Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

3 D 列印再創新,穿上身的動感時尚

自分でデザインした服を、自分の家で印刷できるようになったら...。そんなちょっと楽しい空想が現実のものになることを予感させてくれるコレクションがある。製作したのはイスラエルの若きデザイナー、ダニット・ペレグだ。

坂井直樹の”デザインの深読み”

「質量のある物はダサい」と常々猪子寿之は語る。デジタル派の頭領だから多少プロパガンダもあるのだろうが、実社会から質量を持つ物の情報化が進展しているのは確かだ。95年くらいにeキャッシュなどの電子マネーが出てきた。 経済学者・岩井克人が『貨幣論』で書いたように、貨幣というのはモノ自身に価値があるのではなく、貨幣として使われているから価値があるのだということが、まわりの思惑を裏切って電子化で反ってどんどん純粋化してきたと言う。 コンビニのレジに並んでいると、「チャリーン」というエコーのかかった音が今日も聞こえる。一般化した電子マネーである。パネルにカード をかざすだけで、釣り銭のわずらわしさを気にすることもなく、一瞬で清算が済む。 イラスト:川口澄子 お金そのものを見ずに清算を済ます、ということ自体はなにも新しいことではない。クレジットカードもそうだし、小切手もそうだ。お金を払う代わりに、数字を見てサインをする。その発展版が電子マネーだが、こんなハイテクな「お金」の音が、「チャリーン」というアナログなコインの音を摸するというところに、興味が沸く。…

Ilabo_Ross-Lovegrove_United-Nude-shoes-740x529

3Dプリンタが様々なプロダクトのシーンにおいて、デザインの概念を一新し続けている。 デザインブランドのUnited Nudeは、なんと女性用ヒールで3Dプリンタを活用し、今までにない革新的なヒールを生み出すことに成功した。 このプロジェクトに参加しているのは建築家ベン・ファン・ベルケル、フェルナンド・ロメロとザ

2015 Area Stylist of the year 関東エリア賞                                                                                                                                                     もっと見る

2015 Area Stylist of the year 関東エリア賞 もっと見る もっと見る

コンピューターで描いたような直線や曲線のプリント、服の一部を拡張させたようなデザインで“近未来を連想させる服”を発表した、イスラエル出身のデザイナー、ノア・ラビブ(Noa Raviv)にインタビュー。

「失敗」からしか生まれないユニークさとそのオリジナリティー、そしてそこに生まれる偶然の美を表現したデザイナーNoa Raviv氏

「服は買わずにダウンロードして3Dプリンターで印刷」という時代が現実のものに - GIGAZINE

シャネルが3Dプリンターで出力した素材で服を制作したり、応用運動学に基づいて3Dプリンターで出力した服など、3Dプリンターを使った服作りが行われていますが、3Dプリント技術が進歩するにつれて「服を

Danit Peleg(ダニット・ペレグ)はイスラエルのデザイナー。ファッションの専門学校の卒業制作で、家庭用の3Dプリンターのみで制作されたコレクションを発表し、注目されています。Danit Pelegが注目されている理由は「家庭用の3Dプリンターでリアルクローズを制作できた」という点。

新しいファッションの誕生!3Dプリンターで作られた洋服をまとめてみました - NAVER まとめ

Pinterest
検索