコウは楽家の三代目です) 以上が私の選んだ小井戸の重要な五椀でした。それでは以下、小粒ぞろいの小井戸の多様なる世界をご覧ください。

銘「履霜」 船越永景伝来 個人蔵 高さ8.5~9.0cm 口径15.2cm 高台径6.0cm

銘「履霜」 船越永景伝来 個人蔵 高さ8.5~9.0cm 口径15.2cm 高台径6.0cm

Japan's national treasure: Korean ido pottery tea bowl KIZAEMON IDO

Japan's national treasure: Korean ido pottery tea bowl KIZAEMON IDO

Originating in Korea during the century, Ido tea bowls are a type of Korai-jawan — decorative bowls that typically feature some sort of motif, s

A Large, Finely Crafted ki-Seto Chawan of Considerable Age

A Large, Finely Crafted ki-Seto Chawan of Considerable Age

Pinterest
Search