Explore Design Color and more!

Explore related topics

甕覗(かめのぞき)とは、藍染の淡い青色を指す色名でやわらかい緑みの青のことです。別名は『覗色』。藍染は布や糸を何度も藍甕に浸けては取り出し、浸けては取り出すことを繰り返して濃く染めていくのですが、...|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

甕覗(かめのぞき)とは、藍染の淡い青色を指す色名でやわらかい緑みの青のことです。別名は『覗色』。藍染は布や糸を何度も藍甕に浸けては取り出し、浸けては取り出すことを繰り返して濃く染めていくのですが、...|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

薄柿(うすがき)とは、柿渋で染めた洒落柿より少し薄い柿色のことです。薄柿は、薄い柿色の総称を指す場合もあります。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

薄柿(うすがき)とは、柿渋で染めた洒落柿より少し薄い柿色のことです。薄柿は、薄い柿色の総称を指す場合もあります。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

鴨頭草(つきくさ)とは、友禅染の下絵に用いられていた青花紙の濃い青色のことです。鴨頭草とは露草(つゆくさ)の古名であり、この草の花弁の色素を得ることからこの名がつきました。|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

鴨頭草(つきくさ)とは、友禅染の下絵に用いられていた青花紙の濃い青色のことです。鴨頭草とは露草(つゆくさ)の古名であり、この草の花弁の色素を得ることからこの名がつきました。|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

織部(おりべ)とは、焼き物の織部焼の色のような深みのある美しい暗緑色のことです。色名はその名のとおり織部焼から。織部焼は“千利休”の高弟“古田織部”が、故郷の美濃国の窯元で萌え出でる若葉や自然を象徴する『緑青色』を...|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

織部(おりべ)とは、焼き物の織部焼の色のような深みのある美しい暗緑色のことです。色名はその名のとおり織部焼から。織部焼は“千利休”の高弟“古田織部”が、故郷の美濃国の窯元で萌え出でる若葉や自然を象徴する『緑青色』を...|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

鴨の羽色(かものはいろ)とは、真鴨の頭の羽色に由来する少し暗い青緑色のことです。別に『鴨羽色』『真鴨色』とも。色名の出典は古く『万葉集』にその名がみられます。真鴨はカモ目カモ科に分類される鳥類の一種で、アヒル...|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

鴨の羽色(かものはいろ)とは、真鴨の頭の羽色に由来する少し暗い青緑色のことです。別に『鴨羽色』『真鴨色』とも。色名の出典は古く『万葉集』にその名がみられます。真鴨はカモ目カモ科に分類される鳥類の一種で、アヒル...|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

空五倍子色(うつぶしいろ)とは、五倍子で染めた灰色がかった淡い茶色のことです。五倍子は白膠木の木にできる虫の瘤 のこと。中が空洞なことから空五倍子と呼ばれ、これを粉にして染めたことからこの色名になりました。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

空五倍子色(うつぶしいろ)とは、五倍子で染めた灰色がかった淡い茶色のことです。五倍子は白膠木の木にできる虫の瘤 のこと。中が空洞なことから空五倍子と呼ばれ、これを粉にして染めたことからこの色名になりました。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

梅染(うめぞめ)とは、紅梅の樹皮や根を煎じた汁で染めたものやその色のことです。赤みのある茶色のものを赤梅染、黒ずんだ茶色のものを黒梅染といいます。|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

梅染(うめぞめ)とは、紅梅の樹皮や根を煎じた汁で染めたものやその色のことです。赤みのある茶色のものを赤梅染、黒ずんだ茶色のものを黒梅染といいます。|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

飴色(あめいろ)とは、水飴に由来する、深みのある強い橙色のことです。現在の水飴は無職透明なものが一般的ですが、古くからの水飴は麦を原料とした麦芽水飴で、透明感のある『琥珀色』をしていま... #飴色|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

飴色(あめいろ)とは、水飴に由来する、深みのある強い橙色のことです。現在の水飴は無職透明なものが一般的ですが、古くからの水飴は麦を原料とした麦芽水飴で、透明感のある『琥珀色』をしていま... #飴色|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

葵色(あおいいろ)とは、葵の花のような灰色がかった明るい紫色のことです。平安の頃からの古い色名。葵の花は白や紅、紫、黄、斑など様々な色を咲かせますが、当時の人気の色であった紫が...|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

葵色(あおいいろ)とは、葵の花のような灰色がかった明るい紫色のことです。平安の頃からの古い色名。葵の花は白や紅、紫、黄、斑など様々な色を咲かせますが、当時の人気の色であった紫が...|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

木賊色(とくさいろ)とは、木賊の茎のような青みがかった濃い緑色のことです。別名を『陰萌黄』とも。鎌倉以前からある伝統色名で、『宇治拾遺物語』『義経記』などにもその名が登場します。落ち着いた渋い緑が中世の武家や年配者の衣装...|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

木賊色(とくさいろ)とは、木賊の茎のような青みがかった濃い緑色のことです。別名を『陰萌黄』とも。鎌倉以前からある伝統色名で、『宇治拾遺物語』『義経記』などにもその名が登場します。落ち着いた渋い緑が中世の武家や年配者の衣装...|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

紅柄色(べんがらいろ)とは、濃い赤味の褐色のことで紅殻、弁柄とも書きます。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

紅柄色(べんがらいろ)とは、濃い赤味の褐色のことで紅殻、弁柄とも書きます。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

銀色(ぎんいろ)とは、白金とも呼ばれる、美しい金属光沢のある灰色のことです。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

銀色(ぎんいろ)とは、白金とも呼ばれる、美しい金属光沢のある灰色のことです。|日本の色(伝統色・和色)422色の由来。

錆鉄御納戸(さびてつおなんど)とは、緑味の暗く鈍い青色のことです。錆鉄は錆びた鉄のことでなく、「侘び寂び」に通じ、暗くくすんだという意味がこめられました。|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

錆鉄御納戸(さびてつおなんど)とは、緑味の暗く鈍い青色のことです。錆鉄は錆びた鉄のことでなく、「侘び寂び」に通じ、暗くくすんだという意味がこめられました。|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

黄浅緑(きあさみどり)とは、鮮やかな黄緑色のことです。「きのあさみどり」とも読まる『浅緑』の派生色。延喜式に『青浅緑』も同量の染材で染めるとの記述があることから黄浅緑と同じ色とする説もありますが、同じ染材を用いても...|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

黄浅緑(きあさみどり)とは、鮮やかな黄緑色のことです。「きのあさみどり」とも読まる『浅緑』の派生色。延喜式に『青浅緑』も同量の染材で染めるとの記述があることから黄浅緑と同じ色とする説もありますが、同じ染材を用いても...|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

孔雀緑(くじゃくみどり)とは、孔雀の美しい青緑の羽のような鮮やかな青緑色のことです。孔雀の羽に見られる青みがかった鮮やかな緑に由来しています。『くじゃくりょく』とも読まれ、さらに『孔雀色』...|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

孔雀緑(くじゃくみどり)とは、孔雀の美しい青緑の羽のような鮮やかな青緑色のことです。孔雀の羽に見られる青みがかった鮮やかな緑に由来しています。『くじゃくりょく』とも読まれ、さらに『孔雀色』...|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

松葉色(まつばいろ)とは、松の葉のような深みのある渋い青緑色のことです。別名を『松の葉色』とも呼ばれ、『枕草子』にもその名が見られる古い色名です。染色は藍と刈安で染められますが、藍を濃くすれば...#松葉色|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

松葉色(まつばいろ)とは、松の葉のような深みのある渋い青緑色のことです。別名を『松の葉色』とも呼ばれ、『枕草子』にもその名が見られる古い色名です。染色は藍と刈安で染められますが、藍を濃くすれば...#松葉色|日本の色(伝統色・和色)423色の由来。

Pinterest
Search