Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

歌川国芳展  ~奇想の浮世絵師による江戸案内~: 美術館探訪 ARTNEWS アートニューズ

歌川国芳展  ~奇想の浮世絵師による江戸案内~: 美術館探訪 ARTNEWS アートニューズ

E8AE83E5B290E999A2E79CB7E5B19EE38292E38197E381A6E782BAE69C9DE38292E38199E3818FE381B5E59BB3EFBC88E5B7A6EFBC89.jpg 1,683×2,479 ピクセル

Cool Ukiyo-e (Japanese Classic woodblock prints) by Kuniyoshi Utagawa (1797 - 1862)

昨日描いたかのように斬新な浮世絵 - 歌川国芳

徳川幕府最後の将軍といえば、徳川慶喜。 りりしいです。 在位わずか一年で幕府が崩壊。 死罪必至でしたが、勝海舟らの交渉でなんとか免れました。 さて、その後、慶喜は明治〜大正時代にどんな人生を送っていたのか? […]

歌川国芳:魚の心

水棲動物の浮世絵画像を貼ってみる : はれぞう

風に吹かれてすっ飛んで ノノ(ノ`Д´)ノ ネタ帳の画像|エキサイトブログ (blog)

2010-08-22 続・動物の浮世絵画像を貼ってみる 4:1◆0k7mZOBQUU :2010/08/17(火) 11:07:21.55 ID:...

復刻浮世絵 歌川国芳「そさのおのみこと」(金魚づくし))(現代摺り)

本ページでそさのおのみことがお求めいただけます。金魚づくしシリーズは、金魚をはじめとする水中の生き物たちを擬人化し、面白おかしく描かれた浮世絵で、国芳が得意としたいわゆる戯画です。本図は、日本神話に登場する素戔嗚尊(すさのおのみこと)を描いた作品で、八岐大蛇(やまたのおろち)を退治する場面を描いたようです。戦う素戔嗚尊の足下にいるのは奇稲田姫(くしなだひめ)です。金魚そしてウナギを用いて大変上手く巧みに見立ててある作品です。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

Cats for the 53 Stations of the Tokaido (3) - Kuniyoshi 其のまま地口・猫飼好五十三疋・下

猫はインターネット上で人気者だ。だが、インターネットの人気猫が現れるよりはるか前から、猫は日本のアートの浮世絵の世界に存在していた。17世紀以降、日本の浮世絵の絵師たちは驚くほどたくさんの猫たちを描いてきたのだ。

昨日描いたかのように斬新な浮世絵 - 歌川国芳

昨日描いたかのように斬新な浮世絵 - 歌川国芳

2010-01-16 昨日書いたかのように斬新な浮世絵 – 歌川国芳 http://www.digitaldj.jp/2010/01/16_2300...

Cats take lessons (Neko no keiko) / Utagawa Kuniyoshi (Japanese Ukiyo-e Printmaker, ca.1797-1861)

猫のけいこ(1841年) 歌川国芳 江戸時代後期に男性たちの間で流行したお稽古事「浄瑠璃」を猫で描いた団扇絵。なんと、女のネコ師匠とネコ弟子2匹の着物の柄が猫の大好物となっている。国芳、芸が細か過ぎ。ちなみに説明すると、ネコ師匠の着物の柄は、鈴に小判、猫の足跡、目刺し。手前のネコ弟子はフカヒレ、奥のネコ弟子はタコの柄。

歌川 国芳 : 【浮世絵】江戸時代のネコ好きが描いた絵がかわいすぎて・・・【河鍋暁斎・歌川国芳ほか】 - NAVER まとめ

gooブログは無料で簡単に作成できる、3GB大容量のblogサービスです。モブログ(携帯ブログ)対応で、携帯からの投稿、閲覧が可能。ブログデザインテンプレートやかわいい絵文字もたくさん。人気ブログランキングや、著名人・芸能人の公式ブログも充実しています。

Pinterest
検索