Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

復刻浮世絵 歌川国芳「そさのおのみこと」(金魚づくし))(現代摺り)

日本のお土産・贈り物に高品質の復刻浮世絵【額付】歌川国芳「そさのおのみこと」(金魚づくし)|浮世絵のアダチ版画

本ページでそさのおのみことがお求めいただけます。金魚づくしシリーズは、金魚をはじめとする水中の生き物たちを擬人化し、面白おかしく描かれた浮世絵で、国芳が得意としたいわゆる戯画です。本図は、日本神話に登場する素戔嗚尊(すさのおのみこと)を描いた作品で、八岐大蛇(やまたのおろち)を退治する場面を描いたようです。戦う素戔嗚尊の足下にいるのは奇稲田姫(くしなだひめ)です。金魚そしてウナギを用いて大変上手く巧みに見立ててある作品です。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

Jakuchu Ito  伊藤 若冲

伊藤 若冲(Ito Jakuchu) 諸魚図(しょぎょず) : Museum of the Imperial Collections もっと見る

Utagawa Kuniyoshi (Japanese Ukiyo-e Printmaker, ca.1797-1861) / Cherries (Sake no zashiki), from the series Goldfish (Kingyo Tsukushi)

本ページで酒のざしきがお求めいただけます。金魚づくしシリーズは、金魚をはじめとする水中の生き物たちを擬人化し、面白おかしく描かれた浮世絵で、国芳が得意としたいわゆる戯画です。本図は、酒宴での席を描いたもので、一匹の金魚が三味線を弾き、それに合わせ踊る二匹の金魚。ひれを巧みに使った仕草になんとも笑みがこぼれます。そしてあきれたカエルの様子も皮肉たっぷりです。いつの時代もお酒の席は陽気で楽しいもののようです。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

山東京山作 歌川国芳画 朧月猫の草紙 1841年頃

“眠れない人の為に、リラックスできる脱力アイテムを置いておきますね。 #浮世絵 #歌川国芳 #猫 #眠れない”

Utagawa Kuniyoshi ~ Kingyozukushi Series「金魚づくし ぼんぼん」”Kingyozukushi bonbon”

本ページでぼんぼんがお求めいただけます。金魚づくしシリーズは、金魚をはじめとする水中の生き物たちを擬人化し、面白おかしく描かれた浮世絵で、国芳が得意としたいわゆる戯画です。お盆の頃になると、江戸の街角では、少女たちが手をつなぎ、横並びになって歌い歩く姿が見られました。ぼんぼん(盆々)あるいは「盆唄」と呼ばれた童謡は、夏の風物詩でした。国芳の描いた子供の金魚たちもおおきな口を開けて仲良く手をつないで合唱しています。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

Day of the Dead Artist David Lozeau, Underwater Strat, Oceanic Art, David Lozeau Dia de los Muertos Art - 1

Underwater Strat by David Lozeau | Day of the Dead

Day of the Dead Artist David Lozeau, Underwater Strat, Oceanic Art, David Lozeau Dia de los Muertos Art - 1

歌川国芳 猫の当て字 ふぐ

歌川国芳 浮世絵版画 猫の当て字 ふぐ

歌川国芳 (うたがわ くによし、寛政9年11月15日(1798年1月1日) - 文久元年3月5日(1861年4月14日))は、江戸時代末期の浮世絵師。役者絵、美人画、風景画など題材の多さと、確認されているだけで5300点以上の作品の多さは他の絵師の群を抜いています。動物画も猫を中心にした『猫の当字』の連作や『其のまま

浮世絵拡大画像 浮世絵・掛軸・書画・骨董・古美術品の販売・鑑定・買取/森宮古美術*古美術もりみや/Ukiyo-e HangingScroll

森宮古美術*古美術もりみやのホームページの浮世絵・拡大画像のページです。

Pinterest
検索