Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

生駒の家 House in Ikoma: arbolが手掛けたtranslation missing: jp.style.リビング.modernリビングです。

リビングの写真: 生駒の家 house in ikoma

生駒の家 house in ikoma 土間の吹き抜けを起点に部屋が、 家族がつながる。 施主のご要望は土間があること、家族が一体感を得られるよう、家全体がワンルームのような開放感が欲しいということだった。そこで玄関、土間、階段部分を吹き抜け構造とし、天井高さ6700mmを確保。さらに階段上に土間と同じ幅のガラス窓を施工。大開口で光りを取り込むとともに、コンパクトながらこの吹き抜け空間を起点に、風、光、空気が建物全体に巡っていくように配慮した。この吹き抜けの発想から、梁は一部現しとし、木の構造材の力強さを感じ経年変化も楽しめるようにした。生駒山の造成地ということもあり、防寒対策は必須で、土間、階段部分にはポリカーボネイトの建具を施工しリビングルームの温もりを確保している。リビングと土間部分に床暖房を設置した。キッチンは施主のご要望の業務用。外観は整形な四角形で、シンプルな形状で南北に流れる切妻屋根とした。 丘の上に家がちょこんと座り、景色を眺め、内部の家族を柔らかく包み込む家となった。 ▼詳しいご紹介はコチラ▼ Double height ceiling space at earth floor connects the entire rooms and the family The request of the clients was earth floor, and a spacious open place like studio, as they’d like to feel sense of unity as a family. To meet these needs, entrance, earth floor, and stairs have double height structure, and the ceiling height is set in 6700mm. Furthermore, a glass window is placed above the stair space, and its width is same as earth floor one, so that the sunlight comes in well through that wide open window.  The aim of this design is for wind, natural sunlight, and air to run through the whole area freely and effectively, in this compact house. Because of this design, some parts of the beams appear, so as to enjoy the strength of wood structure, and its grain change as time goes by. As this house is located at a developed land of Ikoma mountain, equipment for cold weather is essential. To have a warm living room, polycarbonate material is used at earth floor and stair space. Floor heating is set at the both earth floor and living floor. As for kitchen equipment, a specific business use model was selected by the client. The exterior shape is square, and simple. Gable roof is placed through north to south. The house is on the hill, looking down over the scenery, wrapping the inside family gently and softly. 〈概要〉 敷地面積|132.26㎡ 延床面積|85.03㎡ 1階床面積:47.41㎡ 2階床面積:37.62㎡ 家族構成|夫婦+子供1人 所在地|奈良県生駒市 用途地域|第一種低層住居地域・ 22条区域 構造|木造 仕上 外部|外壁:ガルバリウム鋼板 内部|床:無垢フローリング材ナラ貼            壁:漆喰(フェザーフィール)塗装仕上            天井:漆喰(フェザーフィール)塗装仕上 工事期間|2014年6月〜2015年1月 基本設計・実施設計・現場監理|arbol 照明計画|DAIKO 施工|建築工房アクトホームズ 外構|GREEN SPACE 撮影|下村康典 プロデュース|ザウス株式会社 site area | 132.26㎡ totalfloor|85.03㎡ first floor | 47.31㎡  second floor | 37.62㎡ house member | couple + child address | ikoma-city,Nara JAPAN structure|wood material|outerwall:Galvalume               innerfloor:oak wood wall:EP     top:EP period| June 2014 - January 2015 builder | kenchikukoubou Act homes garden | Green Space photo | Yasunori Shimomura Produce | Zaus INC

Gallery of Waratah Bay House / Hayne Wadley Architecture - 10

Gallery of Waratah Bay House / Hayne Wadley Architecture - 10

建築の写真,建築インテリア,キッチンのアイデア,コンテナ,インテリア,Interior

f:id:glasstruct:20160202143004p:plain

細長い家が好き。縦に長いのも、奥に長いのも好きです。今回は奥に長い家。 1 エビ。確かに甲殻類のような鎧を背負っています。実は言うほど細長くないんだけど、奥に視界が抜ける構成のせいでかなり奥行きを感じます。 2 日本が誇るミニマリスト建築家、小川晋一先生の作品です。こんなところで暮らしたら、気持ちもクリーンになれそう。…

Pinterest
検索