Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

研ぎ出しプレキャストコンクリート板 名古屋鉄道 鉄道センタービル nikken

研ぎ出しプレキャストコンクリート板 名古屋鉄道 鉄道センタービル nikken

photo(C)Kyle Yu ノイズアーキテクツが設計した台湾・台北市の「瑞安街のアパートメント」です。               以下、建築家によるテキストです。 ************ 瑞安街のアパート—カプセル・アパートメント 台北のアパートメントのリノベーション・プロジェクト。クライアントは我々に、親密な雰囲気と開放性を併せ持つ空間を希望された。「Intimacy=親密さ」がキーワードとなった。 我々は、様々な素材でできた独自のスケール感およびテクスチャーを持つカプセル−すなわち小さな部屋、あるいは構成要素−をあちこちに配置した。 リビングルームは天井に大きなふたつのアルコーブを内包しており、それぞれの下の領域がゆるやかに「部屋」として位置づけられている。各アルコーブは深い奥行きを持ち、スムーズな曲面で囲まれており、垂直方向に空間が繋がり浮遊する感覚を生み出し、既存の建物の天井高さの低さも緩和されている。…

photo(C)Kyle Yu ノイズアーキテクツが設計した台湾・台北市の「瑞安街のアパートメント」です。 以下、建築家によるテキストです。 ************ 瑞安街のアパート—カプセル・アパートメント 台北のアパートメントのリノベーション・プロジェクト。クライアントは我々に、親密な雰囲気と開放性を併せ持つ空間を希望された。「Intimacy=親密さ」がキーワードとなった。 我々は、様々な素材でできた独自のスケール感およびテクスチャーを持つカプセル−すなわち小さな部屋、あるいは構成要素−をあちこちに配置した。 リビングルームは天井に大きなふたつのアルコーブを内包しており、それぞれの下の領域がゆるやかに「部屋」として位置づけられている。各アルコーブは深い奥行きを持ち、スムーズな曲面で囲まれており、垂直方向に空間が繋がり浮遊する感覚を生み出し、既存の建物の天井高さの低さも緩和されている。…

photo(C)Kyle Yu ノイズアーキテクツが設計した台湾・台北市の「瑞安街のアパートメント」です。 以下、建築家によるテキストです。 ************ 瑞安街のアパート—カプセル・アパートメント 台北のアパートメントのリノベーション・プロジェクト。クライアントは我々に、親密な雰囲気と開放性を併せ持つ空間を希望された。「Intimacy=親密さ」がキーワードとなった。 我々は、様々な素材でできた独自のスケール感およびテクスチャーを持つカプセル−すなわち小さな部屋、あるいは構成要素−をあちこちに配置した。 リビングルームは天井に大きなふたつのアルコーブを内包しており、それぞれの下の領域がゆるやかに「部屋」として位置づけられている。各アルコーブは深い奥行きを持ち、スムーズな曲面で囲まれており、垂直方向に空間が繋がり浮遊する感覚を生み出し、既存の建物の天井高さの低さも緩和されている。 リビング空間の主要な壁は、特殊な工法で打込まれたプレキャストコンクリートでできており、アンティークの家具を設置する部分が切り取られており、あるいは古い家...

photo(C)Kyle Yu ノイズアーキテクツが設計した台湾・台北市の「瑞安街のアパートメント」です。 以下、建築家によるテキストです。 ************ 瑞安街のアパート—カプセル・アパートメント 台北のアパートメントのリノベーション・プロジェクト。クライアントは我々に、親密な雰囲気と開放性を併せ持つ空間を希望された。「Intimacy=親密さ」がキーワードとなった。 我々は、様々な素材でできた独自のスケール感およびテクスチャーを持つカプセル−すなわち小さな部屋、あるいは構成要素−をあちこちに配置した。 リビングルームは天井に大きなふたつのアルコーブを内包しており、それぞれの下の領域がゆるやかに「部屋」として位置づけられている。各アルコーブは深い奥行きを持ち、スムーズな曲面で囲まれており、垂直方向に空間が繋がり浮遊する感覚を生み出し、既存の建物の天井高さの低さも緩和されている。 リビング空間の主要な壁は、特殊な工法で打込まれたプレキャストコンクリートでできており、アンティークの家具を設置する部分が切り取られており、あるいは古い家...

Kuma PC Garden East Japan 03/2013 Private residence 195 m2 *not available for publication PC Garden 東日本 2012年5月 個人住宅 765 m2 太平洋を見下ろす崖の上に立つ、風車型プランを持つヴィラ。 幅85mmと135mm、厚さ180mmと220mmのプレキャストコンクリート部材を並べ、これをpc鋼棒で緊結することによって構造壁とした。このように「薄い」部分をユニットとして建築と作りあげることで、通常のコンクリート建築にはない、やわらかさと軽やかさとを獲得することができた。 *not available for publication

PC Garden

Kuma PC Garden East Japan 03/2013 Private residence 195 m2 *not available for publication PC Garden 東日本 2012年5月 個人住宅 765 m2 太平洋を見下ろす崖の上に立つ、風車型プランを持つヴィラ。 幅85mmと135mm、厚さ180mmと220mmのプレキャストコンクリート部材を並べ、これをpc鋼棒で緊結することによって構造壁とした。このように「薄い」部分をユニットとして建築と作りあげることで、通常のコンクリート建築にはない、やわらかさと軽やかさとを獲得することができた。 *not available for publication

Living the high life | 1843 https://www.1843magazine.com/design/the-daily/living-the-high-life

Living the high life | 1843 https://www.1843magazine.com/design/the-daily/living-the-high-life

Ole Scheeren's The Interlace envisioned as "a blatant reversal" of tower-block housing.

Ole Scheeren's The Interlace envisioned as "reversal" of block housing

Ole Scheeren's The Interlace envisioned as "a blatant reversal" of tower-block housing.

Gallery - OMA and Ole Scheeren's Interlace Named World Building of the Year 2015 - 1

Gallery of OMA and Ole Scheeren's Interlace Named World Building of the Year 2015 - 1

Pinterest
検索