Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

有名な写真,ドラッグ·レース,レースカー,マッスルカー,クラシックカー,ツインターボ,ホットウィール,Touring,Murdered Out

映画「ローマの休日」で、オードリー・ヘップバーンが演じるアン王女がローマ市内を見物するシーンで乗ったことでも有名なイタリア製のス...

これは可愛い! 木製のVespa

毎週Designworksで記事を書いていく際に気になった世界のデザインニュースをまとめ、まとめ的に週1回日曜日に「Weekly Design News」としてお届けいたします。10月に突入しましたが今年はまだまだ気温が高く、秋という感じがしないというのが正直なところ。急に寒くなるかもしれないので、体調管理には充分注意して過ごしていきたいと思います。それでは、2013年9月29日〜10月5日までの「WeeklyDesignNews」を以下よりご覧ください。

『ジムカーナ』で有名なケン・ブロックがこれまでビデオ・シリーズの中でドライブしていたクルマは、フォード「フォーカス」などのラリーカーが主だった。しかし、最新作『ジムカーナ7』で彼が駆るのは、旧車を改造したモンスターマシンだ。…

【SEMAショー2014】NASCAR用エンジンを搭載した、ケン・ブロックの1965年型「マスタング」

『ジムカーナ』で有名なケン・ブロックがこれまでビデオ・シリーズの中でドライブしていたクルマは、スバル「インプレッサ」やフォード「フォーカス」のラリーカーが主だった。しかし、最新作『ジムカーナ7』で彼が駆るのは、旧車を改造したモンスターマシンだ。

まるで人気ゲームの「ニード・フォー・スピード」に登場するような、オーストリア・アルプスの特別な道は、有名なカーチェイスのシーンを撮影するために使われてきました。もちろん現在でも撮影に利用することができます。

オーストリア・アルプスの驚異的な山岳道路

アルプスの実に素晴らしい、曲がりくねった山道。Progressive Locations提供のロケーションライブラリーから選び抜かれた画像をご覧ください。

6月25日(土)にUNU広場で開催される、 「Nordic Lifestyle Market」に、istutも出店します。 写真は昨年買い付け時の一枚です。 FINELのコーヒーポットのデザインで有名なアンティ・ヌルメスニエミ。 ヘルシンキを走る地下鉄のデザインもしています。 その奥様であるヴオッコ・エスコリン-ヌルメスニエミは服のデザインにおいても柄、色のデザインにおいても、マリメッコに膨大な影響を与えてきた欠かせない存在ですが、 彼女のブランドである...

6月25日(土)にUNU広場で開催される、 「Nordic Lifestyle Market」に、istutも出店します。 写真は昨年買い付け時の一枚です。 FINELのコーヒーポットのデザインで有名なアンティ・ヌルメスニエミ。 ヘルシンキを走る地下鉄のデザインもしています。 その奥様であるヴオッコ・エスコリン-ヌルメスニエミは服のデザインにおいても柄、色のデザインにおいても、マリメッコに膨大な影響を与えてきた欠かせない存在ですが、 彼女のブランドである...

『マッドマックス』シリーズといえば、何と言ってもぶっ飛んだデザインの乗り物が有名。4作目の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に登場した狂気を具現化したようなビークルたちはナミビアでの過酷な撮影で多くが破壊されてしまいましたが、プロダクション開始前にシドニー在住の写真家、ジョン・プラットが写真におさめていました。

『マッドマックス』シリーズといえば、何と言ってもぶっ飛んだデザインの乗り物が有名。4作目の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に登場した狂気を具現化したようなビークルたちはナミビアでの過酷な撮影で多くが破壊されてしまいましたが、プロダクション開始前にシドニー在住の写真家、ジョン・プラットが写真におさめていました。

レトロなデザインで有名なスクーター「ベスパ」っぽいけど、あれれ、なんか違う…。 どう見てもスクーターなセグウェイ「Zero Scooter」で街中を走り回ってみたいと思ってしまいました。 それぞれの車輪が独立系モーターによって制御される電気ビークルで、フル充電で33キロメートル以上走行可能です。 ヨーロッパ最大手のオー...

街中を走り回りたい。レトロなスクーターが未来のスタイルになったよ

街中を走り回りたい。レトロなスクーターが未来のスタイルになったよ | roomie(ルーミー)

【取材】ソーシャルとWebを使いこなして世界に発信。ハーレーカスタムの『BAD LAND』 - 後編 - LAWRENCE(ロレンス) - Motorcycle x Cars + α = Your Life.

川崎のハーレー専門カスタムビルダー BAD LANDにお邪魔した。 前回はオフィスと工場をみせていただいた模様をレポートしたが、倉庫と、そのなかに設置された撮影スタジオもお見せいただいたので、レポートを続ける。 前編をお読みになっていない方はこちらから どうぞ。 倉庫の中で世に出る日々を待っている工芸品のようなマシンたち クワイさんの運転で倉庫に向かう。 本社から車で数分の場所に、倉庫はあった。 ドアを開け、中に入ると、オートバイ好きにはたまらない空間が広がっていた。ざっと数十台のハーレーが所狭しと並び、自分たちの順番を待っていたのである。 (なぜか車検を引き受けたというKAWASAKI ZIもあった。足回りや排気系だけでなくエンジン周りもフルチューンされた、いまどき珍しい一台であった) カワサキ好きの僕としては一番先に目が止まったのがこのZ1なのはしょうがないw 塗装前のむき出しの...

【取材】ソーシャルとWebを使いこなして世界に発信。ハーレーカスタムの『BAD LAND』 - 前編 - LAWRENCE(ロレンス) - Motorcycle x Cars + α = Your Life.

BAD LAND:川崎に拠点を持つハーレーダビッドソン専門のカスタムビルダー。 ロレンスで紹介している世界のカスタムビルダーたちには、自社の製品として自らベース車両を仕入れてコンプリートカスタムバイクとして販売するショップが多いが(ハーレーで言えば、 日本ではロードホッパー が有名だ)、BAD LANDは顧客が持ち込んだ車両のカスタムに専念している。既に3年分のバックオーダーを抱えており(2015年7月現在)、非常にビジネスは好調だという。 カスタムの平均費用は500万円を超える。だから顧客はコアなハーレーファンであり、40代以上の比較的裕福な層が多くなる。マシンはどのモデルに執着する、ということはなく、顧客が持ち込むハーレーは分け隔てなくカスタムする。加工や塗装などに関する技術革新にも余念なく、常に新しい手法や素材の採用に貪欲な、非常に真面目なカスタムビルダーだ。 「BAD LAN...

【取材】ソーシャルとWebを使いこなして世界に発信。ハーレーカスタムの『BAD LAND』 - 後編 - LAWRENCE(ロレンス) - Motorcycle x Cars + α = Your Life.

川崎のハーレー専門カスタムビルダー BAD LANDにお邪魔した。 前回はオフィスと工場をみせていただいた模様をレポートしたが、倉庫と、そのなかに設置された撮影スタジオもお見せいただいたので、レポートを続ける。 前編をお読みになっていない方はこちらから どうぞ。 倉庫の中で世に出る日々を待っている工芸品のようなマシンたち クワイさんの運転で倉庫に向かう。 本社から車で数分の場所に、倉庫はあった。 ドアを開け、中に入ると、オートバイ好きにはたまらない空間が広がっていた。ざっと数十台のハーレーが所狭しと並び、自分たちの順番を待っていたのである。 (なぜか車検を引き受けたというKAWASAKI ZIもあった。足回りや排気系だけでなくエンジン周りもフルチューンされた、いまどき珍しい一台であった) カワサキ好きの僕としては一番先に目が止まったのがこのZ1なのはしょうがないw 塗装前のむき出しの...

Pinterest
検索