Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

<3

デュ・バリー夫人, 太陽が沈む, Madame Du Barry

ジャンヌはアンヌ・ベキュの私生児としてフランス、シャンパーニュ地方の貧しい家庭に生まれた。  美しいジャンヌは、やがてデュ・バリー子爵に囲われると、貴婦人のような生活と引き換えに、子爵が連れてきた男性とベッドを共にした。家柄のよい貴族や学者、アカデミー・フランセーズ会員などがジャンヌの相手となり、その時に社交界でも通用するような話術や立ち振る舞いを会得したと推測される。  1769年にルイ15世に紹介された。5年前にポンパドゥール夫人を亡くしていたルイ15世は、ジャンヌの虜になって彼女を公妾にすることに決める。  デュ・バリー夫人は朗らかで愛嬌があるフランス宮廷では、親しみやすい性格で、宮廷の貴族たちからは好かれていたという。  1789年にフランス革命が勃発し、愛人だったパリ軍の司令官ド・ブリサック元帥が虐殺された後、1791年の1月にイギリスに逃れ、亡命貴族たちの援助をおこなった。1793年3月に帰国したところを革命派に捕らえられ、12月7日にギロチン台に送られた。

ジャンヌはアンヌ・ベキュの私生児としてフランス、シャンパーニュ地方の貧しい家庭に生まれた。 美しいジャンヌは、やがてデュ・バリー子爵に囲われると、貴婦人のような生活と引き換えに、子爵が連れてきた男性とベッドを共にした。家柄のよい貴族や学者、アカデミー・フランセーズ会員などがジャンヌの相手となり、その時に社交界でも通用するような話術や立ち振る舞いを会得したと推測される。 1769年にルイ15世に紹介された。5年前にポンパドゥール夫人を亡くしていたルイ15世は、ジャンヌの虜になって彼女を公妾にすることに決める。 デュ・バリー夫人は朗らかで愛嬌があるフランス宮廷では、親しみやすい性格で、宮廷の貴族たちからは好かれていたという。 1789年にフランス革命が勃発し、愛人だったパリ軍の司令官ド・ブリサック元帥が虐殺された後、1791年の1月にイギリスに逃れ、亡命貴族たちの援助をおこなった。1793年3月に帰国したところを革命派に捕らえられ、12月7日にギロチン台に送られた。

カラー原稿途中。デュ・バリー夫人 Madame du Barry

カラー原稿途中。デュ・バリー夫人 Madame du Barry

エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン「ポリニャック公爵夫人の肖像」(1782)

ポリニャック伯爵夫人 (1749年9月8日 - 1793年12月9日)は、フランス王ルイ16世の王妃マリー・アントワネットの取り巻きの一人である。寵臣としてさまざまな恩恵を王家から引き出したことで悪名高い。 フランス革命が起きると、ポリニャック公爵夫人は国王夫妻を真っ先に見捨てオーストリアに亡命し、ウィーンで急死した。

"Is it fair to compare the kings' "favorites" to the Belle-époque's cocottes?" GoodReads question...

Official website

Portrait of Elizabeth of Bavaria, Empress of Austria  Franz Xavier Winterhalter

Tumblrの画像を超大量に一覧表示するWebサービスです。ログインすればDashboardやLikesも見られます。ユーザページでは古い順、ランダム、タグ別表示などに対応。それらをまとめたリストを簡単に作成し公開できます。あなたのモザイクを共有しよう!

Marie Thérèse Louise de Savoie-Carignan, Princesse de Lamballe

Marie Thérèse Louise de Savoie-Carignan, Princesse de Lamballe

1785 painting of Marie Antoinette, Madame Royale and Louis Joseph, the first Dauphin. Madame Campan called it the most accurate likeness of the queen in her memoirs. Interestingly, the French people disliked it and preferred the familiar works of Madame Vigée LeBrun.

1785 painting of Marie Antoinette, Madame Royale and Louis Joseph, the first Dauphin. Madame Campan called it the most accurate likeness of the queen in her memoirs. Interestingly, the French people disliked it and preferred the familiar works of Madame Vigée LeBrun.

Pinterest
検索