Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

Hokusai: Dragon of Smoke Escaping from Mt Fuji

波の絵で、世界でも非常に有名な葛飾北斎。日本人にとってもあまりに見慣れたあれ以外の北斎作品もまた凄い。特に老人になってからの作品は圧倒されます。あまり知られていない、“波の絵じゃない”北斎の傑作を紹介します。(年齢は数えではなく、現代一般的な満で紹介します)(4ページ目)

Katsushika Hokusai  Mt Fuji and the Dragon

いいものリスト http://stone.dialog.jp/tumblr/gallery.html?user=bibidebabideboo 50件毎 http://tumb.la/bibidebabideboo 50件+50件+50件+… http://bibidebabideboo.tumblr.com/day/20●●/●●/●● 日毎

富士越龍図(葛飾北斎の画)の拡大画像

富士越龍図(葛飾北斎の画)の拡大画像

凱風快晴(葛飾北斎の画) Hokusai Katsushika

葛飾 北斎は、 1760 年 10 月 31 日 ? ~ 1849 年 5 月 10 日、江戸時代に活躍した浮世絵師、代表作に『富嶽三十六景』や『北斎漫画』があり、世界的にも著名な画家である。天才にありがちだが、奇行も目立つ。今回のブログは天才の北斎を称えるのではなく、「変な叔父...

文昌星図(1843年) 葛飾北斎 82歳ごろ Demon dancing under the stars

芸術家が持つ『特殊な才能』で 『あの人、頭おかしいんじゃないの?』と 思われてしまう様な根源っていうのは 『ある物に打ち込む狂人的とも言える情熱』なんじゃないのかな。 着るものボロボロ、ぐちゃぐちゃでも絵が描ければ良い。 散らかって来たなら引っ越して、 綺麗な引っ越し先でまた描けば良い。 わからない事があったなら徹底して学んで習得してやり、 それに時間も投資も惜しまない。 だが寝床を整える手間は惜しむ。 描くにしても、自分が満足できるまで追求したい。 何があっても、絵を描き続けたい。

游亀|葛飾北斎|浮世絵のアダチ版画オンラインストア

本ページで游亀がお求めいただけます。鶴は千年、亀は万年と言われるように、亀は長寿の象徴。その亀が、親亀、子亀、孫亀と三代揃って子孫繁栄を表す、とてもおめでたい図柄です。90歳の長寿を全うした北斎の人生観まで垣間見える作品です。また、本作の通称 「游亀」の「游」という字には、泳ぐ、遊ぶという意味、また、水の流れの意味の他、交遊、つまり人と人とのお付き合いの意味もあります。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

Japanese painting 鍾馗騎獅図(葛飾北斎の画)

Japanese painting 鍾馗騎獅図(葛飾北斎の画) もっと見る

葛飾北斎 富嶽三十六景の一つ、甲州犬目峠。甲州街道の野田尻(山梨県上野原市)から少し行ったところの犬目宿から桂川沿いの下鳥沢宿へと下る途中の峠を描いたといわれている。裾野から頂上に向けて三色に描き分けられた富士。北斎にしては珍しく、大らかでのんびりとした雰囲気で、近景に置かれた山の緑の鮮やかさも初夏の空気を感じさせ、爽やかな気持ちにさせてくれる作品。

本ページで甲州犬目峠がお求めいただけます。甲州街道の野田尻(山梨県上野原市)から少し行くと犬目という宿がありました。犬目宿から桂川沿いの下鳥沢宿へと下る途中の峠を描いたといわれています。裾野から頂上に向けて三色に描き分けられた富士。北斎にしては珍しく、大らかでのんびりとした雰囲気の作品です。近景に置かれた山の緑の鮮やかさも初夏の空気を感じさせ、爽やかな気持ちにさせてくれます。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

Pinterest
検索