Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

葛飾応為(おうい)   夜桜美人図     余の美人画は、お栄に及ばざるなり   お栄は巧妙に描きて、よく画法にかなえり    美人画にかけては応為には敵わない   応為は妙々と描き、よく画法に適っている 葛飾北斎

北斎の娘「葛飾応為」が描いた『光の浮世絵』江戸のレンブラントと称され、父の才能を受け継ぐ幻の作品たち

夜桜美人図 12811_03 出典:葛飾応為《夜桜美人図》抒情と科学の暗闇 メナード美術館蔵 白く石灯籠の明かりが娘の顔や手元や桜を浮かび上がらせ、着物の朱を足元の雪見灯籠の小さな明かりが照らす。白い点描に加え、淡い藍や紅を一点二点と描き加え、夜空の星の明るさの等級の違いを表わすために、5種類くらいの描き分けが見られる。

葛飾北斎:<雷神図>(肉筆画)Hokusai Katsushika. God of thunder

葛飾北斎:<雷神図>(肉筆画)Hokusai Katsushika. God of thunder もっと見る

“I have drawn things since I was 6. All that I made before the age of 70 is not worth counting. At 75 I began to understand the true construction of nature. At 90 I will enter into the secret of things. At 110, everything--every dot, every dash--will live” - KATSUSHIKA Hokusai (1760-1849), Japan

波の絵で、世界でも非常に有名な葛飾北斎。日本人にとってもあまりに見慣れたあれ以外の北斎作品もまた凄い。特に老人になってからの作品は圧倒されます。あまり知られていない、“波の絵じゃない”北斎の傑作を紹介します。(年齢は数えではなく、現代一般的な満で紹介します)(4ページ目)

葛飾北斎 Katsushika Hokusai「雪中鷹図」1843

これはホームページの説明のサンプルです。ホームページに合った内容に書き換えてください

Katsushika Hokusai (葛飾北斎) 1760-1849, Japanese Artist, 葛飾応為(子)

Katsushika Hokusai - Shizuka-gozen in her farewell dance to Yoshitsune 吉野山 峰の白雪踏み分けて 入りにし人のあとぞ恋しき しずやしず しずのおだまき繰り返し むかしを今になすよしもがな

【葛飾北斎】彼の絵はやはりカッコイイと感じる。色合い・線の気品さ、パリッとした世界観が魅力的。

本ページで美濃国養老の滝がお求めいただけます。岐阜県養老郡養老町にある滝で、貧しいながらも親孝行な樵(きこり)がこの水を年老いた父親に飲ませたところお酒に変わったと言う孝行息子の伝説を秘めた滝としても有名です。また、現在では、日本の滝百選や名水百選にも選ばれる名所でもあります。北斎は、空を濃紺にし、画面中央に正面切って直下落去する滝を見事に描いています。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

Pinterest
検索