Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

Melodia africana I - Ludovico Einaudi

Melodia africana I - Ludovico Einaudi

Alcanza (2017) by Fabian Almazan on Apple Music ★★★★★ Cuban Jazz Pianist  NYで活動する偉才ピアニストの最新作。前作「Rhizome (2014)」の延長にありながら、音楽求道者としての探究心や冒険心に満ち溢れた素晴らしい仕上がり。「流麗なクラシックより難解なクラシック好き、スイングジャズよりクセのあるコンテンポラリージャズが好き」。そんなごく一部の限られたリスナー向け作品ではあるけれど、こういう実験性に富んだ芸術度の高い音楽が次の時代を切り開いていくはず(そう思える人が世の中にどれくらいいるかはわからないけど)。女性ボーカルには、チリ出身で近年NYでShai Maestroなどとも活動している注目SSWのCamila Mezaが参加。ブラジルのTatiana Parraのようなスキャット歌唱を披露、彼女のファンならそれだけでも一聴の価値あり。まずは圧巻の狂想曲、1曲目から。

Alcanza (2017) by Fabian Almazan on Apple Music ★★★★★ Cuban Jazz Pianist NYで活動する偉才ピアニストの最新作。前作「Rhizome (2014)」の延長にありながら、音楽求道者としての探究心や冒険心に満ち溢れた素晴らしい仕上がり。「流麗なクラシックより難解なクラシック好き、スイングジャズよりクセのあるコンテンポラリージャズが好き」。そんなごく一部の限られたリスナー向け作品ではあるけれど、こういう実験性に富んだ芸術度の高い音楽が次の時代を切り開いていくはず(そう思える人が世の中にどれくらいいるかはわからないけど)。女性ボーカルには、チリ出身で近年NYでShai Maestroなどとも活動している注目SSWのCamila Mezaが参加。ブラジルのTatiana Parraのようなスキャット歌唱を披露、彼女のファンならそれだけでも一聴の価値あり。まずは圧巻の狂想曲、1曲目から。

How romantic&passionate! 全身で感情を表現するバレエという舞台芸術!  Anna Razumovskayaさんの躍動感あふれる絵に目が釘づけになっています!絵からダンサーやミュージシャンたちの溢れんばかりの情熱が伝わってくるようです。「生きてるって素晴らしい!」とその喜びを身体でおもいっきり表現しているダンサーの熱い想いに身体が共鳴してゆくようです・・・・・hitomi

How romantic&passionate! 全身で感情を表現するバレエという舞台芸術! Anna Razumovskayaさんの躍動感あふれる絵に目が釘づけになっています!絵からダンサーやミュージシャンたちの溢れんばかりの情熱が伝わってくるようです。「生きてるって素晴らしい!」とその喜びを身体でおもいっきり表現しているダンサーの熱い想いに身体が共鳴してゆくようです・・・・・hitomi

最近ひそかに・・・いや違った、めちゃくちゃ頻繁に聴いているのがこれ。コメディ映画のOSTなんやけど、6曲目のDyosa。Thyro & YumiのYumiちゃん歌。R&Bとロックをグリングリンにミックスしたこれぞ「オルタナティブR&B!」(ってこんな言葉なかったか・・・)。このポップさ、この黒っぽさ、この勢いのよさ。素晴らしいでございます。それにしても最近のOPMシーン、Flip musicとThyroとYumiのどれかがクレジットされてるものにハズレなし!

最近ひそかに・・・いや違った、めちゃくちゃ頻繁に聴いているのがこれ。コメディ映画のOSTなんやけど、6曲目のDyosa。Thyro & YumiのYumiちゃん歌。R&Bとロックをグリングリンにミックスしたこれぞ「オルタナティブR&B!」(ってこんな言葉なかったか・・・)。このポップさ、この黒っぽさ、この勢いのよさ。素晴らしいでございます。それにしても最近のOPMシーン、Flip musicとThyroとYumiのどれかがクレジットされてるものにハズレなし!

今年1発目の初エントリーです。  ガーナのアフロ・ビートの先駆者Gyedu-Blay Ambolleyの  再発。ガーナのアフロラップ代表です。  後にSimigwa-Doというjazzyなhighlifeサウンドで一世風靡  することになるすごいmusicianです。  この口が歪んでいる意味がわかりませんし、ジャケ買いも  ナイと思いますが、内容は素晴らしいんですねぇ!  FACEBOOKページはこちらにありました。  Gyedu-Blay Ambolley  レーベルはsoundwayなので間違いナイ!  このLPが傑作なところはやっぱり”Akoko Ba”が収録されていることでしょう!  ベースの小刻み感、スキです。

今年1発目の初エントリーです。 ガーナのアフロ・ビートの先駆者Gyedu-Blay Ambolleyの 再発。ガーナのアフロラップ代表です。 後にSimigwa-Doというjazzyなhighlifeサウンドで一世風靡 することになるすごいmusicianです。 この口が歪んでいる意味がわかりませんし、ジャケ買いも ナイと思いますが、内容は素晴らしいんですねぇ! FACEBOOKページはこちらにありました。 Gyedu-Blay Ambolley レーベルはsoundwayなので間違いナイ! このLPが傑作なところはやっぱり”Akoko Ba”が収録されていることでしょう! ベースの小刻み感、スキです。

おはようございます。昨日は横濱ジャズプロムナード、横浜エリアのあちこちにある会場(コンサートホール、ライヴハウス、街角)でパラレルに開催されるステージから、聴きたいものを選んで廻るという素晴らしいシステム。選ぶ行為がまた楽しいですね。毎年出演の大御所を確実に楽しむか/若手やまだ聴いたことのないミュージシャンをこの機会に新規開拓しようかと悩んだり、あー聴きたいのが同じ時間に重なってるーと悲しんだり、次はちょっと変化をつけて元気なサウンドが聴きたくなったら予定変更とか。今回は新規開拓の比率を高くして、昨日は5ステージを廻りました。そんな中、夜最後のステージで聴いたウィリアム浩子(vo)&馬場孝喜(g)のMy Room Duoがとびきり良かった。このMy Room Duoのシリーズで既にミニアルバム2枚が出ていて、もうすぐ3作目が出るということです。前置きが長くなりましたが、今朝の一曲はウィリアム浩子&馬場孝喜のMy Room Duoシリーズの1作目のダイジェスト動画です。

おはようございます。昨日は横濱ジャズプロムナード、横浜エリアのあちこちにある会場(コンサートホール、ライヴハウス、街角)でパラレルに開催されるステージから、聴きたいものを選んで廻るという素晴らしいシステム。選ぶ行為がまた楽しいですね。毎年出演の大御所を確実に楽しむか/若手やまだ聴いたことのないミュージシャンをこの機会に新規開拓しようかと悩んだり、あー聴きたいのが同じ時間に重なってるーと悲しんだり、次はちょっと変化をつけて元気なサウンドが聴きたくなったら予定変更とか。今回は新規開拓の比率を高くして、昨日は5ステージを廻りました。そんな中、夜最後のステージで聴いたウィリアム浩子(vo)&馬場孝喜(g)のMy Room Duoがとびきり良かった。このMy Room Duoのシリーズで既にミニアルバム2枚が出ていて、もうすぐ3作目が出るということです。前置きが長くなりましたが、今朝の一曲はウィリアム浩子&馬場孝喜のMy Room Duoシリーズの1作目のダイジェスト動画です。

2月7日・ 8日、大阪・フェスティバルホールにて『森亀橋 2017 presents Your Songs,Our Songs powered by FM COCOLO』が開催された。本公演は日本の音楽シーンには欠かせない、プレイヤー、アレンジャー、そしてプロデューサーとして活躍する森俊之(key)、亀田誠治(b)、佐橋佳幸(g)の“森亀橋”の3人が企画したもの。「世代を超えて素晴らしい音楽を繋いでいきたい。音楽の楽しさを共有したい」と、多彩なゲストを迎え、この日限りの奇跡のコラボレーションを披露した。10年ぶりの開催となったこの日、会...

2月7日・ 8日、大阪・フェスティバルホールにて『森亀橋 2017 presents Your Songs,Our Songs powered by FM COCOLO』が開催された。本公演は日本の音楽シーンには欠かせない、プレイヤー、アレンジャー、そしてプロデューサーとして活躍する森俊之(key)、亀田誠治(b)、佐橋佳幸(g)の“森亀橋”の3人が企画したもの。「世代を超えて素晴らしい音楽を繋いでいきたい。音楽の楽しさを共有したい」と、多彩なゲストを迎え、この日限りの奇跡のコラボレーションを披露した。10年ぶりの開催となったこの日、会...

F・U・N・K・Y・4 IN R・S・R : SCOOBIE DO「やっぱ音楽は素晴らしい」

F・U・N・K・Y・4 IN R・S・R

F・U・N・K・Y・4 IN R・S・R : SCOOBIE DO「やっぱ音楽は素晴らしい」

私の本棚から。(Music Life) / 1992年の来日時はフルカラー特集だったのに...2回目の来日時はモノクロ特集...。この差はなんなんだろうか。写真が素晴らしいだけに残念!!.

私の本棚から。(Music Life) / 1992年の来日時はフルカラー特集だったのに...2回目の来日時はモノクロ特集...。この差はなんなんだろうか。写真が素晴らしいだけに残念!!.

SOM TRES / Toboga Cesar Camargo Marianoを中心とするSom Tresの1970年作品。1曲目はちょっと外してますが、その他はjazzyな曲からsoulfulな曲まで、全曲素晴らしい。Cesar自身の4曲とJorge Ben, Nonato B...

SOM TRES / Toboga Cesar Camargo Marianoを中心とするSom Tresの1970年作品。1曲目はちょっと外してますが、その他はjazzyな曲からsoulfulな曲まで、全曲素晴らしい。Cesar自身の4曲とJorge Ben, Nonato B...

Pinterest
検索