Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

オートバイのギア,バイカーの女の子,少女,Ps

乗って、聴いて、眺めて納得。これこそ「大人の贅沢」だ! 国産アドベンチャーモデルとして大人気を博しているアフリカツイン。アールズ・ギア代表の樋渡さんは年間2万㎞以上を走るツーリングライダーでもあるだけに、DCT仕様を購入して完成度の高さに感心したという。 「ノーマルマフラーの性能がすごくいい。でも車重のあるオートバイなので、もっと低回転トルクがあれば楽に気持ちよく乗れると考えて開発の方向性を決めたんです」 何度も試作品をベンチにかけてパワー/トルクの特性を煮詰めたが、最も苦労したのは「音」だという。1気筒あたりの排気量が大きいビッグツインは音量規制とパワー特性のバランス取りが難しく、さらに「ライダーに心地いい音」も追求しなければいけない。これを解決したのがメインサイレンサーの前に設けたサブサイレンサー。メインサイレンサーを小型化できるので車体に沿わせられ、転倒時にダメージを受けにくく...

乗って、聴いて、眺めて納得。これこそ「大人の贅沢」だ! 国産アドベンチャーモデルとして大人気を博しているアフリカツイン。アールズ・ギア代表の樋渡さんは年間2万㎞以上を走るツーリングライダーでもあるだけに、DCT仕様を購入して完成度の高さに感心したという。 「ノーマルマフラーの性能がすごくいい。でも車重のあるオートバイなので、もっと低回転トルクがあれば楽に気持ちよく乗れると考えて開発の方向性を決めたんです」 何度も試作品をベンチにかけてパワー/トルクの特性を煮詰めたが、最も苦労したのは「音」だという。1気筒あたりの排気量が大きいビッグツインは音量規制とパワー特性のバランス取りが難しく、さらに「ライダーに心地いい音」も追求しなければいけない。これを解決したのがメインサイレンサーの前に設けたサブサイレンサー。メインサイレンサーを小型化できるので車体に沿わせられ、転倒時にダメージを受けにくく...

乗って、聴いて、眺めて納得。これこそ「大人の贅沢」だ! 国産アドベンチャーモデルとして大人気を博しているアフリカツイン。アールズ・ギア代表の樋渡さんは年間2万㎞以上を走るツーリングライダーでもあるだけに、DCT仕様を購入して完成度の高さに感心したという。 「ノーマルマフラーの性能がすごくいい。でも車重のあるオートバイなので、もっと低回転トルクがあれば楽に気持ちよく乗れると考えて開発の方向性を決めたんです」 何度も試作品をベンチにかけてパワー/トルクの特性を煮詰めたが、最も苦労したのは「音」だという。1気筒あたりの排気量が大きいビッグツインは音量規制とパワー特性のバランス取りが難しく、さらに「ライダーに心地いい音」も追求しなければいけない。これを解決したのがメインサイレンサーの前に設けたサブサイレンサー。メインサイレンサーを小型化できるので車体に沿わせられ、転倒時にダメージを受けにくく...

乗って、聴いて、眺めて納得。これこそ「大人の贅沢」だ! 国産アドベンチャーモデルとして大人気を博しているアフリカツイン。アールズ・ギア代表の樋渡さんは年間2万㎞以上を走るツーリングライダーでもあるだけに、DCT仕様を購入して完成度の高さに感心したという。 「ノーマルマフラーの性能がすごくいい。でも車重のあるオートバイなので、もっと低回転トルクがあれば楽に気持ちよく乗れると考えて開発の方向性を決めたんです」 何度も試作品をベンチにかけてパワー/トルクの特性を煮詰めたが、最も苦労したのは「音」だという。1気筒あたりの排気量が大きいビッグツインは音量規制とパワー特性のバランス取りが難しく、さらに「ライダーに心地いい音」も追求しなければいけない。これを解決したのがメインサイレンサーの前に設けたサブサイレンサー。メインサイレンサーを小型化できるので車体に沿わせられ、転倒時にダメージを受けにくく...

乗って、聴いて、眺めて納得。これこそ「大人の贅沢」だ! 国産アドベンチャーモデルとして大人気を博しているアフリカツイン。アールズ・ギア代表の樋渡さんは年間2万㎞以上を走るツーリングライダーでもあるだけに、DCT仕様を購入して完成度の高さに感心したという。 「ノーマルマフラーの性能がすごくいい。でも車重のあるオートバイなので、もっと低回転トルクがあれば楽に気持ちよく乗れると考えて開発の方向性を決めたんです」 何度も試作品をベンチにかけてパワー/トルクの特性を煮詰めたが、最も苦労したのは「音」だという。1気筒あたりの排気量が大きいビッグツインは音量規制とパワー特性のバランス取りが難しく、さらに「ライダーに心地いい音」も追求しなければいけない。これを解決したのがメインサイレンサーの前に設けたサブサイレンサー。メインサイレンサーを小型化できるので車体に沿わせられ、転倒時にダメージを受けにくく...

乗って、聴いて、眺めて納得。これこそ「大人の贅沢」だ! 国産アドベンチャーモデルとして大人気を博しているアフリカツイン。アールズ・ギア代表の樋渡さんは年間2万㎞以上を走るツーリングライダーでもあるだけに、DCT仕様を購入して完成度の高さに感心したという。 「ノーマルマフラーの性能がすごくいい。でも車重のあるオートバイなので、もっと低回転トルクがあれば楽に気持ちよく乗れると考えて開発の方向性を決めたんです」 何度も試作品をベンチにかけてパワー/トルクの特性を煮詰めたが、最も苦労したのは「音」だという。1気筒あたりの排気量が大きいビッグツインは音量規制とパワー特性のバランス取りが難しく、さらに「ライダーに心地いい音」も追求しなければいけない。これを解決したのがメインサイレンサーの前に設けたサブサイレンサー。メインサイレンサーを小型化できるので車体に沿わせられ、転倒時にダメージを受けにくく...

乗って、聴いて、眺めて納得。これこそ「大人の贅沢」だ! 国産アドベンチャーモデルとして大人気を博しているアフリカツイン。アールズ・ギア代表の樋渡さんは年間2万㎞以上を走るツーリングライダーでもあるだけに、DCT仕様を購入して完成度の高さに感心したという。 「ノーマルマフラーの性能がすごくいい。でも車重のあるオートバイなので、もっと低回転トルクがあれば楽に気持ちよく乗れると考えて開発の方向性を決めたんです」 何度も試作品をベンチにかけてパワー/トルクの特性を煮詰めたが、最も苦労したのは「音」だという。1気筒あたりの排気量が大きいビッグツインは音量規制とパワー特性のバランス取りが難しく、さらに「ライダーに心地いい音」も追求しなければいけない。これを解決したのがメインサイレンサーの前に設けたサブサイレンサー。メインサイレンサーを小型化できるので車体に沿わせられ、転倒時にダメージを受けにくく...

乗って、聴いて、眺めて納得。これこそ「大人の贅沢」だ! 国産アドベンチャーモデルとして大人気を博しているアフリカツイン。アールズ・ギア代表の樋渡さんは年間2万㎞以上を走るツーリングライダーでもあるだけに、DCT仕様を購入して完成度の高さに感心したという。 「ノーマルマフラーの性能がすごくいい。でも車重のあるオートバイなので、もっと低回転トルクがあれば楽に気持ちよく乗れると考えて開発の方向性を決めたんです」 何度も試作品をベンチにかけてパワー/トルクの特性を煮詰めたが、最も苦労したのは「音」だという。1気筒あたりの排気量が大きいビッグツインは音量規制とパワー特性のバランス取りが難しく、さらに「ライダーに心地いい音」も追求しなければいけない。これを解決したのがメインサイレンサーの前に設けたサブサイレンサー。メインサイレンサーを小型化できるので車体に沿わせられ、転倒時にダメージを受けにくく...

乗って、聴いて、眺めて納得。これこそ「大人の贅沢」だ! 国産アドベンチャーモデルとして大人気を博しているアフリカツイン。アールズ・ギア代表の樋渡さんは年間2万㎞以上を走るツーリングライダーでもあるだけに、DCT仕様を購入して完成度の高さに感心したという。 「ノーマルマフラーの性能がすごくいい。でも車重のあるオートバイなので、もっと低回転トルクがあれば楽に気持ちよく乗れると考えて開発の方向性を決めたんです」 何度も試作品をベンチにかけてパワー/トルクの特性を煮詰めたが、最も苦労したのは「音」だという。1気筒あたりの排気量が大きいビッグツインは音量規制とパワー特性のバランス取りが難しく、さらに「ライダーに心地いい音」も追求しなければいけない。これを解決したのがメインサイレンサーの前に設けたサブサイレンサー。メインサイレンサーを小型化できるので車体に沿わせられ、転倒時にダメージを受けにくく...

乗って、聴いて、眺めて納得。これこそ「大人の贅沢」だ! 国産アドベンチャーモデルとして大人気を博しているアフリカツイン。アールズ・ギア代表の樋渡さんは年間2万㎞以上を走るツーリングライダーでもあるだけに、DCT仕様を購入して完成度の高さに感心したという。 「ノーマルマフラーの性能がすごくいい。でも車重のあるオートバイなので、もっと低回転トルクがあれば楽に気持ちよく乗れると考えて開発の方向性を決めたんです」 何度も試作品をベンチにかけてパワー/トルクの特性を煮詰めたが、最も苦労したのは「音」だという。1気筒あたりの排気量が大きいビッグツインは音量規制とパワー特性のバランス取りが難しく、さらに「ライダーに心地いい音」も追求しなければいけない。これを解決したのがメインサイレンサーの前に設けたサブサイレンサー。メインサイレンサーを小型化できるので車体に沿わせられ、転倒時にダメージを受けにくく...

オートバイのハンドルバーボトルホルダー自転車サイクリングスポーツ駆動ギア飲料コーヒーカップホルダー付き22ミリメートル調整可能なマウント

オートバイのハンドルバーボトルホルダー自転車サイクリングスポーツ駆動ギア飲料コーヒーカップホルダー付き22ミリメートル調整可能なマウント

6ボルト12ボルト子供の電気自動車のおもちゃの車とオートバイ専用モータベビーカーアクセサリーRS280 rs380 390 550ギアボックスモーター

6ボルト12ボルト子供の電気自動車のおもちゃの車とオートバイ専用モータベビーカーアクセサリーRS280 rs380 390 550ギアボックスモーター

6 plum 6 v 12 v rs390子供電動おもちゃの車カーアクセサリーユニバーサルオートバイギアモーターギアボックスモーター

6 plum 6 v 12 v rs390子供電動おもちゃの車カーアクセサリーユニバーサルオートバイギアモーターギアボックスモーター

Pinterest
検索