Explore M Photos and more!

Panoramio - Photo of 八方尾根

Panoramio - Photo of 八方尾根

Every time I'm with you, I can't stop staring at you. And every time I'm alone, I can't stop thinking about you. Because the one who I really want to be with is YOU.

Senior pictures with horses ideas. Horse senior picture ideas for girls. Senior picture poses with horses.

photo(C)鳥村鋼一 仲俊治+宇野悠里 / 仲建築設計スタジオが設計した長野県白馬の「白馬の山荘」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地続きの床と大きな透明屋根 長野県白馬村は日本有数の豪雪地帯で、年間の寒暖の差も激しい。冬は日照が少なく、敷地周辺では雪が2mほど積もり、気温は氷点下20 度まで下がる。夏は日照はあるが風がなく、森の中は意外と蒸し暑い。豪雪のため軒の出を大きく出せず、この地域の住宅や別荘は地面から1mほどの高床となっている。結果として、使い方の面において、豊かな自然から切り離された建築になっている。 そこでこの週末住居では、まず屋根を大きくし、 建物を沈めて床を地面と揃えた。屋根の下の半分を広場(=外部)とし、残りの半分にキッチンやストーブを設えた。広場には季節や使い方に応じて蚊帳やビニールカーテンを吊すことができる。広場を開放的にするため、屋根勾配は緩くした。屋根材には軽量で高強度の透明ポリカーボネート折板を用い、格子フレームをハシゴ状の構造体の上に載せることで、 積雪2.5mに耐える軽快で明るい屋根を実現でき...

Image 6 of 22 from gallery of Villa in Hakuba / Naka Architects. Photograph by Torimura Koichi

photo(C)鳥村鋼一 仲俊治+宇野悠里 / 仲建築設計スタジオが設計した長野県白馬の「白馬の山荘」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地続きの床と大きな透明屋根 長野県白馬村は日本有数の豪雪地帯で、年間の寒暖の差も激しい。冬は日照が少なく、敷地周辺では雪が2mほど積もり、気温は氷点下20 度まで下がる。夏は日照はあるが風がなく、森の中は意外と蒸し暑い。豪雪のため軒の出を大きく出せず、この地域の住宅や別荘は地面から1mほどの高床となっている。結果として、使い方の面において、豊かな自然から切り離された建築になっている。 そこでこの週末住居では、まず屋根を大きくし、 建物を沈めて床を地面と揃えた。屋根の下の半分を広場(=外部)とし、残りの半分にキッチンやストーブを設えた。広場には季節や使い方に応じて蚊帳やビニールカーテンを吊すことができる。広場を開放的にするため、屋根勾配は緩くした。屋根材には軽量で高強度の透明ポリカーボネート折板を用い、格子フレームをハシゴ状の構造体の上に載せることで、 積雪2.5mに耐える軽快で明るい屋根を実現でき...

photo(C)鳥村鋼一 仲俊治+宇野悠里 / 仲建築設計スタジオが設計した長野県白馬の「白馬の山荘」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地続きの床と大きな透明屋根 長野県白馬村は日本有数の豪雪地帯で、年間の寒暖の差も激しい。冬は日照が少なく、敷地周辺では雪が2mほど積もり、気温は氷点下20 度まで下がる。夏は日照はあるが風がなく、森の中は意外と蒸し暑い。豪雪のため軒の出を大きく出せず、この地域の住宅や別荘は地面から1mほどの高床となっている。結果として、使い方の面において、豊かな自然から切り離された建築になっている。 そこでこの週末住居では、まず屋根を大きくし、 建物を沈めて床を地面と揃えた。屋根の下の半分を広場(=外部)とし、残りの半分にキッチンやストーブを設えた。広場には季節や使い方に応じて蚊帳やビニールカーテンを吊すことができる。広場を開放的にするため、屋根勾配は緩くした。屋根材には軽量で高強度の透明ポリカーボネート折板を用い、格子フレームをハシゴ状の構造体の上に載せることで、 積雪2.5mに耐える軽快で明るい屋根を実現でき...

Panoramio - Photo of Hakuba Goryu Alpine Garden, Hakuba Village, Nagano 白馬五竜高山植物園, 長野・白馬村

Panoramio - Photo of Hakuba Goryu Alpine Garden, Hakuba Village, Nagano 白馬五竜高山植物園, 長野・白馬村

The quiet strength and beauty of God's creatures!!!!  Vinograd by mari-mi, via Flickr

white stallion by ~mari-mi Photography / Animals, Plants & Nature / Domesticated Animals ~mari-mi white arabian

photo(C)鳥村鋼一 仲俊治+宇野悠里 / 仲建築設計スタジオが設計した長野県白馬の「白馬の山荘」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地続きの床と大きな透明屋根 長野県白馬村は日本有数の豪雪地帯で、年間の寒暖の差も激しい。冬は日照が少なく、敷地周辺では雪が2mほど積もり、気温は氷点下20 度まで下がる。夏は日照はあるが風がなく、森の中は意外と蒸し暑い。豪雪のため軒の出を大きく出せず、この地域の住宅や別荘は地面から1mほどの高床となっている。結果として、使い方の面において、豊かな自然から切り離された建築になっている。 そこでこの週末住居では、まず屋根を大きくし、 建物を沈めて床を地面と揃えた。屋根の下の半分を広場(=外部)とし、残りの半分にキッチンやストーブを設えた。広場には季節や使い方に応じて蚊帳やビニールカーテンを吊すことができる。広場を開放的にするため、屋根勾配は緩くした。屋根材には軽量で高強度の透明ポリカーボネート折板を用い、格子フレームをハシゴ状の構造体の上に載せることで、 積雪2.5mに耐える軽快で明るい屋根を実現でき...

photo(C)鳥村鋼一 仲俊治+宇野悠里 / 仲建築設計スタジオが設計した長野県白馬の「白馬の山荘」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地続きの床と大きな透明屋根 長野県白馬村は日本有数の豪雪地帯で、年間の寒暖の差も激しい。冬は日照が少なく、敷地周辺では雪が2mほど積もり、気温は氷点下20 度まで下がる。夏は日照はあるが風がなく、森の中は意外と蒸し暑い。豪雪のため軒の出を大きく出せず、この地域の住宅や別荘は地面から1mほどの高床となっている。結果として、使い方の面において、豊かな自然から切り離された建築になっている。 そこでこの週末住居では、まず屋根を大きくし、 建物を沈めて床を地面と揃えた。屋根の下の半分を広場(=外部)とし、残りの半分にキッチンやストーブを設えた。広場には季節や使い方に応じて蚊帳やビニールカーテンを吊すことができる。広場を開放的にするため、屋根勾配は緩くした。屋根材には軽量で高強度の透明ポリカーボネート折板を用い、格子フレームをハシゴ状の構造体の上に載せることで、 積雪2.5mに耐える軽快で明るい屋根を実現でき...

photo(C)鳥村鋼一 仲俊治+宇野悠里 / 仲建築設計スタジオが設計した長野県白馬の「白馬の山荘」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地続きの床と大きな透明屋根 長野県白馬村は日本有数の豪雪地帯で、年間の寒暖の差も激しい。冬は日照が少なく、敷地周辺では雪が2mほど積もり、気温は氷点下20 度まで下がる。夏は日照はあるが風がなく、森の中は意外と蒸し暑い。豪雪のため軒の出を大きく出せず、この地域の住宅や別荘は地面から1mほどの高床となっている。結果として、使い方の面において、豊かな自然から切り離された建築になっている。 そこでこの週末住居では、まず屋根を大きくし、 建物を沈めて床を地面と揃えた。屋根の下の半分を広場(=外部)とし、残りの半分にキッチンやストーブを設えた。広場には季節や使い方に応じて蚊帳やビニールカーテンを吊すことができる。広場を開放的にするため、屋根勾配は緩くした。屋根材には軽量で高強度の透明ポリカーボネート折板を用い、格子フレームをハシゴ状の構造体の上に載せることで、 積雪2.5mに耐える軽快で明るい屋根を実現でき...

photo(C)鳥村鋼一 仲俊治+宇野悠里 / 仲建築設計スタジオが設計した長野県白馬の「白馬の山荘」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** 地続きの床と大きな透明屋根 長野県白馬村は日本有数の豪雪地帯で、年間の寒暖の差も激しい。冬は日照が少なく、敷地周辺では雪が2mほど積もり、気温は氷点下20 度まで下がる。夏は日照はあるが風がなく、森の中は意外と蒸し暑い。豪雪のため軒の出を大きく出せず、この地域の住宅や別荘は地面から1mほどの高床となっている。結果として、使い方の面において、豊かな自然から切り離された建築になっている。 そこでこの週末住居では、まず屋根を大きくし、 建物を沈めて床を地面と揃えた。屋根の下の半分を広場(=外部)とし、残りの半分にキッチンやストーブを設えた。広場には季節や使い方に応じて蚊帳やビニールカーテンを吊すことができる。広場を開放的にするため、屋根勾配は緩くした。屋根材には軽量で高強度の透明ポリカーボネート折板を用い、格子フレームをハシゴ状の構造体の上に載せることで、 積雪2.5mに耐える軽快で明るい屋根を実現でき...

Pinterest
Search