Pinterest

Explore these ideas and more!

ジュンサイ生産農家 研修会開催

ジュンサイ生産農家 研修会開催

佐賀・有明海:ノリの種付け作業スタート

佐賀・有明海:ノリの種付け作業スタート

夏の風物詩の“蛸干し”を見に行ってきました。 真夏の海辺にはカンカン照りの日差しを受けながら、蛸が竿に吊るされていました。 その姿は大空に向かって洋々と両手を広げて舞っているような様子で圧倒されました。 最近は 手が掛かる天日干しをする若者が少なくなったとか。 その風景も徐々に見...

夏の風物詩の“蛸干し”を見に行ってきました。 真夏の海辺にはカンカン照りの日差しを受けながら、蛸が竿に吊るされていました。 その姿は大空に向かって洋々と両手を広げて舞っているような様子で圧倒されました。 最近は 手が掛かる天日干しをする若者が少なくなったとか。 その風景も徐々に見...

東海道五十三次 二川へ二里半 絵 師:葛飾北斎 刊行年:文化元年(1804) この宿駅の西方に「猿馬場(さるがばば)」という原山の池があり、そこの茶店で商った名物の柏餅の製造を描いている。古く万治初期の作とみられる『東海道名所記』三に「猿が馬場、桜餅こゝの名物なり。あづきをつゝみし餅、うらおもて柏葉にて、つゝみたる物也」と記されている。当図初摺にある狂歌はこの柏餅にふれておらず、わずかに猿馬場の名を出す。「めもとにて春をしらすか腰ほその すかるおとめの前にたれ柳 野草庵道人」「はる風かしらすかきねの梅かゝに うくひすならてとまる旅人 竹裡舘直根」「猿曳のさるかはんはに春立て 霞の網や梅の花笠 深草庵早雄」(J1J2)。付りになるが、京都の公家土御門屋泰邦が東下した折りの紀行『東行話説』(宝暦10年正月)は道中名物を試食した作として知られるが、この柏餅はどうもこの人の口には合わなかったらしく酷評されている。

東海道五十三次 二川へ二里半 絵 師:葛飾北斎 刊行年:文化元年(1804) この宿駅の西方に「猿馬場(さるがばば)」という原山の池があり、そこの茶店で商った名物の柏餅の製造を描いている。古く万治初期の作とみられる『東海道名所記』三に「猿が馬場、桜餅こゝの名物なり。あづきをつゝみし餅、うらおもて柏葉にて、つゝみたる物也」と記されている。当図初摺にある狂歌はこの柏餅にふれておらず、わずかに猿馬場の名を出す。「めもとにて春をしらすか腰ほその すかるおとめの前にたれ柳 野草庵道人」「はる風かしらすかきねの梅かゝに うくひすならてとまる旅人 竹裡舘直根」「猿曳のさるかはんはに春立て 霞の網や梅の花笠 深草庵早雄」(J1J2)。付りになるが、京都の公家土御門屋泰邦が東下した折りの紀行『東行話説』(宝暦10年正月)は道中名物を試食した作として知られるが、この柏餅はどうもこの人の口には合わなかったらしく酷評されている。

五十三次 張交 十一 | 錦絵アーカイブス | アーカイブス | 味の素食の文化センター

五十三次 張交 十一 | 錦絵アーカイブス | アーカイブス | 味の素食の文化センター

江戸名所圖會 飛鳥山 絵 師:歌川広重 刊行年:弘化頃(1843~46) 花見の風景。茣座の上では、美女二人が拳をしている。酒樽、燗をする道具、徳利、急須、茶碗、重箱、折詰などがある。

江戸名所圖會 飛鳥山 絵 師:歌川広重 刊行年:弘化頃(1843~46) 花見の風景。茣座の上では、美女二人が拳をしている。酒樽、燗をする道具、徳利、急須、茶碗、重箱、折詰などがある。

乾燥 (12) 味噌玉 miso-ball

乾燥 (12) 味噌玉 miso-ball

写真・図版

写真・図版

(関西食百景)ここだけの話―5月23日配信:朝日新聞デジタル

(関西食百景)ここだけの話―5月23日配信:朝日新聞デジタル

仕上げの乾燥

仕上げの乾燥

写真・図版

写真・図版

写真・図版

写真・図版

(関西食百景)ここだけの話―6月27日配信:朝日新聞デジタル

(関西食百景)ここだけの話―6月27日配信:朝日新聞デジタル

0001

0001

persimmon drying 干し柿 Tradition style

persimmon drying 干し柿 Tradition style