Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

猫三びきの唄のサムネイル写真 歌川国芳 うたがわ くによし 歌川 国芳とは、江戸時代末期の浮世絵師。

猫の登場する江戸時代の浮世絵作品の内、「猫三びきの唄」について写真付きで解説します。

Title:櫛をもつ女 Woman with Comb Artist:喜多川歌麿 Kitagawa Utamaro

Title:櫛をもつ女 Woman with Comb Artist:喜多川歌麿 Kitagawa Utamaro Color woodblock print; 39.2 x 26.6 cm

山海愛度図会・三十八の「えりをぬきたい」

歌川国芳・猫の浮世絵美術館より「山海愛度図会」の写真です。

喜多川歌麿 KItagawa Utamaro「嶋台持ち娘立姿図」

これはホームページの説明のサンプルです。ホームページに合った内容に書き換えてください

江戸時代、日本画・浮世絵の題材として人気も高かった妖怪。妖怪を扱ったさまざまな作品が描かれましたが、妖怪絵巻の中でも質の高い作品として評価されているのが「百怪図巻(ひゃっかいずかん)」。百怪図巻に描かれた妖怪は30体でどの作品も丁寧な仕事で…

『百怪図巻』より「牛鬼」 西日本を中心に伝承の残る非常に怖くて残忍な妖怪。人を襲い、喰らったり、牛鬼を見ただけでも病気になるとも言う。 海岸での遭遇が主だが、森や山など出現範囲は広い。 蜘蛛の体に牛の角、鬼の顔ーーと見た目だけで身震いしてしまう。ただし身体が鬼で牛の頭、など幾つかのバリエーションがある。 東日本では、何故か浅草周辺に牛鬼の伝承がいくつかある。 これらを元に推測してみる。 西日本で主に伝わり、祭礼にもなっていて、東日本では浅草周辺にだけ伝承がある……なるほどわからん。 とにかく、広い範囲で同じ妖怪が伝わっている場合は正体と呼べる何かがあるはずなので興味は尽きない。 『画図百鬼夜行…

松葉楼装ひ 実を通す風情(喜多川歌麿 画)

江戸時代の浮世絵界をリードした4人のスター浮世絵師を一覧で紹介。斬新な構図、鮮やかな色彩、シンプルかつ繊細な描写は、ゴッホやモネら西欧の画家たちにも大きな影響を与えました。

『当世江戸花』

浮世絵拡大画像 浮世絵・掛軸・書画・骨董・古美術品の販売・鑑定・買取/森宮古美術*古美術もりみや/Ukiyo-e HangingScroll

Pinterest
検索