Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

U436P4T426D240925F16470DT20130830102407.jpg (916×519)

U436P4T426D240925F16470DT20130830102407.jpg (916×519)

93605571d4e3a0ed2aa9194aa13dec04.jpg (400×171)

93605571d4e3a0ed2aa9194aa13dec04.jpg (400×171)

現行の7枚ブレードのスクリューも世界最高水準ではあるが、プロペラ周りの渦キャビテーションがどうしても発生してしまう。

現行の7枚ブレードのスクリューも世界最高水準ではあるが、プロペラ周りの渦キャビテーションがどうしても発生してしまう。

戦闘機のウェポン内装化を実現するため、ウェポンベイの開放により発生する複雑な衝撃波を伴う流れ場、その複雑な流れ場の中でのウェポンの分離状況の解明を図る風洞試験技術及び数値流体解析技術について、そう簡単ではないこと説明官の方から伺いました。

戦闘機のウェポン内装化を実現するため、ウェポンベイの開放により発生する複雑な衝撃波を伴う流れ場、その複雑な流れ場の中でのウェポンの分離状況の解明を図る風洞試験技術及び数値流体解析技術について、そう簡単ではないこと説明官の方から伺いました。

もし採用されれば、29SSは無音潜水艦になる。    現行の7枚ブレードのスクリューも世界最高水準ではあるが、プロペラ周りの渦キャビテーションがどうしても発生してしまう。  リム駆動推進となれば、ステルス性能が大幅に向上する。

もし採用されれば、29SSは無音潜水艦になる。 現行の7枚ブレードのスクリューも世界最高水準ではあるが、プロペラ周りの渦キャビテーションがどうしても発生してしまう。 リム駆動推進となれば、ステルス性能が大幅に向上する。

◆耐圧用超高張力鋼材と潜水能力    29SSはそうりゅうを上回る潜水能力を持つと思われます。日本の潜水艦が世界最高の能力を持つ理由は日本の耐圧用超高張力鋼材と溶接技術にある。

◆耐圧用超高張力鋼材と潜水能力 29SSはそうりゅうを上回る潜水能力を持つと思われます。日本の潜水艦が世界最高の能力を持つ理由は日本の耐圧用超高張力鋼材と溶接技術にある。

D-SEND(低ソニックブーム設計概念実証)プロジェクト | D-SENDプロジェクト/静粛超音速機技術 | JAXA航空技術部門

D-SEND(低ソニックブーム設計概念実証)プロジェクト | D-SENDプロジェクト/静粛超音速機技術 | JAXA航空技術部門

29SSが新型とされる理由にはもう一つ可能性として、現行の七枚ブレードのスクリューからリム駆動推進となる可能性もある。

29SSが新型とされる理由にはもう一つ可能性として、現行の七枚ブレードのスクリューからリム駆動推進となる可能性もある。

イメージ 28

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 29

Pinterest
検索