Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

浅鉢 | 黒田雪子 なおす、みなおす。

径230mm×高さ55mm / 割れは数えられるもので19片、欠損部も多数あり / 金仕上げ(一部)

藍九谷徳利の画像:小石原さんの金継ぎ 繕いのうつわ

小石原さんの金継ぎ 繕いのうつわの画像|エキサイトブログ (blog)

切り取った土の造形に緊張感の漂う松田華山の花入れです。  落して割ってしまったそうで、バラバラに壊れて無数の罅が走っていました。  破片を繋ぎ合わ...

切り取った土の造形に緊張感の漂う松田華山の花入れです。 落して割ってしまったそうで、バラバラに壊れて無数の罅が走っていました。 破片を繋ぎ合わ...

Kintsugi - the name given to the C15th Japanse art of mending objects by filling the cracks with gold. It is said a vessel fixed by Kintsugi will be more beautiful, more precious, than before it was broken.  This is grace. To know that we are all broken, fractured and messed up but in that moment we are loved and can be made new. (paraphrased from this article http://sarahbessey.com/strange-word-teaches-us-grace-guest-post-james-prescott/)

恥ずかしながら、私の金継ぎ作品です。外国人にも金継ぎの魅力をわかってもらいたいので、英語で金継ぎブログやってます。よろしければお越しくだされ!

【David Pike氏の手による“金継ぎ”の一例 “An example of kintsugi repair by David Pike. (Photo courtesy of David Pike)”】

難しくないよ。陶器もガラスも金継ぎして長く使いましょ♪

“金継ぎ”は、割れたり欠けたりした器を漆で接着し、継いだ部分を《金》で装飾しながら修復する伝統的な修理法。現在はワークショップも各地で開催される他、手軽に楽しめる「金継ぎキット」も販売され、多くの人が手軽に“金継ぎ”を楽しんでいます。記事を参考にして、お気に入りの器を再生してみましょう。

にゅう(ひび)の金継ぎ例

陶磁器をはじめモノは、いつの日か割れたり欠けたりしがちです。 しかし、それでも愛着を持ち、元の形や風情を残したいと考案されたのが「金継ぎ」です。 金継ぎの発祥は茶の湯が盛んになった室町時代(1 ...

オーストラリアにある青の塩田が絵画みたいと話題 - エキサイトニュース

オーストラリアにある青の塩田が絵画みたいと話題

シャーベットみたい!エメラルドブルーの美しすぎる塩田。 オーストラリアは西岸のシャーク湾に囲まれた地域 "ユーズレスループ(Useless Loop)"。 この美しい海に囲まれた土地の利を生かした天日塩田が、エメラルドブルーのとても美しい絶景を生み出しています。 プロの風景写真家の Simon

Pinterest
検索