Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

Aquamarine Pine Flower Tiara was commissioned by HM King George VI from Cartier, London, as a 15th wedding anniversary gift for his wife HM Queen Elizabeth in 1938. This tiara is composed of aquamarines and diamonds arranged in a pine cone motif (hence the ‘pine flower’ designation), interspersed with large upright rectangular aquamarines and smaller diamonds. Princess Anne has inherited the tiara currently.

Art inn 世の女性たちへとっておきの展覧会「プリンセスの輝き ティアラ展 ~華麗なるジュエリーの世界~」

Tiara belonging to Marie Bonaparte  By Cartier  Platinum, diamonds  1907  Private Collection, courtesy of Albion Art Institute, Japan

古代エジプト時代の紀元前のアンティークジュエリーから1900年代の最先端ジュエリーまで。 代表 有川一三が世界中から集めたアルビオンアートの追求する"ジュエリーの美と感動の世界"を心ゆくまでお楽しみください。

Belle Epoque Edwardian  (19 century to 20 century early)   Tiara of Marie Bonaparte

古代エジプト時代の紀元前のアンティークジュエリーから1900年代の最先端ジュエリーまで。 代表 有川一三が世界中から集めたアルビオンアートの追求する"ジュエリーの美と感動の世界"を心ゆくまでお楽しみください。

Tiara of Marie Bonapart, Cartier, 1907, diamonds, platinum, consisting of twin pave set diamond olive branches meeting at a pear shaped diamond in the centre. The neo-classical tiara was particularly suitable for Marie Bonaparte (1882-1962) for it evoked the tiaras worn by the Bonaparte women during the First Empire of Napoleon I. As if to emphasises her background Princess Marie wore her tiara low on the brow just as the Empress Josephine had done. http://www.diamonddivas.be/index.php?id=37

古代エジプト時代の紀元前のアンティークジュエリーから1900年代の最先端ジュエリーまで。 代表 有川一三が世界中から集めたアルビオンアートの追求する"ジュエリーの美と感動の世界"を心ゆくまでお楽しみください。

Tiara  Private collection, Courtesy of Albion Art Jewellery Institute  Cartier, 1907    The tiara consists of twin pave set diamond olive branches meeting at a pear shaped diamond in the centre. The classical olive branch tiara was not only fashionable in the final years of the Belle Epoque but is was particularly suitable for Marie Bonaparte (1882-1962) for it evoked  the tiaras worn by the Bonaparte women during the First Empire of Napoleon I.  As if to emphasises her background Princess…

古代エジプト時代の紀元前のアンティークジュエリーから1900年代の最先端ジュエリーまで。 代表 有川一三が世界中から集めたアルビオンアートの追求する"ジュエリーの美と感動の世界"を心ゆくまでお楽しみください。

カルティエ、1,218個のダイヤモンドが輝く100年前の「オリエンタル ティアラ」を銀座で展示 | ニュース - ファッションプレス

カルティエ、1,218個のダイヤモンドが輝く100年前の「オリエンタル ティアラ」を銀座で展示

カルティエ、1,218個のダイヤモンドが輝く100年前の「オリエンタル ティアラ」を銀座で展示 | ニュース - ファッションプレス もっと見る

Pinterest
検索