Pinterest

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

NASA Space X Great Red Dragon Photos | Caption: The SpaceX main parachutes control the descent of the Dragon ...

NASA Space X Great Red Dragon Photos | Caption: The SpaceX main parachutes control the descent of the Dragon ...

今週の宇宙画像:宇宙から見たオーロラほか | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

今週の宇宙画像:宇宙から見たオーロラほか

今週の宇宙画像:宇宙から見たオーロラほか | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

Hubble Catches Dusty Detail The soft glow in this image is NGC 2768, an elliptical galaxy located in the northern constellation of Ursa Major (The Great Bear). NGC 2768 appears here as a bright oval on the sky, surrounded by a wide, fuzzy cloud of material.

Hubble Catches Dusty Detail

Hubble Catches Dusty Detail The soft glow in this image is NGC 2768, an elliptical galaxy located in the northern constellation of Ursa Major (The Great Bear). NGC 2768 appears here as a bright oval on the sky, surrounded by a wide, fuzzy cloud of material.

麦畑,カントリーライフ,強い国,国の魅力,美しい写真,感動的な写真,夏場,クラウド,夕日

ソユーズTMA-12Mは今年の3月26日、ソユーズFGロケットに搭載され、バイコヌール宇宙基地の1/5発射台、通称「ガガーリン発射台」から打ち上げられた。予定では、約6時間後にISSとドッキングするはずだったが、スラスターに問題が発生し軌道変更に失敗、2日後の到着となった。ソユーズ宇宙船はもともと、ISSまで2日間かけて飛行をしていたが、昨年のソユーズTMA-08M以来、約6時間で到着する運用が行われており、この「特急便」での飛行に切り替えられて以来、2日かかる飛行プロファイルになったのはこの時が初めてであった。その後、3月28日、無事にISSのポーイスク・モジュールに入港した。

ソユーズTMA-12M宇宙船、地球に帰還

ソユーズTMA-12Mは今年の3月26日、ソユーズFGロケットに搭載され、バイコヌール宇宙基地の1/5発射台、通称「ガガーリン発射台」から打ち上げられた。予定では、約6時間後にISSとドッキングするはずだったが、スラスターに問題が発生し軌道変更に失敗、2日後の到着となった。ソユーズ宇宙船はもともと、ISSまで2日間かけて飛行をしていたが、昨年のソユーズTMA-08M以来、約6時間で到着する運用が行われており、この「特急便」での飛行に切り替えられて以来、2日かかる飛行プロファイルになったのはこの時が初めてであった。その後、3月28日、無事にISSのポーイスク・モジュールに入港した。

cosascool:  A pre-flight CT scan of a NASA A7L spacesuit, the type of suit worn during the Apollo missions.

cosascool: A pre-flight CT scan of a NASA A7L spacesuit, the type of suit worn during the Apollo missions.

International Space Station passed over the Orion. オリオン座の上を素敵に通過する国際宇宙ステーション。#ISS #mysky

International Space Station passed over the Orion. オリオン座の上を素敵に通過する国際宇宙ステーション。#ISS #mysky

這一輯由攝影師 Dan Winters 拍攝的作品,非常震撼,讓人感到猶如置身現場,這麼近來拍攝,有可能嗎?

オリオンの初飛行は探検飛行試験1(Exploration Flight Test 1、EFT-1)と呼ばれ、大型の人工衛星の打ち上げに使われているデルタIVヘビーロケットに、無人のオリオンを搭載して打ち上げ、地球周回軌道を1周した後、最大高度約6,000kmにまで達する軌道を飛行、そして秒速約9kmで大気圏に再突入し、太平洋に着水する計画だ。これによって、オリオンの電子機器や耐熱システム、パラシュートなどが設計通り機能するかが試験される。

オリオン宇宙船、初打ち上げが延期 今年9月から12月へ

オリオンの初飛行は探検飛行試験1(Exploration Flight Test 1、EFT-1)と呼ばれ、大型の人工衛星の打ち上げに使われているデルタIVヘビーロケットに、無人のオリオンを搭載して打ち上げ、地球周回軌道を1周した後、最大高度約6,000kmにまで達する軌道を飛行、そして秒速約9kmで大気圏に再突入し、太平洋に着水する計画だ。これによって、オリオンの電子機器や耐熱システム、パラシュートなどが設計通り機能するかが試験される。