Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

ポーランド北東部のポドラシェ地方の民族衣装を身につけた女性。 ポーランドは東西ヨーロッパの中継地点であり、古くから多民族が入り混じった国家であるため、地域ごとに多彩な民族衣装がある。 pic.twitter.com/zuP5jmLYyq

The latest Tweets from 民族衣装bot (@Minzokubot). 民族服飾や服装史についての雑学や画像を雑につぶやく半手動bot。不定期更新。中の人(@shikibu56)は粗忽なので誤字脱字等ございます。画像はパブリックドメイン、クリエイティブコモンズライセンス。

16世紀ルネサンス貴族男性。doublet(ダブレット)=首から腰までを覆う、長袖、前閉じのシャツでキルティングを施しているものが主流。本来鎧の下に着るので、体にピッタリ合わせて作る。14世紀以降は貴族から庶民まで幅広く着られるようになった。後期には、キルティングなしのダブレットや逆に貫禄をつけるためか布袋腹になるよう詰め物をしたダブレットもあった。 Renaissance Doublet

16世紀ルネサンス貴族男性。doublet(ダブレット)=首から腰までを覆う、長袖、前閉じのシャツでキルティングを施しているものが主流。本来鎧の下に着るので、体にピッタリ合わせて作る。14世紀以降は貴族から庶民まで幅広く着られるようになった。後期には、キルティングなしのダブレットや逆に貫禄をつけるためか布袋腹になるよう詰め物をしたダブレットもあった。 Renaissance Doublet

1425930630119

引用:https://boards.4chan.org/int/thread/38613017/uniform-threadスレッド「制服総合:ナチス親衛隊よりカッコいい制服は存在するのか?」より。

Pinterest
検索