Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

日本に実在します。室内でも自然光に包まれる「半透明の家」 7

住宅が密集してない国だからこその発想かも。遮断機能に優れすぎた「壁」。自分と外界との間でバリアになってくれるのは便利ですが、自然光もブロックしてしまうのが悩ましいですよね。だから外壁をまるっと半透明にしちゃいました。Suppose Design Officeが手がけたこちらの一般住宅は、日本の広島県...

尾道の家

SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd.の投稿記事:「海を眺める別荘で過ごす贅沢な週末」です。広島県の尾道水道沿い、125坪の敷地に建つ、ウィークエンドハウス。 穏やかな瀬戸内海の景色を望み、夏には水上花火を間近に眺めることができる、絶好のロケーション。 普段は尾道市内に住んでいる建て主だが、友人たちと海を見ながら休日を過ごしたいと、この土地に別荘を構えた。 船の航行が多い尾道水道。 美しい海の眺望を獲得しつつも、どのように外からの視線を遮るかが課題となった。 そこで、海に対して平行ではなく、軸を約60度ずらして建物を配置。 海を行き交う船からの視線が直接入ることなく、水道のカーブに合わせて視界が導かれ、どこまでも海が続くかのような奥行ある眺望を得ることができた。 建物は4つの細長い箱を連立させた構成となっている。 それぞれの箱にLDK、エントランスホール、ゲストルーム、バスルームと異なる性質を持たせ、それぞれの海側にはテラスを配した。 幅や奥行は箱の用途に応じて決定。 屋根の勾配も箱ごとに変化をつけ、場所によって違った眺めを楽しむことができる。…

四季を感じまくり! 木漏れ日の中のオフィス | roomie(ルーミー)

四季を感じまくり! 木漏れ日の中のオフィス

なんとうらやましいオフィスなんでしょう! まるで隠れシェルターのように、地中に半分ほど埋まった建物。こちらは、スペインのマドリードにある建築事務所「Selgascano」のオフィスです。 「木の下で働きたい」というシンプルなアイデアから「天井をできるだけ透明にしよう」と思いつき、このようなオフィスになったそうです。 天井を透明にするときに問題なのが、太陽光が直接入らないようにすること。パソコンやデスクの上に太陽光や影が落ちてしまうと作業しづらいですからね。そのため建物の北側半分にだけ湾曲した20mmのアクリルガラスを設置、屋根のある南側に作業スペースをまとめたとのこと。 少々木漏れ日が入るのはご愛嬌。かなりすてきなオフィスです。 床の高さも地面より低くすることにより、自然の一部になったかのような気分。デスクからの眺めも良さそうです。 オフィスで朝から晩まで働いていると、空調が効いているせいか、あまり四季を感じないですよね。でも、このオフィスなら存分に四季を楽しみながら働けそうです。 SELGASCANO OFFICE

尾道の家

広島・東京 建築設計事務所 SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd −Works− 尾道の家

尾道の家

広島・東京 建築設計事務所 SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd −Works− 尾道の家

「家と家の間」の画像検索結果

この写真「リビングよりエントランスの眺め」はfeve casa の参加建築家「堤 庸策/arbol」が設計した「西三国の家」写真です。「モダン,ナチュラル,明るい空間,落ち着いた空間,開放感」に関連する写真です。「リビング 」カテゴリーに投稿されています。

Pinterest
検索