Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

On Feb. 24, 2007, when it was about 240,000 km (130,000 miles) out, Rosetta took this incredible full-disk image of Mars with its main OSIRIS camera. It was the first three-color image taken by the camera that closely represents what the eye would see. - Credit: ESA

On Feb. 24, 2007, when it was about 240,000 km (130,000 miles) out, Rosetta took this incredible full-disk image of Mars with its main OSIRIS camera. It was the first three-color image taken by the camera that closely represents what the eye would see. - Credit: ESA

人は火星で68日間の命、米研究

【10月15日 AFP】火星への移住を計画している人に「待った」がかかるような研究報告書がこのたび発表された──米マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology、MIT)の研究者らが発表した報告書によると、現状では火星への移住後68日以内に「移住者らの死」が始まる可能性があるという。

The Mars Express orbiter captured this striking view of rugged Martian landscapes extending from a mist-filled Coprates Chasma in the south, to Juventae Chasma and the outflow channels of Maja Valles in the north. Juventae Chasma, the box canyon near the center of the image, is about 100 km wide.

The Mars Express orbiter captured this striking view of rugged Martian landscapes extending from a mist-filled Coprates Chasma in the south, to Juventae Chasma and the outflow channels of Maja Valles in the north. Juventae Chasma, the box canyon near the center of the image, is about 100 km wide.

The Mars Express took this photo of a crater on Mars filled with water ice.

2015年3月5日に「火星には地表の20%を覆うほど大量の水がかつて存在していた」というNASAの研究論文が発表されていましたが、新たに、「火星の地中に水が液体状態で存在する高い可能性がある」と

Long ago, in the largest canyon system in our solar system, vibrations from "marsquakes" shook soft sediments that had accumulated in Martian lakes. The shaken sediments formed features that now appear as a series of low hills apparent in a geological map based on new NASA images. Enhanced color image of the Candor Colles region of Candor Chasma, Mars. Image is 1 km (0.62 miles) across. (USGS Astrogeology Science Center, Flagstaff, Arizona)

Long ago, in the largest canyon system in our solar system, vibrations from "marsquakes" shook soft sediments that had accumulated in Martian lakes. The shaken sediments formed features that now appear as a series of low hills apparent in a geological map based on new NASA images. Enhanced color image of the Candor Colles region of Candor Chasma, Mars. Image is 1 km (0.62 miles) across. (USGS Astrogeology Science Center, Flagstaff, Arizona)

NASA found evidence that briny water flows on Mars, raising chances that life could exist on the Red Planet.  (Old news but cool view.)

NASA found evidence that briny water flows on Mars, raising chances that life could exist on the Red Planet. (Old news but cool view.)

501日間の火星往復計画、乗組員は「夫婦が望ましい」

[ケープカナベラル(米フロリダ州) 27日 ロイター] 世界初の宇宙旅行者デニス・チトー氏が設立した非営利団体が27日、501日間の火星往復ミッションの計画を明らかにした。2018年に打ち上げを予定し、乗組員は男女1人ずつ、できれば夫婦が望ましいとしている。 この有人火星往復プロジェクトは、総コストが10億ドル(約924億円)超になると見込まれるが、寄付金やスポンサーからの支援など民間資金でまかなう予定。チトー氏は、生命維持システムなど基幹技術の開発を始めるための準備費用を2年分用意するとしている。同氏は2001年、2000万ドルを払って国際宇宙ステーション(ISS)を訪問し、史上初の民間人宇宙旅行者となっていた。 スペースシャトルが退役して以降、米国で稼働している有人宇宙船はないが、現在複数の開発計画が進んでおり、2017年までには再び宇宙飛行が可能になるとみられている。 一方、地...

すべてのファッションは変化する。宇宙服もしかりだ。初期の宇宙服から驚くほど複雑な構造へと進化を遂げ、個別に宇宙遊泳できる小さな宇宙船と言えるまでになった。

マサチューセッツ工科大学の研究者が、スーパーヒーローが着用するような宇宙服の開発を進めている。動きやすいだけでなく、スーツに傷が付いたときなどの安全性も高いという。

Pinterest
検索