Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

TAMBOURIN DIARY from Ninomiya: 6月 2015

こんにちは、スタッフの二宮です。 白根ゆたんぽ「BBZ / BIG BLUE ZINE」始まっています。 白根ゆたんぽさんは、広告や書籍、雑誌など幅広いメディアで活躍するイラストレーター。 タンバリンギャラリーでは、2年ぶり2回目の個展となります。 今展は、ゆたんぽさんが、2011年より自主制作で作り続けている「BLUE-ZINE」 シリーズのラストとなるvol.5の刊行と、いままでのBLUE-ZINEを素材に展開する 「大・ブルージン展」となります。 「 一部、性的な表現が盛り込まれた内容になる予定です、各位ご判断の上お越しください。」 とギャラリーサイトに注意書きもあるように、 BLUE-ZINEシリーズでは、女性のエロティックな身体やポーズ、行為がドローイングと 写真のコラージュで構成されています。 BLUE-ZINEのブルーは、ブルーフィルム(昔のわいせつな映画の呼称)から来ており、 またブルージーンズという響きのよさ、言葉遊びでつけたタイトルだそうで、 「いやらしいものをこっそり見る、ちょっとあやしいジンといった感じ。」とゆたんぽさんは言います。 BLUE-ZINEに掲載している絵からセレクトしたものをインクで新たに描き起こしたもの、 BLUE-ZINEの原画や、鉛筆で書いた下書きをコラージュ用の素材とともに、構成したもの、 アクリル板に印刷されたZINEの表紙の奥に、実際のページがコラージュされており、 額の内部に取り付けられたLEDによってあやしく光る照明付き作品(光るZINE!)、 など、BLUE-ZINEというひとつの素材を、さまざまなアプローチで 新たな作品へと展開しています。 その見せ方から作品の作り方まで、バリエーションに富んでいて、 見る人を楽しませてくれます。 「イラストではあまり見ないような表情やポーズをBLUE-ZINEでは描けるんですよね。  クライアントがいないから、イラストと言っていいのかわからないけど(笑)」 描かれる内容は、ときに過激なものもあるにも関わらず、 すっきりとしたラインでかわいく描かれた女の子たちは、一貫して爽やかな印象を受けます。 その表現の心地よさに、もうひとつの快感のようなものを、感じました。 会場には、先月、神田TETOKAにて開催された"Win-Win"展で展示されていた サマタマサトさん(Delaware)とのコラボレーション作品もご覧いただけます。 こちらもあわせてお楽しみください。 グッズも豊富で、今回新たに作られた「bbz LOGO/Pocket Tシャツ」「ブルージンタオル」他、 京都のみで販売されていたカップ&ソーサーセットや、各Tシャツ、缶バッチ、 8種類のZINEもあります。どちらも数に限りがありますので、お早めにお求めください。 また、今回、会期中限定で、ギャラリーへ来られない方へ、 グッズの通販ができるようになりました。 詳細は、ゆたんぽさんのブログをご確認ください。 オープニング・レセプションパーティ〜エクストライベントの ミュージックフェスも多くの方にご来場いただき、多いに盛り上がりました。 写真上は、<ライブ>をケータリングしてくれた「フルーツ」 写真中は、ゆたんぽさんリスペクト曲を披露した「トロた倶楽部」 写真下は、一押しの作品を抱え、あいさつをするゆたんぽさん。 連日、朝からたくさんの方にご来場いただいております。 ゆたんぽさんは、日によって時間帯は様々ですが、毎日在廊の予定です。 ぜひご来場いただいて、目を点にしながら、たくさんの女の子を見つめてみてください。 展示は28日(日)18時までです。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  白根ゆたんぽ「BBZ / BIG BLUE ZINE」 2015/06/23(火)〜06/28(日) 11:00〜19:00(最終日〜18:00)  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・   NEXT EXHIBITION>> SALOTEZUMO / STACK UP 2015/6/30(火)~2015/07/05(日) 11:00~19:00(最終日~18:00)  ※OPENING PARTY 6/30(火)18:00〜20:00 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

白根ゆたんぽ「ただし、その頃お前は」 - GALLERY SPEAK FOR|ギャラリー スピーク フォー

東京・代官山で生まれたGALLERY SPEAK FOR。ネットショップを主体に展開するアート情報サイトです。絵やアートを買う楽しさを発信中。絵画、イラスト、版画、写真、オブジェなどの注目作品を独自の視点から厳選して紹介します。画家、イラストレーター、写真家などのアーティスト情報も充実。

YUROOMlog:So-netブログ

TAMBOURIN DIARY from Ninomiya: 6月 2015

こんにちは、スタッフの二宮です。 白根ゆたんぽ「BBZ / BIG BLUE ZINE」始まっています。 白根ゆたんぽさんは、広告や書籍、雑誌など幅広いメディアで活躍するイラストレーター。 タンバリンギャラリーでは、2年ぶり2回目の個展となります。 今展は、ゆたんぽさんが、2011年より自主制作で作り続けている「BLUE-ZINE」 シリーズのラストとなるvol.5の刊行と、いままでのBLUE-ZINEを素材に展開する 「大・ブルージン展」となります。 「 一部、性的な表現が盛り込まれた内容になる予定です、各位ご判断の上お越しください。」 とギャラリーサイトに注意書きもあるように、 BLUE-ZINEシリーズでは、女性のエロティックな身体やポーズ、行為がドローイングと 写真のコラージュで構成されています。 BLUE-ZINEのブルーは、ブルーフィルム(昔のわいせつな映画の呼称)から来ており、 またブルージーンズという響きのよさ、言葉遊びでつけたタイトルだそうで、 「いやらしいものをこっそり見る、ちょっとあやしいジンといった感じ。」とゆたんぽさんは言います。 BLUE-ZINEに掲載している絵からセレクトしたものをインクで新たに描き起こしたもの、 BLUE-ZINEの原画や、鉛筆で書いた下書きをコラージュ用の素材とともに、構成したもの、 アクリル板に印刷されたZINEの表紙の奥に、実際のページがコラージュされており、 額の内部に取り付けられたLEDによってあやしく光る照明付き作品(光るZINE!)、 など、BLUE-ZINEというひとつの素材を、さまざまなアプローチで 新たな作品へと展開しています。 その見せ方から作品の作り方まで、バリエーションに富んでいて、 見る人を楽しませてくれます。 「イラストではあまり見ないような表情やポーズをBLUE-ZINEでは描けるんですよね。  クライアントがいないから、イラストと言っていいのかわからないけど(笑)」 描かれる内容は、ときに過激なものもあるにも関わらず、 すっきりとしたラインでかわいく描かれた女の子たちは、一貫して爽やかな印象を受けます。 その表現の心地よさに、もうひとつの快感のようなものを、感じました。 会場には、先月、神田TETOKAにて開催された"Win-Win"展で展示されていた サマタマサトさん(Delaware)とのコラボレーション作品もご覧いただけます。 こちらもあわせてお楽しみください。 グッズも豊富で、今回新たに作られた「bbz LOGO/Pocket Tシャツ」「ブルージンタオル」他、 京都のみで販売されていたカップ&ソーサーセットや、各Tシャツ、缶バッチ、 8種類のZINEもあります。どちらも数に限りがありますので、お早めにお求めください。 また、今回、会期中限定で、ギャラリーへ来られない方へ、 グッズの通販ができるようになりました。 詳細は、ゆたんぽさんのブログをご確認ください。 オープニング・レセプションパーティ〜エクストライベントの ミュージックフェスも多くの方にご来場いただき、多いに盛り上がりました。 写真上は、<ライブ>をケータリングしてくれた「フルーツ」 写真中は、ゆたんぽさんリスペクト曲を披露した「トロた倶楽部」 写真下は、一押しの作品を抱え、あいさつをするゆたんぽさん。 連日、朝からたくさんの方にご来場いただいております。 ゆたんぽさんは、日によって時間帯は様々ですが、毎日在廊の予定です。 ぜひご来場いただいて、目を点にしながら、たくさんの女の子を見つめてみてください。 展示は28日(日)18時までです。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  白根ゆたんぽ「BBZ / BIG BLUE ZINE」 2015/06/23(火)〜06/28(日) 11:00〜19:00(最終日〜18:00)  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・   NEXT EXHIBITION>> SALOTEZUMO / STACK UP 2015/6/30(火)~2015/07/05(日) 11:00~19:00(最終日~18:00)  ※OPENING PARTY 6/30(火)18:00〜20:00 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

TAMBOURIN DIARY from Ninomiya: 6月 2015

こんにちは、スタッフの二宮です。 白根ゆたんぽ「BBZ / BIG BLUE ZINE」始まっています。 白根ゆたんぽさんは、広告や書籍、雑誌など幅広いメディアで活躍するイラストレーター。 タンバリンギャラリーでは、2年ぶり2回目の個展となります。 今展は、ゆたんぽさんが、2011年より自主制作で作り続けている「BLUE-ZINE」 シリーズのラストとなるvol.5の刊行と、いままでのBLUE-ZINEを素材に展開する 「大・ブルージン展」となります。 「 一部、性的な表現が盛り込まれた内容になる予定です、各位ご判断の上お越しください。」 とギャラリーサイトに注意書きもあるように、 BLUE-ZINEシリーズでは、女性のエロティックな身体やポーズ、行為がドローイングと 写真のコラージュで構成されています。 BLUE-ZINEのブルーは、ブルーフィルム(昔のわいせつな映画の呼称)から来ており、 またブルージーンズという響きのよさ、言葉遊びでつけたタイトルだそうで、 「いやらしいものをこっそり見る、ちょっとあやしいジンといった感じ。」とゆたんぽさんは言います。 BLUE-ZINEに掲載している絵からセレクトしたものをインクで新たに描き起こしたもの、 BLUE-ZINEの原画や、鉛筆で書いた下書きをコラージュ用の素材とともに、構成したもの、 アクリル板に印刷されたZINEの表紙の奥に、実際のページがコラージュされており、 額の内部に取り付けられたLEDによってあやしく光る照明付き作品(光るZINE!)、 など、BLUE-ZINEというひとつの素材を、さまざまなアプローチで 新たな作品へと展開しています。 その見せ方から作品の作り方まで、バリエーションに富んでいて、 見る人を楽しませてくれます。 「イラストではあまり見ないような表情やポーズをBLUE-ZINEでは描けるんですよね。  クライアントがいないから、イラストと言っていいのかわからないけど(笑)」 描かれる内容は、ときに過激なものもあるにも関わらず、 すっきりとしたラインでかわいく描かれた女の子たちは、一貫して爽やかな印象を受けます。 その表現の心地よさに、もうひとつの快感のようなものを、感じました。 会場には、先月、神田TETOKAにて開催された"Win-Win"展で展示されていた サマタマサトさん(Delaware)とのコラボレーション作品もご覧いただけます。 こちらもあわせてお楽しみください。 グッズも豊富で、今回新たに作られた「bbz LOGO/Pocket Tシャツ」「ブルージンタオル」他、 京都のみで販売されていたカップ&ソーサーセットや、各Tシャツ、缶バッチ、 8種類のZINEもあります。どちらも数に限りがありますので、お早めにお求めください。 また、今回、会期中限定で、ギャラリーへ来られない方へ、 グッズの通販ができるようになりました。 詳細は、ゆたんぽさんのブログをご確認ください。 オープニング・レセプションパーティ〜エクストライベントの ミュージックフェスも多くの方にご来場いただき、多いに盛り上がりました。 写真上は、<ライブ>をケータリングしてくれた「フルーツ」 写真中は、ゆたんぽさんリスペクト曲を披露した「トロた倶楽部」 写真下は、一押しの作品を抱え、あいさつをするゆたんぽさん。 連日、朝からたくさんの方にご来場いただいております。 ゆたんぽさんは、日によって時間帯は様々ですが、毎日在廊の予定です。 ぜひご来場いただいて、目を点にしながら、たくさんの女の子を見つめてみてください。 展示は28日(日)18時までです。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  白根ゆたんぽ「BBZ / BIG BLUE ZINE」 2015/06/23(火)〜06/28(日) 11:00〜19:00(最終日〜18:00)  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・   NEXT EXHIBITION>> SALOTEZUMO / STACK UP 2015/6/30(火)~2015/07/05(日) 11:00~19:00(最終日~18:00)  ※OPENING PARTY 6/30(火)18:00〜20:00 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

白根ゆたんぽ「僕の言ったとおり」 - GALLERY SPEAK FOR|ギャラリー スピーク フォー

東京・代官山で生まれたGALLERY SPEAK FOR。ネットショップを主体に展開するアート情報サイトです。絵やアートを買う楽しさを発信中。絵画、イラスト、版画、写真、オブジェなどの注目作品を独自の視点から厳選して紹介します。画家、イラストレーター、写真家などのアーティスト情報も充実。

TAMBOURIN DIARY from Ninomiya: 6月 2015

こんにちは、スタッフの二宮です。 白根ゆたんぽ「BBZ / BIG BLUE ZINE」始まっています。 白根ゆたんぽさんは、広告や書籍、雑誌など幅広いメディアで活躍するイラストレーター。 タンバリンギャラリーでは、2年ぶり2回目の個展となります。 今展は、ゆたんぽさんが、2011年より自主制作で作り続けている「BLUE-ZINE」 シリーズのラストとなるvol.5の刊行と、いままでのBLUE-ZINEを素材に展開する 「大・ブルージン展」となります。 「 一部、性的な表現が盛り込まれた内容になる予定です、各位ご判断の上お越しください。」 とギャラリーサイトに注意書きもあるように、 BLUE-ZINEシリーズでは、女性のエロティックな身体やポーズ、行為がドローイングと 写真のコラージュで構成されています。 BLUE-ZINEのブルーは、ブルーフィルム(昔のわいせつな映画の呼称)から来ており、 またブルージーンズという響きのよさ、言葉遊びでつけたタイトルだそうで、 「いやらしいものをこっそり見る、ちょっとあやしいジンといった感じ。」とゆたんぽさんは言います。 BLUE-ZINEに掲載している絵からセレクトしたものをインクで新たに描き起こしたもの、 BLUE-ZINEの原画や、鉛筆で書いた下書きをコラージュ用の素材とともに、構成したもの、 アクリル板に印刷されたZINEの表紙の奥に、実際のページがコラージュされており、 額の内部に取り付けられたLEDによってあやしく光る照明付き作品(光るZINE!)、 など、BLUE-ZINEというひとつの素材を、さまざまなアプローチで 新たな作品へと展開しています。 その見せ方から作品の作り方まで、バリエーションに富んでいて、 見る人を楽しませてくれます。 「イラストではあまり見ないような表情やポーズをBLUE-ZINEでは描けるんですよね。  クライアントがいないから、イラストと言っていいのかわからないけど(笑)」 描かれる内容は、ときに過激なものもあるにも関わらず、 すっきりとしたラインでかわいく描かれた女の子たちは、一貫して爽やかな印象を受けます。 その表現の心地よさに、もうひとつの快感のようなものを、感じました。 会場には、先月、神田TETOKAにて開催された"Win-Win"展で展示されていた サマタマサトさん(Delaware)とのコラボレーション作品もご覧いただけます。 こちらもあわせてお楽しみください。 グッズも豊富で、今回新たに作られた「bbz LOGO/Pocket Tシャツ」「ブルージンタオル」他、 京都のみで販売されていたカップ&ソーサーセットや、各Tシャツ、缶バッチ、 8種類のZINEもあります。どちらも数に限りがありますので、お早めにお求めください。 また、今回、会期中限定で、ギャラリーへ来られない方へ、 グッズの通販ができるようになりました。 詳細は、ゆたんぽさんのブログをご確認ください。 オープニング・レセプションパーティ〜エクストライベントの ミュージックフェスも多くの方にご来場いただき、多いに盛り上がりました。 写真上は、<ライブ>をケータリングしてくれた「フルーツ」 写真中は、ゆたんぽさんリスペクト曲を披露した「トロた倶楽部」 写真下は、一押しの作品を抱え、あいさつをするゆたんぽさん。 連日、朝からたくさんの方にご来場いただいております。 ゆたんぽさんは、日によって時間帯は様々ですが、毎日在廊の予定です。 ぜひご来場いただいて、目を点にしながら、たくさんの女の子を見つめてみてください。 展示は28日(日)18時までです。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  白根ゆたんぽ「BBZ / BIG BLUE ZINE」 2015/06/23(火)〜06/28(日) 11:00〜19:00(最終日〜18:00)  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・   NEXT EXHIBITION>> SALOTEZUMO / STACK UP 2015/6/30(火)~2015/07/05(日) 11:00~19:00(最終日~18:00)  ※OPENING PARTY 6/30(火)18:00〜20:00 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

Pinterest
検索