Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

読んだのはずっと前やけど、入れとこうと思いました。後半はすんごいすああーって読んじゃって、その分あまり中身が頭に残らなかった…みたいな記憶があるような気がします…。

読んだのはずっと前やけど、入れとこうと思いました。後半はすんごいすああーって読んじゃって、その分あまり中身が頭に残らなかった…みたいな記憶があるような気がします…。

「その白さえ嘘だとしても」河野裕 表紙イラスト/越島はぐ 表紙デザイン/川谷康久 新潮社http://t.co/jsbhUkSlUt

「その白さえ嘘だとしても」河野裕 表紙イラスト/越島はぐ 表紙デザイン/川谷康久 新潮社http://t.co/jsbhUkSlUt

織田直幸『メディア・ディアスポラ』株式会社カンゼン(2012.08) 最初の方あんまりおもしろくなかったけど、途中からは一気に読みました。最後のどんでん返し的なやつとか、最後の場面のロケーション?とか、映画っぽかった。一本の映画みたいな小説。

織田直幸『メディア・ディアスポラ』株式会社カンゼン(2012.08) 最初の方あんまりおもしろくなかったけど、途中からは一気に読みました。最後のどんでん返し的なやつとか、最後の場面のロケーション?とか、映画っぽかった。一本の映画みたいな小説。

恐妻家のシステムエンジニア・渡辺拓海が請け負った仕事は、ある出会い系サイトの仕様変更だった。けれどもそのプログラムには不明な点が多く、発注元すら分からない。そんな中、プロジェクトメンバーの上司や同僚のもとを次々に不幸が襲う。彼らは皆、ある複数のキーワードを同時に検索していたのだった。++read+more+at+Kobo.

恐妻家のシステムエンジニア・渡辺拓海が請け負った仕事は、ある出会い系サイトの仕様変更だった。けれどもそのプログラムには不明な点が多く、発注元すら分からない。そんな中、プロジェクトメンバーの上司や同僚のもとを次々に不幸が襲う。彼らは皆、ある複数のキーワードを同時に検索していたのだった。++read+more+at+Kobo.

前田司郎 『夏の水の半魚人』 新潮社(2013.5) アートデアートで個展してはった池田実穂さんが表紙絵を描いてはって、杉田さんが私にってプレゼントしてくれはった本。 すああーーって読みました。結構好き。でも好きじゃない人も結構いそう。特に男の人とか。 これは小学生(高学年)のお話やったけど、これの高校生くらいバージョンみたいな小説があったら読みたいな。

前田司郎 『夏の水の半魚人』 新潮社(2013.5) アートデアートで個展してはった池田実穂さんが表紙絵を描いてはって、杉田さんが私にってプレゼントしてくれはった本。 すああーーって読みました。結構好き。でも好きじゃない人も結構いそう。特に男の人とか。 これは小学生(高学年)のお話やったけど、これの高校生くらいバージョンみたいな小説があったら読みたいな。

乾緑郎『完全なる首長竜の日』宝島社(2012.1) 怖かった…。寝る前に読み終わって、昼夜逆転で寝られへん間すんごい色々怖かった。笑 ちょっと悲しいお話だと思いました。 結局映画まだ観てないけど、設定変えてお話どうやったんやろうって楽しみでする。本先に読んで良かったな多分。

乾緑郎『完全なる首長竜の日』宝島社(2012.1) 怖かった…。寝る前に読み終わって、昼夜逆転で寝られへん間すんごい色々怖かった。笑 ちょっと悲しいお話だと思いました。 結局映画まだ観てないけど、設定変えてお話どうやったんやろうって楽しみでする。本先に読んで良かったな多分。

父親の左遷で東北の片田舎に引っ越した高橋一家。家に居場所のない夫、不平ばかりもらす妻、いじめにあっていた娘、気弱な息子、認知症の気配がある祖母……お互いを思う気持ちはあっても、すれ違いばかりでバラバラだった家族が、引っ越し先の古民家に棲みついていた「座敷わらし」との出会いをきっかけに、その絆を取り戻してゆく、心温まる希望と再生の物語。待望の文庫化!  read more at Kobo.

父親の左遷で東北の片田舎に引っ越した高橋一家。家に居場所のない夫、不平ばかりもらす妻、いじめにあっていた娘、気弱な息子、認知症の気配がある祖母……お互いを思う気持ちはあっても、すれ違いばかりでバラバラだった家族が、引っ越し先の古民家に棲みついていた「座敷わらし」との出会いをきっかけに、その絆を取り戻してゆく、心温まる希望と再生の物語。待望の文庫化! read more at Kobo.

ソウルケイジ

ソウルケイジ 誉田哲也

ソウルケイジ

IKIRUKONTO

IKIRUKONTO

これも短編集ー!これは1998年出版の古い本でした。 こんだけ読んで、湯川学の魅力とかもわかるようになってきた。  この本に関しては、第四章 爆ぜる(はぜる)のトリックが、「2Na+2H2O→2NaOH+H2」っていう自分にもわかる!!!!!感でもう興奮してテンション上がったっていうのが嬉しい思い出でした。笑 第五章 離脱る(ぬける)も結構好きやったな。これも、最後の場面に湯川学の人間性が表れるというか。できた人だと思います。

これも短編集ー!これは1998年出版の古い本でした。 こんだけ読んで、湯川学の魅力とかもわかるようになってきた。 この本に関しては、第四章 爆ぜる(はぜる)のトリックが、「2Na+2H2O→2NaOH+H2」っていう自分にもわかる!!!!!感でもう興奮してテンション上がったっていうのが嬉しい思い出でした。笑 第五章 離脱る(ぬける)も結構好きやったな。これも、最後の場面に湯川学の人間性が表れるというか。できた人だと思います。

Pinterest
検索