Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

一切の有情は、みなもって世々生々の父母兄弟なり-『歎異抄』より-  参考(法話) http://www.otani.ac.jp/yomu_page/kotoba/nab3mq0000000l2z.htm

一切の有情は、みなもって世々生々の父母兄弟なり-『歎異抄』より- 参考(法話) http://www.otani.ac.jp/yomu_page/kotoba/nab3mq0000000l2z.htm

うそはいわない ひとにはこびない ひとのかげぐちは いわぬ  わたしにできぬ ことばかり      相田みつを

うそはいわない ひとにはこびない ひとのかげぐちは いわぬ わたしにできぬ ことばかり 相田みつを

明日の目的のために今日を生きているのではない、今日が全部だ ー 安田理深 -

明日の目的のために今日を生きているのではない、今日が全部だ ー 安田理深 -

「ふるまい」はすなわち自己の行為の善悪であります。 よいことをして仕合わせをあたえてもらうということは、ありがたいようですが、一つの束縛ですね。 人間は禍福に左右されない、念仏者は禍(わざわ)いや幸いに支配されないものである。 -金子大栄(『歎異抄 仏教の人生観』より)-

「ふるまい」はすなわち自己の行為の善悪であります。 よいことをして仕合わせをあたえてもらうということは、ありがたいようですが、一つの束縛ですね。 人間は禍福に左右されない、念仏者は禍(わざわ)いや幸いに支配されないものである。 -金子大栄(『歎異抄 仏教の人生観』より)-

われわれに武器を執らしめるものはいつも敵に対する恐怖である。 しかもしばしば実在しない架空の敵に対する恐怖である。 -芥川龍之介『侏儒の言葉』より-

われわれに武器を執らしめるものはいつも敵に対する恐怖である。 しかもしばしば実在しない架空の敵に対する恐怖である。 -芥川龍之介『侏儒の言葉』より-

子どもについて  ハリール・ジブラーン(カーリル・ギブラン)  赤ん坊を抱いたひとりの女が言った。 どうぞ子どもたちの話をして下さい。 それで彼は言った。 あなたがたの子どもたちは あなたがたのものではない。 彼らは生命そのものの あこがれの息子や娘である。 彼らはあなたがたを通して生まれてくるくるけれども あなたがたから生じたものではない、 彼らはあなたがたと共にあるけれども あなたがたの所有物ではない。  あなたがたは彼らに愛情を与えうるが、 あなたがたの考えを与えることはできない、 なぜなら彼らは自分自身の考えを持っているから。 あなたがたは彼らのからだを宿すことはできるが 彼らの魂を宿すことはできない、 なぜなら彼らの魂は明日の家に住んでおり、 あなたがたはその家を夢にさえ訪れられないから。 あなたがたは彼らのようになろうと努めうるが、 彼らに自分のようにならせようとしてはならない。 なぜなら生命はうしろへ退くことはなく いつまでも昨日のところに うろうろ ぐずぐず してはいないのだ。 あなたがたは弓のようなもの、 その弓からあなたがたの子どもたちは…

子どもについて ハリール・ジブラーン(カーリル・ギブラン) 赤ん坊を抱いたひとりの女が言った。 どうぞ子どもたちの話をして下さい。 それで彼は言った。 あなたがたの子どもたちは あなたがたのものではない。 彼らは生命そのものの あこがれの息子や娘である。 彼らはあなたがたを通して生まれてくるくるけれども あなたがたから生じたものではない、 彼らはあなたがたと共にあるけれども あなたがたの所有物ではない。 あなたがたは彼らに愛情を与えうるが、 あなたがたの考えを与えることはできない、 なぜなら彼らは自分自身の考えを持っているから。 あなたがたは彼らのからだを宿すことはできるが 彼らの魂を宿すことはできない、 なぜなら彼らの魂は明日の家に住んでおり、 あなたがたはその家を夢にさえ訪れられないから。 あなたがたは彼らのようになろうと努めうるが、 彼らに自分のようにならせようとしてはならない。 なぜなら生命はうしろへ退くことはなく いつまでも昨日のところに うろうろ ぐずぐず してはいないのだ。 あなたがたは弓のようなもの、 その弓からあなたがたの子どもたちは…

私は人を、人肉を食べてるっていう事実はね、僕は2回ばかり拝見しました。  戦争なんていうのは異常、普通じゃ考えられない。だけど私もね、人の肉を食ってる姿を見てね、ああやってるなと思って見てもね、なんら別に感覚的に感じたこともない(中略)  食料はありませんからね、草でも何でも食べた。何でもとにかく食べられるもんだったら全部食べたからね。(中略)さっき恥ずかしい話で傷治す時にウジ捨てるのもったいないから食べたって言うけどね、全くその場になってみないと分からない。 -『戦場体験キャラバン~元兵士2500人の証言から~』より-

私は人を、人肉を食べてるっていう事実はね、僕は2回ばかり拝見しました。 戦争なんていうのは異常、普通じゃ考えられない。だけど私もね、人の肉を食ってる姿を見てね、ああやってるなと思って見てもね、なんら別に感覚的に感じたこともない(中略) 食料はありませんからね、草でも何でも食べた。何でもとにかく食べられるもんだったら全部食べたからね。(中略)さっき恥ずかしい話で傷治す時にウジ捨てるのもったいないから食べたって言うけどね、全くその場になってみないと分からない。 -『戦場体験キャラバン~元兵士2500人の証言から~』より-

人間の心に研究の用意があるならば、対象を探し求める必要はないであろう。 平凡なもののなかに、不可思議なものを見ることは、英知の変わることのない特質である。 一日とは何か。一年とは何か。夏とは何か。女とは何か。子供とは何か。眠りとは何か。 われわれの盲目の目には、これらのものは、感動的でないもののように見える。  -R.W.エマソン(『エマソン名著選 自然について 』より)-

人間の心に研究の用意があるならば、対象を探し求める必要はないであろう。 平凡なもののなかに、不可思議なものを見ることは、英知の変わることのない特質である。 一日とは何か。一年とは何か。夏とは何か。女とは何か。子供とは何か。眠りとは何か。 われわれの盲目の目には、これらのものは、感動的でないもののように見える。 -R.W.エマソン(『エマソン名著選 自然について 』より)-

私たちの善悪の心・分別の心はなくせません。 だから、私たちはいつでも躓(つまづ)き、悩み、苦しみます。 そういう毎日のさまざまな事柄をとおして、自分の善悪を考え、分別との緊張関係を生きること、言いかえれば善悪の分別との闘い、それが「歩み」ということです -池田勇諦(『親鸞聖人と現代を生きる』より)-

私たちの善悪の心・分別の心はなくせません。 だから、私たちはいつでも躓(つまづ)き、悩み、苦しみます。 そういう毎日のさまざまな事柄をとおして、自分の善悪を考え、分別との緊張関係を生きること、言いかえれば善悪の分別との闘い、それが「歩み」ということです -池田勇諦(『親鸞聖人と現代を生きる』より)-

私たちの頭は、環境に慣れる傾向にあって、 慣れた環境の下では、目も曇ってくる。-多湖輝-

私たちの頭は、環境に慣れる傾向にあって、 慣れた環境の下では、目も曇ってくる。-多湖輝-

Pinterest
検索