Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

みかんぐみによる棟。むきだしの階段も壁面もコンクリート打放し。細い金属パイプが軽快な動きで視線を垂直方向に誘導する。

東京組のデザイン住宅・注文住宅の建築事例をご紹介します。デザイン、機能性、コストのバランスを大切にするコダワリのデザイナーズハウスをご覧ください。

季節を感じるウッドデッキのバルコニー                                                                                                                                                                                 もっと見る

コートヤード[注文住宅建築家の中庭・コートヤードのある家]

滋賀・大津の工務店、注文住宅を建てるならiKKA(イッカ)のDAIKOHOME(ダイコーホーム)へ

滋賀・大津の工務店、注文住宅のダイコーホーム「iKKA」のウェブサイト、施工実績のページです。

寄付の障子を開けて中庭を見る。地上からの光がほの暗い地下に届き神秘的。

大工棟梁の家 「茶室」という 聖域のある住まい

設計から施工まで一貫して請け負う「鯰組」代表・岸本氏の自邸。地下に茶室、リビングに暖炉、屋上テラスと見所満載で、家造りの可能性を追求。

白を基調とした吹き抜けのある家・間取り(東京都世田谷区) | 注文住宅なら建築設計事務所 フリーダムアーキテクツデザイン

ミドルクラス この住宅が立地するのは、世田谷の閑静な住宅地。「airtie」とは、お施主様のご要望にあった「家族の気配を感じる家」から、air(空気)とtie(つなぐ・絆)を併せたオリジナル造語です。家族の気配を感じる仕掛けとして、開放的なつながりを建築的につくりました。玄関ホール吹抜~中庭~リビング吹抜とダイナミックに空間と家族をつながるようにデザインをしています。また、吹抜空間に家族の居場所を緩やかにつなぐ、小さな秘密基地「こさがり」があります。 設計監理:フリーダムアーキテクツデザイン 施工場所:東京都世田谷区

キッチン

株式会社 前田工務店の投稿記事:「細長い台形地を楽しむ家」です。予算内でみつけた敷地が細長い変形地。建築可能な幅は最小1.5m、最大4mの台形の敷地だった。 17年前に購入した分譲マンションからの住み替えで、木造2階建て一軒家を手に入れた。 奥行きを活かし、吹き抜けやロフトで意図的に明るい場所と暗い場所をつくり、生活動線にあった落ち着いた住まいが出来上がった。 朝になるとロフト階で家族3人が目覚め、下へと下りて、大きな窓を設け、充分な自然光を取り入れたキッチン・ダイニング・洗面などのある2階へ。 家の中心となるキッチンは、SPF材と鉄を組み合わせ、素材感にこだわっている。 休日は家族皆で料理をつくるという建主のライフスタイルにあわせ、キッチンスペースをたっぷり確保し、大きな窓をとり、家中で1番明るい場所となっている。

杉本博司 石 - Google 検索

杉本博司 石 - Google 検索

Pinterest
検索