Explore Proposal, Life Hacks, and more!

Explore related topics

21世紀のイノベーションキャリアの地図 もっと見る

21世紀のイノベーションキャリアの地図 もっと見る

ますます必要になる「考える」ことのリテラシー教育 「読み・書き・そろばん」―――世を生きていくための基盤能力として昔の人はこの3つをあげました。こうした万人が修養すべき基盤能力を英語では「リテラシー(literacy)」といいます。昨今、その...

ますます必要になる「考える」ことのリテラシー教育 「読み・書き・そろばん」―――世を生きていくための基盤能力として昔の人はこの3つをあげました。こうした万人が修養すべき基盤能力を英語では「リテラシー(literacy)」といいます。昨今、その...

「働き方改革ブーム」に物申す? "高い広告費出してまで伝えたいメッセージ"とは

「働き方改革ブーム」に物申す? "高い広告費出してまで伝えたいメッセージ"とは

創造的プレゼンの秘訣を言語化した「プレゼンテーション・パターン」 - GIGAZINE

創造的プレゼンの秘訣を言語化した「プレゼンテーション・パターン」 - GIGAZINE

ラーニングピラミッド

ラーニングピラミッド

コミュニケーション戦略は7つの戦略論の積み重ねでできていると書いてきましたが、今回はその真ん中、4層目のダイレクトの戦略論を書きます。

コミュニケーション戦略は7つの戦略論の積み重ねでできていると書いてきましたが、今回はその真ん中、4層目のダイレクトの戦略論を書きます。

図3 伝わらない時代の「伝わる」プランニング

図3 伝わらない時代の「伝わる」プランニング

社内1000人を育てた「Web担当者の味方を増やす! ベネッセのWeb人財育成ノウハウ」より サイトの価値を高めるためになすべきこと   どのようなサイトであっても、Web担当者の業務の本質は「サイトの価値を高めること」にあるだろう。サイトの価値を高めるために松本氏は、次の3つの観点から総合的に施策を考えるようにしているという。  ユーザー満足 ユーザーサポート マーケティング  このA、B、Cの内容や組み合わせはサイトによって異なるが、どれか1つに偏らないようにすることを心がけているという。

社内1000人を育てた「Web担当者の味方を増やす! ベネッセのWeb人財育成ノウハウ」より サイトの価値を高めるためになすべきこと どのようなサイトであっても、Web担当者の業務の本質は「サイトの価値を高めること」にあるだろう。サイトの価値を高めるために松本氏は、次の3つの観点から総合的に施策を考えるようにしているという。 ユーザー満足 ユーザーサポート マーケティング このA、B、Cの内容や組み合わせはサイトによって異なるが、どれか1つに偏らないようにすることを心がけているという。

イアン結び

これはマスターしたい…ほどけない靴ひもの結び方「イアン結び」&「イアン・セキュア結び

teaching kids a way that works for them is best! I will be adding this to my list!

ソーシャルメディア販促、向く業種・向かない業種 ニーズとメディアの特性を活かした使い方の基本 (1/2):MarkeZine(マーケジン)

ソーシャルメディア販促、向く業種・向かない業種 ニーズとメディアの特性を活かした使い方の基本 (1/2):MarkeZine(マーケジン)

関連画像

関連画像

図4:プレゼンの大原則「パッション、ピラミッド、階段」 © Hideshi Hamaguchi “ 階段状にコミュニケートするというのは、「合意できる内容、議論すべき内容を交互に繰り返し徐々にコミュニケーションを進める 」という プロセスを指します。重要なのは、まずは「誰もが合意できる、イエスと言える」フラットな面から会話をスタートすることです。最初に疑問を抱かせてしまうのがよくある失敗パターンです。ただ、ずっと合意できる内容を話していても新しいコンセプトを伝えることはできないので階段をのぼっていきます。一段のぼるたびに、「伝えたいポイント、想定される疑問への回答、次の階段を一緒にのぼるべき理由」を繰り返し提示しながら、段階的な合意というフラットな面に相手を引き上げていくことがポイントです。 ”

図4:プレゼンの大原則「パッション、ピラミッド、階段」 © Hideshi Hamaguchi “ 階段状にコミュニケートするというのは、「合意できる内容、議論すべき内容を交互に繰り返し徐々にコミュニケーションを進める 」という プロセスを指します。重要なのは、まずは「誰もが合意できる、イエスと言える」フラットな面から会話をスタートすることです。最初に疑問を抱かせてしまうのがよくある失敗パターンです。ただ、ずっと合意できる内容を話していても新しいコンセプトを伝えることはできないので階段をのぼっていきます。一段のぼるたびに、「伝えたいポイント、想定される疑問への回答、次の階段を一緒にのぼるべき理由」を繰り返し提示しながら、段階的な合意というフラットな面に相手を引き上げていくことがポイントです。 ”

企業価値を高め、社内で広報活動の存在感を高めるには効果測定は欠かせない。「広報効果の可視化は、次世代の広報の役割を考えることにもつながる」とトライバルメディアハウスの池田紀行氏は提言している。

企業価値を高め、社内で広報活動の存在感を高めるには効果測定は欠かせない。「広報効果の可視化は、次世代の広報の役割を考えることにもつながる」とトライバルメディアハウスの池田紀行氏は提言している。

スクリーンショット 2015-12-13 22.34.54

スクリーンショット 2015-12-13 22.34.54

Pinterest
Search