Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

Japanese Princess Kako younger daughter of the Emperor's second son Prince Akishino arrives at...

Japanese Princess Kako younger daughter of the Emperor's second son Prince Akishino arrives at...

秋篠宮ご夫妻の次女佳子さまは15日午前、東京都八王子市の武蔵陵墓地を訪れて昭和天皇の武蔵野陵と香淳皇后の武蔵野東陵を参拝し、成年皇族となったことを報告された。佳子さまは雨の中、参拝服に黒いコート姿で、玉串をささげて拝礼した。これに先立ち、大

秋篠宮佳子さま 写真特集

秋篠宮佳子さま 写真特集:時事ドットコム

ベルギーのフィリップ国王夫妻を歓迎する宮中晩さん会に臨まれる秋篠宮ご夫妻の次女佳子さま=11日、東京・皇居[代表撮影]

国賓として来日したベルギー国王夫妻を歓迎する天皇皇后両陛下主催の宮中晩さん会が10月11日夜、皇居の宮殿で開かれた。秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さま、次女の佳子さまも出席した。

佳子さま、国際基督教大学に合格 2015年4月入学【画像集】

秋篠宮文仁親王妃紀子(あきしののみやふみひとしんのうひきこ)殿下(L), 秋篠宮佳子内親王(あきしののみやかこないしんのう)殿下(R) 佳子さま画像集佳子さまと紀子さま 学習院女子高等科の卒業式に出席するため、紀子さまとともに登校される秋篠宮家の次女佳子さま=2013年03月22日午前、東京都新宿区[代表撮影]

入学式のため国際基督教大に登校され、報道陣の前で笑顔を見せる秋篠宮家の次女佳子さま=2日午前、東京都三鷹市(AP)

4月2日、入学式があった国際基督教大学(ICU、東京都三鷹市)でのことです。学習院大文学部教育学科を中退してから約7カ月。佳子さまはこの春、ICUの教養学部アーツ・サイエンス学科の1年生として再び学びやの門をくぐりました。  この日の佳子さまは、紺色のスーツに白いブラウスシャツ。2年前、学習院大の入学式に臨んだ際も紺色のスーツ姿でしたが、やはり18歳だった2年前より今回のほうがぐっと落ち着いた雰囲気。1年半の大学生活や成年皇族としての公務、記者会見などを経験した佳子さまの成長ぶりを改めて感じる場面にもなりました。

記者会見される秋篠宮家の次女佳子さま=15日、東京・元赤坂の秋篠宮邸(代表撮影) ▼29Dec2014時事通信|「一つ一つの仕事を大切に」=佳子さま20歳、初の会見 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014122900014 #Princess_Kako_of_Akishino ◆Princess Kako of Akishino - Wikipedia http://en.wikipedia.org/wiki/Princess_Kako_of_Akishino

20歳の誕生日を迎えられた秋篠宮家の次女佳子さま=東京・元赤坂の秋篠宮邸 ▼29Dec2014共同通信|佳子さま20歳、成年皇族に 「仕事一つ一つ大切に」 http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014122801001406.html #Princess_Kako_of_Akishino ◆Princess Kako of Akishino - Wikipedia http://en.wikipedia.org/wiki/Princess_Kako_of_Akishino

佳子さま画像集紀子さま出産・お見舞いに訪れた眞子さまと佳子さま  男のお子さまを出産された紀子さまのお見舞いに訪れた(右から)眞子さま、佳子さま(東京・港区の愛育病院)[代表撮影]=2006年09月06日撮影

三千年近くも脈々と受け継がれる唯一無二万世一系の天皇の血を引く男系男子の御子様を御出産なされた秋篠宮文仁親王妃紀子(あきしののみやふみひとしんのうひきこ)殿下を御見舞いになられた秋篠宮眞子内親王(あきしののみやまこないしんのう)殿下(姉宮:R), 秋篠宮佳子内親王(あきしののみやかこないしんのう)殿下(妹宮:L)。(東京・港区の愛育病院にて)[代表撮影]皇紀2666年(平成18年:AD2006)09月06日撮影

秋篠宮佳子内親王(あきしののみやかこないしんのう)殿下  imperialfamilyofjapan: Princess Kako of Japan, younger daughter of Prince Fumihito and Princess Kiko

Celebration of Princess Kako

2013/6/26 12:48宮内庁は26日、来年成人する秋篠宮ご夫妻の次女佳子さま(18)が正装時に着けるティアラの製作業者を宝飾大手のミキモト(東京都中央区)と決め、公示した。7月17日に正式契約する。 朝日新聞デジタルによると、公募には国内19社が応募。入札資格などを調べて適格とされた5社からティアラのデザイン提出受け、6月11日に審査した。 どのような審査で業者が決まったのだろうか。産経ニュースが次のように報じている。 予算は、首飾りなど4点を含めて約2900万円。大原美術館の高階秀爾(たかしな・しゅうじ)館長ら3人の学識経験者と宮内庁がデザインや実績、技術などを審査した結果、ミキモトの評価が高かった。 (産経ニュース 2013/6/26 12:48) ティアラのほかに、ネックレスやブレスレット、イヤリング、勲章留めもセットで製作され、納品は来年4月を予定している。ミキモト広報宣伝部は朝日新聞の取材に対し、「私どもが提出したデザインやジュエリー製作の実績、アフターケアなどをさまざまな角度で評価いただき、大変光栄に思います」と話している。

武蔵陵墓地を訪れ、武蔵野陵を参拝した秋篠宮家の次女佳子さま=15日午前、東京都八王子市、代表撮影佳子さま、成人の報告で武蔵陵墓地を参拝【画像集】Princesse Kako Akishinomiya Worship

被災地の被害者の方々のお姿など、拙稿の論旨を明確にするためと、現状認識がお出来ではないのか、皇太子ご夫妻の「冷酷」さを知らしめるため、かなりシビアな被災地・被災者画像を含みます。 見たくない方は、ご遠慮ください。 阪神淡路大震災から20年。いまだ復興住宅に人が住み、半数以上の...

第38回少年の主張全国大会に出席した秋篠宮家の次女佳子さま=13日午後、東京都渋谷区、代表撮影

 秋篠宮家の次女佳子さま(21)は13日、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれた「第38回少年の主張全国大会~わたしの主張2016~」に出席した。 佳子さまは薄い紺色のジャケッ…

Pinterest
検索