Explore these ideas and more!

名古屋市中川区にあるラウムハウスのSE構法を使った狭小住宅モデルハウスとして施工した作品事例です。狭い間口でもリビングに中庭のある明るく開放的な建物です。

名古屋市中川区にあるラウムハウスのSE構法を使った狭小住宅モデルハウスとして施工した作品事例です。狭い間口でもリビングに中庭のある明るく開放的な建物です。

「ひさしやね」が覆う長い縁側。室内と庭の一体感が気持ち良い

「ひさしやね」が覆う長い縁側。室内と庭の一体感が気持ち良い

施主のMさんには、前から何度か当事務所のオープンハウスにお越しいただいており、特に若林M邸を気に入っていただいたとのことで、敷地が決まる前から新居設計のご依頼を受けていました。土地探しの協力もありやっと見つかったこの敷地は、緑豊かな環境の高台にあり、計画的には西側隣地の緑地や北側遠方まで広がる眺望をどのように取り込むかがカギになります。<br /> この住まいの特徴は西下り片流れの大屋根、その下は勾配天井を持つLDで、可動間仕切りを介して2階の子供部屋まで空間が連続します。リビング西側は一層下のレベルにある駐車場上まで張り出すデッキテラス、その上は夏の西日をカットする深い軒としました。<br /> その他の各部屋も基本は北向きの配置構成で、それぞれピクチャーウィンドウが設けられています。特にダイニングの北側には高さを テーブルに合わせた横長の出窓があり、この北東角の椅子(多分奥さまの席)がこの家の特等席になるのではないかと思っています。 専門家:遠藤誠が手掛けた注文住宅事例:元石川町M邸-おおらかな片流れ屋根の下から望む眺めの家-のペー...

施主のMさんには、前から何度か当事務所のオープンハウスにお越しいただいており、特に若林M邸を気に入っていただいたとのことで、敷地が決まる前から新居設計のご依頼を受けていました。土地探しの協力もありやっと見つかったこの敷地は、緑豊かな環境の高台にあり、計画的には西側隣地の緑地や北側遠方まで広がる眺望をどのように取り込むかがカギになります。<br /> この住まいの特徴は西下り片流れの大屋根、その下は勾配天井を持つLDで、可動間仕切りを介して2階の子供部屋まで空間が連続します。リビング西側は一層下のレベルにある駐車場上まで張り出すデッキテラス、その上は夏の西日をカットする深い軒としました。<br /> その他の各部屋も基本は北向きの配置構成で、それぞれピクチャーウィンドウが設けられています。特にダイニングの北側には高さを テーブルに合わせた横長の出窓があり、この北東角の椅子(多分奥さまの席)がこの家の特等席になるのではないかと思っています。 専門家:遠藤誠が手掛けた注文住宅事例:元石川町M邸-おおらかな片流れ屋根の下から望む眺めの家-のペー...

名古屋で光と空間のあふれる狭小住宅を提案するラウムハウス(株)ニシベの家づくりのコンセプトです。SE構法の技術を使って、狭小地でも条件を最大に生かした狭小住宅を提案します。

名古屋で光と空間のあふれる狭小住宅を提案するラウムハウス(株)ニシベの家づくりのコンセプトです。SE構法の技術を使って、狭小地でも条件を最大に生かした狭小住宅を提案します。

Surf House, Tea Houses, Container Houses, Modern Houses, Surfers, House Interiors, Interior Architecture, House Design, House Plans

バルコニーが外部リビ... | 実例紹介 | 戸建住宅 | 積水ハウス

バルコニーが外部リビ... | 実例紹介 | 戸建住宅 | 積水ハウス

敷地の広さを活かした家・間取り(三重県) | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

敷地の広さを活かした家・間取り(三重県) | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

Casa  COURTYARD  LIKE BY  DIAiSM  ACQUIRE UNDERSTANDING ATTAISM    TJANN TjAnn ATELIER DIA TJANNTEK ART SPACE atElIEr dIA

中庭へと開かれた快適住空間ここにしかない、かけがえのない贅沢な時間

投稿者:空間スタジオ 遠藤泰人,内容:インナーバルコニーをお薦めします。 サンルームというと、1階でガラス張りの出っ張った部屋を想像される方が多いと思います。 今回私がお薦めしますのは、2階に設けたサンルームのようなものです。 アレルギー対策で、毎日寝具を干すという事が最初の目的でした。 この部屋は、雨が入ってこないという意味では室内です。 そういう意味では昔からの縁側のようなものです。 しかしながら熱環境的には、屋外として設計してあります。 冬にこのインナーバルコニーが幾ら寒くても、左側の木製建具の内側は暖かい空間です。 断熱の考え方では、インナーバルコニーは外部空間扱いなのです。 当然、夏インナーバルコニーが幾ら暑くても、 ペアガラスを使った左側ガラス戸の内側は、冷房で快適です。 雨が入りにくい窓を使っていますので、常に風を入れておく事も可能です。 洗濯物干し場や、植物の栽培スペース等使用方法は様々です。 普通のバルコニーにサッシを入れるという考え方なのです。 防水の費用が減りますので、費用がそれほどかかるというものではありません。 一度ご検討ください。

投稿者:空間スタジオ 遠藤泰人,内容:インナーバルコニーをお薦めします。 サンルームというと、1階でガラス張りの出っ張った部屋を想像される方が多いと思います。 今回私がお薦めしますのは、2階に設けたサンルームのようなものです。 アレルギー対策で、毎日寝具を干すという事が最初の目的でした。 この部屋は、雨が入ってこないという意味では室内です。 そういう意味では昔からの縁側のようなものです。 しかしながら熱環境的には、屋外として設計してあります。 冬にこのインナーバルコニーが幾ら寒くても、左側の木製建具の内側は暖かい空間です。 断熱の考え方では、インナーバルコニーは外部空間扱いなのです。 当然、夏インナーバルコニーが幾ら暑くても、 ペアガラスを使った左側ガラス戸の内側は、冷房で快適です。 雨が入りにくい窓を使っていますので、常に風を入れておく事も可能です。 洗濯物干し場や、植物の栽培スペース等使用方法は様々です。 普通のバルコニーにサッシを入れるという考え方なのです。 防水の費用が減りますので、費用がそれほどかかるというものではありません。 一度ご検討ください。

Pinterest
Search