Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

Custom Buell with single sided swing arm, dual front rotors, and crazy custom rear brake set up. http://www.buellxb.com/buell_images/3732_20100513211003_L.jpg

Custom Buell with single sided swing arm, dual front rotors, and crazy custom rear brake set up. http://www.buellxb.com/buell_images/3732_20100513211003_L.jpg

VOICE JAPAN Z1(KAWASAKI Z1)

ボイスジャパン Z1(カワサキ Z1) プロが造るカスタム

プロが造るカスタムバイク「カワサキ Z1」のカスタムバイクの記事です。バイクのアレコレを知り尽くしたプロショップのカスタムバイクを公開! アナタの参考になる技術が満載です!バイクブロスマガジンズでは、バイク初心者から、バイクを乗りこなしているベテランのライダーまで、バイクライフを充実させるための情報をウェブでも配信中!,オンロード・バイクの総合レビュー・サイト、Moto-Ride(モト・ライド)。

90年式の1100カタナをベースに、フレームは7カ所に補強を追加している。その艶やかなフレーム塗装は定評の西村コーティングのダイヤモンドコート。スイングアームは、同店Zレーサーのデータを活かしたOVER特注品

スズキ GSX1100S KATANA プロが造るカスタム

プロが造るカスタムバイク「スズキ GSX1100S KATANA」のカスタムバイクの記事です。バイクのアレコレを知り尽くしたプロショップのカスタムバイクを公開! アナタの参考になる技術が満載です!バイクブロスマガジンズでは、バイク初心者から、バイクを乗りこなしているベテランのライダーまで、バイクライフを充実させるための情報をウェブでも配信中!,オンロード・バイクの総合レビュー・サイト、Moto-Ride(モト・ライド)。

片山選手 NS500

主に2輪時に4輪のレースを時にミーハーに 時にマニアックに観客視点で描きまっせ。 (MOTOGP レース 2輪)(2010年11月17日の記事一覧 - 詳細表示)

取材協力:キャンディーモーターサイクルラボラトリー   こんなSR、見たことない!? SR×オフローダー×カスタムの絶妙!  昨年末の横浜ホットロッドカスタムショーや先日のジョインツでSRフリークたちの注目を集めたのが、キャンディーモーターサイクルラボラトリーによる1台。フロント21インチホイールに前後トライアルタイヤ、スイングアームをRZ250純正に換装し、カンチレバー化したことで、トライアル車やモトクロッサーを思わせるスタイルとなっている。しかし、そこはキャンディー! ただのオフロードカスタムとは一線を画すディテールが、絶妙なのだ。  外装に目を向けると、フューエルタンクとシートカウルは、それぞれアルミをベースとしたワンオフ。コンパクトかつエッジの効いたデザインが、OSSAやBULTACOといったヨーロッパ製マシンを思わせる。それでいて、シートのカウルの長さなど、きっちりとカスタム感を演出している点も見逃せない。そして同店・横山さんによるペイントは素晴らしいのひとこと! PUCCI柄をイメージしたということで、女性ウケも良さそう!?…

取材協力:キャンディーモーターサイクルラボラトリー こんなSR、見たことない!? SR×オフローダー×カスタムの絶妙! 昨年末の横浜ホットロッドカスタムショーや先日のジョインツでSRフリークたちの注目を集めたのが、キャンディーモーターサイクルラボラトリーによる1台。フロント21インチホイールに前後トライアルタイヤ、スイングアームをRZ250純正に換装し、カンチレバー化したことで、トライアル車やモトクロッサーを思わせるスタイルとなっている。しかし、そこはキャンディー! ただのオフロードカスタムとは一線を画すディテールが、絶妙なのだ。 外装に目を向けると、フューエルタンクとシートカウルは、それぞれアルミをベースとしたワンオフ。コンパクトかつエッジの効いたデザインが、OSSAやBULTACOといったヨーロッパ製マシンを思わせる。それでいて、シートのカウルの長さなど、きっちりとカスタム感を演出している点も見逃せない。そして同店・横山さんによるペイントは素晴らしいのひとこと! PUCCI柄をイメージしたということで、女性ウケも良さそう!?…

gaapがこんな姿になるとどうだろうか勝手に設定してみました。 電動ディレ - ラ、サスペンションとステアリングが分離されたフロントスイングアーム、ベルト駆動、ポジションの変更が可能なシトポストゥな

gaapがこんな姿になるとどうだろうか勝手に設定してみました。 電動ディレ - ラ、サスペンションとステアリングが分離されたフロントスイングアーム、ベルト駆動、ポジションの変更が可能なシトポストゥな

取材協力:キャンディーモーターサイクルラボラトリー   こんなSR、見たことない!? SR×オフローダー×カスタムの絶妙!  昨年末の横浜ホットロッドカスタムショーや先日のジョインツでSRフリークたちの注目を集めたのが、キャンディーモーターサイクルラボラトリーによる1台。フロント21インチホイールに前後トライアルタイヤ、スイングアームをRZ250純正に換装し、カンチレバー化したことで、トライアル車やモトクロッサーを思わせるスタイルとなっている。しかし、そこはキャンディー! ただのオフロードカスタムとは一線を画すディテールが、絶妙なのだ。  外装に目を向けると、フューエルタンクとシートカウルは、それぞれアルミをベースとしたワンオフ。コンパクトかつエッジの効いたデザインが、OSSAやBULTACOといったヨーロッパ製マシンを思わせる。それでいて、シートのカウルの長さなど、きっちりとカスタム感を演出している点も見逃せない。そして同店・横山さんによるペイントは素晴らしいのひとこと! PUCCI柄をイメージしたということで、女性ウケも良さそう!?…

取材協力:キャンディーモーターサイクルラボラトリー こんなSR、見たことない!? SR×オフローダー×カスタムの絶妙! 昨年末の横浜ホットロッドカスタムショーや先日のジョインツでSRフリークたちの注目を集めたのが、キャンディーモーターサイクルラボラトリーによる1台。フロント21インチホイールに前後トライアルタイヤ、スイングアームをRZ250純正に換装し、カンチレバー化したことで、トライアル車やモトクロッサーを思わせるスタイルとなっている。しかし、そこはキャンディー! ただのオフロードカスタムとは一線を画すディテールが、絶妙なのだ。 外装に目を向けると、フューエルタンクとシートカウルは、それぞれアルミをベースとしたワンオフ。コンパクトかつエッジの効いたデザインが、OSSAやBULTACOといったヨーロッパ製マシンを思わせる。それでいて、シートのカウルの長さなど、きっちりとカスタム感を演出している点も見逃せない。そして同店・横山さんによるペイントは素晴らしいのひとこと! PUCCI柄をイメージしたということで、女性ウケも良さそう!?…

取材協力:キャンディーモーターサイクルラボラトリー   こんなSR、見たことない!? SR×オフローダー×カスタムの絶妙!  昨年末の横浜ホットロッドカスタムショーや先日のジョインツでSRフリークたちの注目を集めたのが、キャンディーモーターサイクルラボラトリーによる1台。フロント21インチホイールに前後トライアルタイヤ、スイングアームをRZ250純正に換装し、カンチレバー化したことで、トライアル車やモトクロッサーを思わせるスタイルとなっている。しかし、そこはキャンディー! ただのオフロードカスタムとは一線を画すディテールが、絶妙なのだ。  外装に目を向けると、フューエルタンクとシートカウルは、それぞれアルミをベースとしたワンオフ。コンパクトかつエッジの効いたデザインが、OSSAやBULTACOといったヨーロッパ製マシンを思わせる。それでいて、シートのカウルの長さなど、きっちりとカスタム感を演出している点も見逃せない。そして同店・横山さんによるペイントは素晴らしいのひとこと! PUCCI柄をイメージしたということで、女性ウケも良さそう!?…

取材協力:キャンディーモーターサイクルラボラトリー こんなSR、見たことない!? SR×オフローダー×カスタムの絶妙! 昨年末の横浜ホットロッドカスタムショーや先日のジョインツでSRフリークたちの注目を集めたのが、キャンディーモーターサイクルラボラトリーによる1台。フロント21インチホイールに前後トライアルタイヤ、スイングアームをRZ250純正に換装し、カンチレバー化したことで、トライアル車やモトクロッサーを思わせるスタイルとなっている。しかし、そこはキャンディー! ただのオフロードカスタムとは一線を画すディテールが、絶妙なのだ。 外装に目を向けると、フューエルタンクとシートカウルは、それぞれアルミをベースとしたワンオフ。コンパクトかつエッジの効いたデザインが、OSSAやBULTACOといったヨーロッパ製マシンを思わせる。それでいて、シートのカウルの長さなど、きっちりとカスタム感を演出している点も見逃せない。そして同店・横山さんによるペイントは素晴らしいのひとこと! PUCCI柄をイメージしたということで、女性ウケも良さそう!?…

F19インチのダイマグホイールに角型ブラックスイングアーム、ソリッドディスクにショート管…と、1970~80年代に憧れられたスタイルを採り入れつつも、STDのZ1らしさを残したカスタム。

F19インチのダイマグホイールに角型ブラックスイングアーム、ソリッドディスクにショート管…と、1970~80年代に憧れられたスタイルを採り入れつつも、STDのZ1らしさを残したカスタム。

5mmの楕円スチールパイプから製作した片持ちスイングアーム内はオイルンタンクも兼ねた仕様となっている。

1977年式 XLH1000

エンジンワークに並ならない情熱を傾けるショップが、千葉県八街にあるSURE SHOTだ。その傾倒ぶりは代表の相川拓也氏と少しでも話せば瞭然で、彼の言動からは心底のスキモノぶりが伺える。

Pinterest
検索