Cancel
More information
唐津黒織部茶碗 Karatsu Kuro-Oribe Chawan
Find this Pin and more on やきもの by Akira.
唐津黒織部茶碗 Karatsu Kuro-Oribe Chawan

Discover ideas about Ceramic Cups

唐津黒織部茶碗 Karatsu Kuro-Oribe Chawan

Similar ideas

Cancel
More information
実物はこちら。個人蔵です。白釉と黒釉を流し分けるという織部焼の特徴を持っています。胴締の筋が通っており、口の部分が緩やかに上下しているのも織部らしいです。
Find this Pin and more on CRAFT pots chawan by Katie Bretsch.
実物はこちら。個人蔵です。白釉と黒釉を流し分けるという織部焼の特徴を持っています。胴締の筋が通っており、口の部分が緩やかに上下しているのも織部らしいです。
Cancel
More information
Chawan Jean-Pol URBAIN
Cancel
More information
鼠志野茶碗 銘 峯紅葉
Find this Pin and more on うつわ by Febian Reza Pane.
鼠志野茶碗 銘 峯紅葉
Cancel
More information
Oribe Ware, Kikumon 菊文茶碗, 17th century, Japan
Find this Pin and more on Things I Love by Zoe Kaounas.
Oribe Ware, Kikumon 菊文茶碗, 17th century, Japan
Cancel
More information
Find this Pin and more on Ceramics by Rebekah.
Cancel
More information
Akira Satake - Chawan (tea bowls)
Find this Pin and more on Ceramics by Rudolf Vavruch.
What others are saying

Akira Satake - Chawan (tea bowls)

Akira Satake - Chawan (tea bowls)

Also trending on Pinterest

隠居窯BLOG: 三井記念美術館「国宝"卯花墻"と桃山の名陶」に行ってきました

鼠志野檜垣文茶碗 -- My Absolute All Time Favorite Bowl. I saw it in reality at the Mitsui Memorial Museum two years ago, at an exhibition of Momoyama tea bowls and other tea ceremony utensils and I am so glad to have found a photo of it online.

【Sell item】 唐津黒織部ぐい呑 97200JPY

【Sell item】 唐津黒織部ぐい呑 97200JPY

Ogata Kenzan (Japanese: 1663~1743) - RAKU Tea bowl with a Pine Tree design in iron paint - Edo Period

Ogata Kenzan (Japanese: - RAKU Tea bowl with a Pine Tree design in iron paint - Edo Period

十五代 吉左衞門 焼貫黒樂茶碗 銘 暘谷(ようこく)平成元年(1989)個人蔵

yakinuki-type black Raku tea bowl named "Yokoku" Raku kichizaemon 1989

織部黒茶碗 (桃山時代、元屋敷陶器窯跡出土、口径14.8cm/器高8.1cm/高台径6.1cm)。腰部からほぼ真っ直ぐ立ち上げ、口縁部で肥厚させ外へ開く。体部を沓形に変形させ、丁寧な横方向のヘラ削りで整えた後、口縁部や胴部に筋を付け、縦ヘラで面取りや筋を加えている。内面から胴部外面にかけて、鉄釉を施すが、胴部外面には二方に三角の掛け残しの窓を設けている。口縁部の釉は内外面とも拭き取られる。胴部外面には、鉄絵と掻き取り文様が施され、窓の一方にカルタ風の四角い文様が、もう一方に仮名文字が文様化して描かれる。掻き取り文様は梅花を表し、長石釉でなぞられる。底部は丹念にヘラ削りされ、休部と同じような沓形の輪高台を削り出している。高台内には「一」のヘラ記号がある。

織部黒茶碗 (桃山時代、元屋敷陶器窯跡出土、口径14.8cm/器高8.1cm/高台径6.1cm)。腰部からほぼ真っ直ぐ立ち上げ、口縁部で肥厚させ外へ開く。体部を沓形に変形させ、丁寧な横方向のヘラ削りで整えた後、口縁部や胴部に筋を付け、縦ヘラで面取りや筋を加えている。内面から胴部外面にかけて、鉄釉を施すが、胴部外面には二方に三角の掛け残しの窓を設けている。口縁部の釉は内外面とも拭き取られる。胴部外面には、鉄絵と掻き取り文様が施され、窓の一方にカルタ風の四角い文様が、もう一方に仮名文字が文様化して描かれる。掻き取り文様は梅花を表し、長石釉でなぞられる。底部は丹念にヘラ削りされ、休部と同じような沓形の輪高台を削り出している。高台内には「一」のヘラ記号がある。

Tanba Chawan Tea Bowl D

Tanba Chawan Tea Bowl D

Origin: Made in Tanba, Japan (Hyogo) Notes: No box available Size: x x foot) capacity

Pinterest
Search
Explore more ideas with a Pinterest account

Access our best ideas with a free account

Sign up to see more

OR

By continuing, you agree to Pinterest's Terms of Service, Privacy Policy
Already a member?
Log in
Discover a world of ideas with Pinterest