Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

8cb91a55b-s

江戸時代後期〜明治時代にかけて活躍した浮世絵師 月岡芳年(つきおかよしとし)。歌川国芳に師事していたのでJapaaanでも取り分け紹介することの多い河鍋暁斎(かわなべきょうさい)とは兄弟弟子の関係にありました。月岡芳年の代表作品といえば月の…

歌川国芳「ほふづきづくし 夕立」

毎年7月9日、10日は「四万六千日」のご縁日にちなんで浅草寺でほおずき市が開かれます。ほおずき市のはじまりなどに関しては先日の記事 何故お盆に「ほおずき」を飾るの?その意味とは で紹介していますので是非ごらんください。今回は本日から開かれて…

釈迦三尊像

相国寺承天閣美術館にて「若冲展」が開催されています。【竹林の愚人 WAREHOUSE】

雑誌『Pen』の公式サイト。ファッションからアートやデザイン、映画や音楽などのカルチャーや日本の伝統工芸、さらには腕時計やカメラといったプロダクトまで。「上質な日常はすぐそこにある」をコンセプトに、さまざまな情報を発信します。

5_e19

1855年(安政2年)10月2日に起きた安政の大地震の直後、江戸を中心にナマズをモチーフに描かれた浮世絵「鯰絵(なまずえ)が大量に出回った。 これは、オオナマズが地下で暴れることで地震が発生するという当時の民間信仰に由来する。ナマズは崇拝対象となり、庶民は、

月岡芳年 「芳年略画 天狗之世界」 | - Japaaan 日本文化と今をつなぐ

江戸時代後期〜明治時代にかけて活躍した浮世絵師 月岡芳年(つきおかよしとし)。歌川国芳に師事していたのでJapaaanでも取り分け紹介することの多い河鍋暁斎(かわなべきょうさい)とは兄弟弟子の関係にありました。月岡芳年の代表作品といえば月の…

10614

昔描かれたものなのかと思いきや、一部地獄に入門してくる人々の服装や髪型が現代人っぽいので、最近描かれたものと思われる仏教的世界観の地獄絵図なんだ。

Japaaanでは何度も紹介している幕末の絵師 河鍋暁斎。河鍋暁斎の妖怪作品をこれまでにもなんどか触れていますが、ユーモア溢れる作品であったり狂気を感じさせる作品であったり様々。そして今回紹介する作品は常軌を逸した長すぎる、とにかく長すぎる…

大人も泣くレベルwww 幕末の絵師 河鍋暁斎が描いた妖怪図が常軌を逸しすぎる! : Japaaan

猫また『百怪図巻』佐脇嵩之 Nekomata or cat darkness a mythological creature in japan (definitely a shapeshifter)

『百怪図巻』より「猫また」 年老いた猫がなると言われている妖怪。化け猫と同一視されがちだが、一応起源が違うので別の妖怪。でもほぼ一緒。 猫又が初めて文献に現れたのは鎌倉時代の『明月記』で、一晩に何人もの人間を食い殺した、と書かれている。ただし、『明月記』内では「猫のような目」とはあるが、猫と断定はしていないので元は猫じゃない妖怪の可能性もある。 江戸時代になると猫又は広く浸透し、有名な妖怪に。 江戸時代と妖怪研究の項でも書いたが、江戸時代には猫はダントツ人気のペットだった。民衆に愛されまくっていたことと、さらに犬などとは違う「ふいっとどこかへ行ってしまう」奔放さも妖怪なんじゃねぇか? と思わ…

Pinterest
検索