Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

資材は郵送→自分で組み立て。150万円の手作りハウスが北欧で流行る一つの理由。

たった2日でできる家 スウェーデンの建築家・デザイナーの Jonas Wagell氏は、たったの2日で建てることができるモダンプレハブミニハウスを創り、実際に住んでいます。 北欧では5年ほど前からモジュール式プレハブ住宅が人気だそうです。 資材は郵送で届き、自分で組み立てる。 いわば"IKEA式"とでも言ったほうが伝わりやすいでしょうか。 3Dプリンターの普及で郵送すらも今後なくなっていくのでしょうか。 Mini Houseと名付けられたこの家もモジュール式の小さな別荘です。 自然の中で自由に過ごしていい制度「自然亭受権」 北欧でこのタイプの住宅が流行った理由のひとつは自然享受権。 これは自然の中で自由に過ごして構わないという権利。 空き地でテントをはったり、森でキノコを採ったりなんてことで咎められることはなく、一時的な建築物を設置することも自由(ただし15㎡以内)。 日本ではちょっと考えられないシステムですね。 それをうまく利用したプレハブ住宅は、北欧の市場にうまくはまったのでしょう。 Mini…

【特集コラム】第1回:小さな家でシンプルに無駄なく生きる。|小さな家で豊かに暮らす、タイニーハウスムーブメントを紐解く | 未来住まい方会議 by YADOKARI | ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスから「これからの豊かさ」を考え実践する為のメディア。

【特集コラム】第1回:小さな家でシンプルに無駄なく生きる。|小さな家で豊かに暮らす、タイニーハウスムーブメントを紐解く

這對夫妻放棄跟世界玩金錢的遊戲,決定打造出這間所有人夢寐以求的移動小豪宅。

http://www.collegehumor.com/post/7013571/13-bikes-that-will-have-you-asking-why/page:2

「自転車を自分好みにカスタマイズしてみたい!」と思ったことはありませんか?自転車を愛するからこそ、自分らしいオリジナルの自転車にしてみたいという気持ちになるのは当然のことですよね。しかし世の中には「え!?これはやりすぎでは…!?」と言うくらいものすごい改…

「プレハブの小屋=工事現場で見かけるユニットハウス」。そんな私たちの固定観念を覆すような、簡素だけれど美しい2 ...

プレハブの固定概念が変わる、美しい22㎡の小屋「My First Home」

「プレハブの小屋=工事現場で見かけるユニットハウス」。そんな私たちの固定観念を覆すような、簡素だけれど美しい22㎡の小屋が南アフリカの西ケープ州にあります。この空間の持つシンプルさとリラックス感は、小さな暮らしを求める人々の心を捉えて離さな

Rudolph Cottage-tub01

完成まで7年!アニメで見た理想の小さなコテージを夫婦でDIY!「Rudolph Cottage」

三角のうろこ屋根、木製の椅子が並べられた広いデッキのあるポーチ、下見板張りのペパーミントグリーンの外壁と、白く塗られたドアや窓枠のコンビネーション。オハイオ州に住むRonさんとSueさん夫婦のご自宅は、まさに「可愛らしい洋風のおうち」と聞い

The glass house1 Great. I just wanna spend my whole day here...

ガラスで囲まれた空間、森との一体感が体験できる家「The glass house」

アメリカ、ウィスコンシン州の森の中に建っている「The glass house」はガラスでできているログキャビンだ。一目見て、建物のシンプルさが見て取れる。木とガラスで囲まれた空間はガラスの温室のようだ。 作りはちょっと変わっていて、バスル

Pinterest
検索