Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

俵屋宗達作:国宝「風神雷神屏風図」(1624)「風神雷神屏風図」の原本、桃山時代から江戸末期まで250余年続く「琳派」の象徴とも云える絵図(京都建仁寺蔵)

華やかな元禄文化:五代将軍徳川綱吉のときの元禄時代。このころ、商品は遠くの町へ運ばれるようになり、特に大坂を中心とする「上方」と「江戸」のあいだでは、人や物がたくさん行き交いました。「天下の台所」といわれた大坂では、町人が力をつけ、武士などとともに元禄文化を担っていきました。俵屋宗達の『風神雷神図屏風(びょうぶ)』。尾形光琳の『八橋蒔絵螺鈿硯箱(やつはしまきえらでんすずりばこ)』。土佐光起の『源氏物語図屏風』。こうした元禄時代の作品の多くは、豪華で洗練されたものでした。(図:俵屋宗達「風神雷神図屏風」)

Ogata Korin (1701-1710)

  ちっぽけなブログで伝える感動はわずかばかり。 それでも、たったひとつあげるとしたら…       尾形光琳生誕350周年記念 大琳派展 -継承と変奏-   本阿弥光悦、 俵屋宗達により始まる。 宗達に私淑した尾形光琳。 尾形乾山により盛んに。 100年後 光琳を追慕し宗達...

Sekigahara battle screen painting depicting the battle of Sekigahara Screen /. Japanese. 関ヶ原の戦いを描いた関ケ原合戦図屏風/Wikipedia

関ヶ原の戦い開始までの【石田三成&徳川家康】経緯マトメ! かくして日本史上最大のバトルは始まった

Kanō Naizen (狩野 内膳?, 1570–1616) was a Japanese painter of the Kanō school, particularly known for his byōbu screen paintings of Nanban ("Southern Barbarians", i.e. Europeans). Naizen was his art name; his personal name was Shigesato (重里).  One of his more famous works, "Festivals of Toyokuni" (豊国の祭り), was one of these such paintings, produced in 1605 for the seventh anniversary of the death of Kampaku Toyotomi Hideyoshi, whose posthumous name was Toyokuni Daimyōjin (豊国大名人).

豊国祭礼図屏風 右隻

山口晃 Akira Yamaguchi/「邸内見立 洛中洛外圖」 2007年

山口晃 Akira Yamaguchi/「邸内見立 洛中洛外圖」 2007年

11月14日(木)に混雑を予想して早めに行きましたが、すでに大勢の鑑賞者が見に来ていました。 京都にいても、これだけそろった作品群をみれるのはめったにない。廃仏毀釈で外国に渡ってしまった作品もこのために里帰りしているというのです。会場には熱気も感じられました。 第1部は京都の町を眺めます 会場に入って大きなスクリーンに次々と「洛中洛外図屏風」舟木本の中の様々な部分をクローズアップして表示。色が鮮やかで、金雲がまぶしい。人々の表情は豊かで生き生きとして歓声やざわめきが聞こえてくるようです。 そのあと最初に見る作品がこの「洛中洛外図屏風」舟木本(江戸時代 17世紀 東京国立博物館所蔵) 本物は全体がもう少し茶ばんでいて、スクリーンでみるほど鮮やかではなかったのですが、それは時の流れで色が変わったのでしょ...

11月14日(木)に混雑を予想して早めに行きましたが、すでに大勢の鑑賞者が見に来ていました。 京都にいても、これだけそろった作品群をみれるのはめったにない。廃仏毀釈で外国に渡ってしまった作品もこのために里帰りしているというのです。会場には熱気も感じられました。 第1部は京都の町を眺めます 会場に入って大きなスクリーンに次々と「洛中洛外図屏風」舟木本の中の様々な部分をクローズアップして表示。色が鮮やかで、金雲がまぶしい。人々の表情は豊かで生き生きとして歓声やざわめきが聞こえてくるようです。 そのあと最初に見る作品がこの「洛中洛外図屏風」舟木本(江戸時代 17世紀 東京国立博物館所蔵) 本物は全体がもう少し茶ばんでいて、スクリーンでみるほど鮮やかではなかったのですが、それは時の流れで色が変わったのでしょ...

「洛中洛外図屏風」歴博甲本(室町時代 16世紀 千葉・国立歴史民俗博物館所蔵)右隻

11月14日(木)に混雑を予想して早めに行きましたが、すでに大勢の鑑賞者が見に来ていました。 京都にいても、これだけそろった作品群をみれるのはめったにない。廃仏毀釈で外国に渡ってしまった作品もこのために里帰りしているというのです。会場には熱気も感じられました。 第1部は京...

狩野永徳《上杉本洛中洛外図屏風》(左隻)

狩野永徳《上杉本洛中洛外図屏風》 金雲に輝く名画の謎を読む──「黒田日出男」:アート・アーカイブ探求|美術館・アート情報 artscape

Pinterest
検索