Explore Noodles, Noodle, and more!

Explore related topics

三代広重 大日本物産図会 能登素麺 (c)orion

三代広重 大日本物産図会 能登素麺 (c)orion

東海道五十三次 品川 川崎へ2里半 | 錦絵アーカイブス | アーカイブス | 味の素食の文化センター

東海道五十三次 品川 川崎へ2里半 | 錦絵アーカイブス | アーカイブス | 味の素食の文化センター

大日本物産図会 対馬国 海鼠製造の図 | 錦絵アーカイブス | アーカイブス | 味の素食の文化センター

大日本物産図会 対馬国 海鼠製造の図 | 錦絵アーカイブス | アーカイブス | 味の素食の文化センター

大日本物産図会 土佐 鰹節を製ス図 | 錦絵アーカイブス | アーカイブス | 味の素食の文化センター

大日本物産図会 土佐 鰹節を製ス図 | 錦絵アーカイブス | アーカイブス | 味の素食の文化センター

東海道五十三次 由井 絵 師:葛飾北斎 刊行年:文化元年(1804) 海浜の塩田で製塩作業のところいわゆる、揚浜式製塩法と見られ、砂粒に付着する塩を本のすきで掻き、塩水を注ぎ濃厚化し、右手前の塩屋で焼く。『五街道中細見』(以下『細見』と略称)の東海道の部で、「由井」の蒲原方面へ出外れた海浜の所に「此へん塩焼き出すところ也」と見える。当図の初摺品も「しほ焼もしらぬけふりの身ゆる也 由井のはま辺にたつ春霞 金剛含砂守」と塩焼の狂歌を記している。

東海道五十三次 由井 絵 師:葛飾北斎 刊行年:文化元年(1804) 海浜の塩田で製塩作業のところいわゆる、揚浜式製塩法と見られ、砂粒に付着する塩を本のすきで掻き、塩水を注ぎ濃厚化し、右手前の塩屋で焼く。『五街道中細見』(以下『細見』と略称)の東海道の部で、「由井」の蒲原方面へ出外れた海浜の所に「此へん塩焼き出すところ也」と見える。当図の初摺品も「しほ焼もしらぬけふりの身ゆる也 由井のはま辺にたつ春霞 金剛含砂守」と塩焼の狂歌を記している。

板倉の風景 | 手仕事フォーラムblog

板倉の風景 | 手仕事フォーラムblog

古老柿

古老柿

東海道五十三次 大津 絵 師:葛飾北斎 刊行年:文化元年(1804) 図は関防の左下に小短冊形枠内で「走井」と記し、大津から京都へ向かう道筋にある「走り井」の水で鮮魚や器材を洗う人々を描く。この湧水は『東海道名所図絵』に「走り井----逢坂大谷町茶屋の軒端にあり。後ろの山水こゝに走り下って湧出る事歴々として、寒暑に増減なく甘味也。夏日、往来の人、渇を凌ぐの便とす。」と、その効用を讃えている。同『図絵』に竹原春泉斎の挿図あり、北斎はこの絵にヒントを得た所があるようである。当図の初摺作の狂歌は「としひとつとれはあまりてまたかへる いつも若井の春の汲そめ 花川亭高丸」

東海道五十三次 大津 絵 師:葛飾北斎 刊行年:文化元年(1804) 図は関防の左下に小短冊形枠内で「走井」と記し、大津から京都へ向かう道筋にある「走り井」の水で鮮魚や器材を洗う人々を描く。この湧水は『東海道名所図絵』に「走り井----逢坂大谷町茶屋の軒端にあり。後ろの山水こゝに走り下って湧出る事歴々として、寒暑に増減なく甘味也。夏日、往来の人、渇を凌ぐの便とす。」と、その効用を讃えている。同『図絵』に竹原春泉斎の挿図あり、北斎はこの絵にヒントを得た所があるようである。当図の初摺作の狂歌は「としひとつとれはあまりてまたかへる いつも若井の春の汲そめ 花川亭高丸」

Pinterest
Search