Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

mitsumine1

秩父三社の中でも特に有名で、テレビにもよく登場する神社です

芝大神宮

本社は伊勢神宮のいわゆる「神明神社」 「芝神明」の異名が示すとおり、アマテラスオオミカミを主祭神とする伊勢神宮系の神社です。庶民の言葉でいえば「お伊勢さん」なので「関東のお伊勢様」とも言われ、創建は平安時代。その所在地から日比谷神明、飯倉神明とも呼ばれていたそうです。明治五年には新政府から許され「大神宮」に改名を遂げました。 東京にはこの他「東京のお伊勢様」と呼ばれる「東京大神宮」があるのですが、こちらは明治時代の創建なので、社名も異名も「東京」となるのですね。 「め組の喧嘩」石碑の上の狛犬 火事と喧嘩、江戸の華との縁も浅からず 江戸時代には将軍家や幕府の庇護を受け、また東海道に隣接し、伊勢信仰の高まりなども後押しして様々な階層から崇敬を受け、街はたいそう賑わいました。境内では相撲の興業も行われ、火消のめ組と力士の乱闘事件「め組の喧嘩」の舞台でもあります。 喧嘩ともう一つ、江戸の江戸の名物と言えば火事ですが、繁華街の例外にもれずこちらも何度か災禍にあいその度に再建されたそうです。 さらには明治に入っても関東大震災、空襲の被害を受けましたが、2005年には遷座1000年を迎え「芝大神宮壱千年祭」を行いました。 厳かに挙式進行中 近くには浄土宗の大本山、増上寺や東京タワー、芝公園、東京プリンスホテルなどがあり、白金の高級住宅街も近く(白金の旧地名は芝白金)最先端ではないけれどもそれぞれの時代の名残を残した独特の雰囲気を持つ街になっています。 訪れた日には丁度結婚式が行われていました。このお式は昼間に行われる普通の挙式ですが、こちらの神社は季節限定で「かがり火挙式」という夕方かがり火を焚いた厳粛な雰囲気の結婚式も行っているようです。 神明造りに見られる「千木」と「鰹木」。アマテラスオオミカミがご祭神なので千木の先端は地面と平行 いただいた「芝神明だより」 東京十社のミニ絵馬は、特長のある神明造りの社殿が描かれています。 御朱印は書き置きのものをいただきました。

品川神社絵馬

双龍門 本社は千葉県の洲崎神社で、ここのご祭神を源頼朝が勧請したといわれています。同じく海に近いこの神社を海上交通の安全の守護神としました。当時は本社が洲崎大明神といったので、ここもまた品川大明神とされました。 その後、鎌倉時代にはウガノメノミコト、江戸時代にはスサノオノミコトを勧請し産業、風水害、疫病、歌謡の守護神ともなっています。 大黒様の石像 「イチコク」として有名な大幹線道路国道15号線沿いに立つ鳥居は左右の柱にそれぞれ登り竜と下り龍が掘られた個性的な石造り。双竜鳥居といって、東京には三か所しかないそうです。その横に福々しい大黒様の石像が笑顔をふりまいています。 旧東海道にも是非立ち寄ってほしい またここは東海道最初の宿場品川宿の鎮守でもあり、現在も国道15号線と京浜急行の線路を越えた向こう側の京急新馬場商店街は旧東海道の品川宿筋にあたり、2012年景観の整備事業が完成した現在は街道筋の風情を残した商店街になっています。対して神社の裏手の高台は御殿山、高輪など高級住宅街になっています 鳥居の扁額 提灯には三つ葉葵のご紋 拝殿 神楽殿 東京十社のミニ絵馬。遠くに富士山を臨んでいます 御朱印は東京十社専用御朱印帳にいただきました

双龍門,品川神社

双龍門 本社は千葉県の洲崎神社で、ここのご祭神を源頼朝が勧請したといわれています。同じく海に近いこの神社を海上交通の安全の守護神としました。当時は本社が洲崎大明神といったので、ここもまた品川大明神とされました。 その後、鎌倉時代にはウガノメノミコト、江戸時代にはスサノオノミコトを勧請し産業、風水害、疫病、歌謡の守護神ともなっています。 大黒様の石像 「イチコク」として有名な大幹線道路国道15号線沿いに立つ鳥居は左右の柱にそれぞれ登り竜と下り龍が掘られた個性的な石造り。双竜鳥居といって、東京には三か所しかないそうです。その横に福々しい大黒様の石像が笑顔をふりまいています。 旧東海道にも是非立ち寄ってほしい またここは東海道最初の宿場品川宿の鎮守でもあり、現在も国道15号線と京浜急行の線路を越えた向こう側の京急新馬場商店街は旧東海道の品川宿筋にあたり、2012年景観の整備事業が完成した現在は街道筋の風情を残した商店街になっています。対して神社の裏手の高台は御殿山、高輪など高級住宅街になっています 鳥居の扁額 提灯には三つ葉葵のご紋 拝殿 神楽殿 東京十社のミニ絵馬。遠くに富士山を臨んでいます 御朱印は東京十社専用御朱印帳にいただきました

川越七福神の恵比寿さま

関東三十六不動霊場二十七番札所∥成田山川越別院本行院

日之御子社

アメノウズメノミコトが主祭神で、それにふさわしく舞楽芸能の神

mitsumine2

秩父三社の中でも特に有名で、テレビにもよく登場する神社です

芝大神宮

本社は伊勢神宮のいわゆる「神明神社」 「芝神明」の異名が示すとおり、アマテラスオオミカミを主祭神とする伊勢神宮系の神社です。庶民の言葉でいえば「お伊勢さん」なので「関東のお伊勢様」とも言われ、創建は平安時代。その所在地から日比谷神明、飯倉神明とも呼ばれていたそうです。明治五年には新政府から許され「大神宮」に改名を遂げました。 東京にはこの他「東京のお伊勢様」と呼ばれる「東京大神宮」があるのですが、こちらは明治時代の創建なので、社名も異名も「東京」となるのですね。 「め組の喧嘩」石碑の上の狛犬 火事と喧嘩、江戸の華との縁も浅からず 江戸時代には将軍家や幕府の庇護を受け、また東海道に隣接し、伊勢信仰の高まりなども後押しして様々な階層から崇敬を受け、街はたいそう賑わいました。境内では相撲の興業も行われ、火消のめ組と力士の乱闘事件「め組の喧嘩」の舞台でもあります。 喧嘩ともう一つ、江戸の江戸の名物と言えば火事ですが、繁華街の例外にもれずこちらも何度か災禍にあいその度に再建されたそうです。 さらには明治に入っても関東大震災、空襲の被害を受けましたが、2005年には遷座1000年を迎え「芝大神宮壱千年祭」を行いました。 厳かに挙式進行中 近くには浄土宗の大本山、増上寺や東京タワー、芝公園、東京プリンスホテルなどがあり、白金の高級住宅街も近く(白金の旧地名は芝白金)最先端ではないけれどもそれぞれの時代の名残を残した独特の雰囲気を持つ街になっています。 訪れた日には丁度結婚式が行われていました。このお式は昼間に行われる普通の挙式ですが、こちらの神社は季節限定で「かがり火挙式」という夕方かがり火を焚いた厳粛な雰囲気の結婚式も行っているようです。 神明造りに見られる「千木」と「鰹木」。アマテラスオオミカミがご祭神なので千木の先端は地面と平行 いただいた「芝神明だより」 東京十社のミニ絵馬は、特長のある神明造りの社殿が描かれています。 御朱印は書き置きのものをいただきました。

東京十社のミニ絵馬専用の台木も売られています

東京十社の始まりは明治元年(1968年)。皇居が東京に移り間もなく准勅祭社と定められたことにあります。准勅祭社というからには「勅祭社」に准ずるものということで、この勅祭社というのは祭礼に際して天皇により勅使が遣わされる神社のことです。当時は現在の10社に加え、府中の大国魂神社と埼玉県にある鷲宮神社が制定されいました。  ガイドマップもあった? 今手元に東京十社の専用御朱印帳があります。これには御朱印をいただくスペースの見開きに各神社の簡単な由緒が書いてあるほか、東京十社についての説明と、古い雑誌から抜き出したと思われる記事のコピーが載っています。浅学非才の身ゆえ全部は読めないのですが、以下に解る分だけ書いてみます。(*はわからなかった字です) 此の東京十社は今度この地を皇居と定めいて東京鎮護万民の安寧と祈りたま****。勅使として植松少将様御参向、幣帛を奉られ准勅祭社と崇めたまひ月次臨時の御祈りなりて御玉串献上せし*たまひ、**多くも御拝礼あらせらるる。御神***卑しき***御敬神の御趣意をいただき、必恒*参詣*べざるなれば、撲去る十一月より一日十社巡拝、己に三度に及べり。同志の人路程を問う即此図を作りて示す。 己巳五月東京市隠五十九慎誌 東京十社専用御朱印帳の中の案内図 最後の行にある「己巳五月」は干支(十干十二支)の「つちのとみ」あるいは「きし」の五月、20世紀の己巳は1869年、1929年、1989年なので、明治元年の翌年である1869年のことで、「東京市隠五十九慎誌」は雑誌のことだと思います。東京の名もなき市民によるガイドマップだったのでしょうか?(ここですでに大国魂神社と鷲宮神社が抜けているのが気になりますが)。 全ての距離が10里7丁と書いてあります。1里4キロ、1町110メートルとすると40.77キロ。マラソンくらいですね。 この案内図のとおりに芝神明から富岡八幡宮から時計まわりにgoogleマップではかると42.1キロと出ました(こっちの方がマラソンぽい)。明治元年ながら中々正確な案内図でした。 さて、鳴り物入りで制定されたこれらの准勅祭社も数年後には廃止されてしまったようです。そして准勅祭社を定めた制度も戦後無くなってしまいました。

芝大神宮

本社は伊勢神宮のいわゆる「神明神社」 「芝神明」の異名が示すとおり、アマテラスオオミカミを主祭神とする伊勢神宮系の神社です。庶民の言葉でいえば「お伊勢さん」なので「関東のお伊勢様」とも言われ、創建は平安時代。その所在地から日比谷神明、飯倉神明とも呼ばれていたそうです。明治五年には新政府から許され「大神宮」に改名を遂げました。 東京にはこの他「東京のお伊勢様」と呼ばれる「東京大神宮」があるのですが、こちらは明治時代の創建なので、社名も異名も「東京」となるのですね。 「め組の喧嘩」石碑の上の狛犬 火事と喧嘩、江戸の華との縁も浅からず 江戸時代には将軍家や幕府の庇護を受け、また東海道に隣接し、伊勢信仰の高まりなども後押しして様々な階層から崇敬を受け、街はたいそう賑わいました。境内では相撲の興業も行われ、火消のめ組と力士の乱闘事件「め組の喧嘩」の舞台でもあります。 喧嘩ともう一つ、江戸の江戸の名物と言えば火事ですが、繁華街の例外にもれずこちらも何度か災禍にあいその度に再建されたそうです。 さらには明治に入っても関東大震災、空襲の被害を受けましたが、2005年には遷座1000年を迎え「芝大神宮壱千年祭」を行いました。 厳かに挙式進行中 近くには浄土宗の大本山、増上寺や東京タワー、芝公園、東京プリンスホテルなどがあり、白金の高級住宅街も近く(白金の旧地名は芝白金)最先端ではないけれどもそれぞれの時代の名残を残した独特の雰囲気を持つ街になっています。 訪れた日には丁度結婚式が行われていました。このお式は昼間に行われる普通の挙式ですが、こちらの神社は季節限定で「かがり火挙式」という夕方かがり火を焚いた厳粛な雰囲気の結婚式も行っているようです。 神明造りに見られる「千木」と「鰹木」。アマテラスオオミカミがご祭神なので千木の先端は地面と平行 いただいた「芝神明だより」 東京十社のミニ絵馬は、特長のある神明造りの社殿が描かれています。 御朱印は書き置きのものをいただきました。

Pinterest
検索