Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

黒楽茶碗, 佐々木松楽

黒楽茶碗, 佐々木松楽 もっと見る

黒楽茶碗 銘「次郎坊」

黒楽茶碗 銘「次郎坊」

黒楽茶碗No.48 黒楽 無銘 個人蔵

茶道具というのはあまり体系化がされていないせいで、このお焼きの名品はなんだとか、どれくらいの数えるとかいう情報が全く得られないのが残念です。けっこう個人蔵のものが多いので仕方ないといえば仕方ないですが、私はそういうことをやってみたいなぁとひそかに思ってま

黒楽筒茶碗 銘「山の腰」 個人蔵

茶道具というのはあまり体系化がされていないせいで、このお焼きの名品はなんだとか、どれくらいの数えるとかいう情報が全く得られないのが残念です。けっこう個人蔵のものが多いので仕方ないといえば仕方ないですが、私はそういうことをやってみたいなぁとひそかに思ってま

黒織部沓形茶碗

こんにちは!かなり遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。一昨日になりますが、 石川県立美術館 で現在開催中の『没後400年記念 高山右近とその時代』を観てまいりました。南蛮兜(伝高山右近所用) 展示内容は、テーマを3章に分けて、以下のような美術品を展示しています。 第1章は、高山右近にまつわる美術品 ・・・…

長次郎作 黒楽 銘「三国一」 個人蔵

茶道具というのはあまり体系化がされていないせいで、このお焼きの名品はなんだとか、どれくらいの数えるとかいう情報が全く得られないのが残念です。けっこう個人蔵のものが多いので仕方ないといえば仕方ないですが、私はそういうことをやってみたいなぁとひそかに思ってま

御所丸黒刷毛茶碗

藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗

「おとごせ」 永青文庫蔵 初代 長次郎(1516-1592)作 黒楽茶碗 銘「乙御前」(桃山時代16世紀、高8.2/口径10.8/高台径5.0cm、永青文庫蔵、重要美術品)。乙御前は「お多福」の意。 細川家の家譜『綿考輯録』所載の「御家名物之大概」には「おとごぜ 黒茶碗 三斎君御好ミ候て楽長次郎ニ御焼せ成され候 今にこれ有り」と記されている。茶人として利休七哲の一人にも数えられる三斎が、自ら楽長次郎に命じて作らせ、七代宗孝(1718-47)が内箱に「おとこせ」と墨書し、今日まで、代々細川家に伝えられてきた。

「おとごせ」 永青文庫蔵 初代 長次郎(1516-1592)作 黒楽茶碗 銘「乙御前」(桃山時代16世紀、高8.2/口径10.8/高台径5.0cm、永青文庫蔵、重要美術品)。乙御前は「お多福」の意。 細川家の家譜『綿考輯録』所載の「御家名物之大概」には「おとごぜ 黒茶碗 三斎君御好ミ候て楽長次郎ニ御焼せ成され候 今にこれ有り」と記されている。茶人として利休七哲の一人にも数えられる三斎が、自ら楽長次郎に命じて作らせ、七代宗孝(1718-47)が内箱に「おとこせ」と墨書し、今日まで、代々細川家に伝えられてきた。

Karatsu tazón música negro karatsu Kuro-Raku Chawan

しぶや黒田陶苑は渋谷区メトロプラザビルの店舗にて、近現代作家の個展及び企画展・販売を行っております。

楽入印 黒楽茶碗「老松」ノンカウ写

楽入印 黒楽茶碗「老松」ノンカウ写 もっと見る

Pinterest
検索