Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

テオの詩…誰よりも…何よりも…キラリ宝物で…愛しく…大好きな君…僕は君に…ただ…ただ笑っていて欲しいんだ…君は何処までも…美しい森を創る…それは無限に豊かで…素敵なことさ…けど僕は…君が…ふわり微笑んで…生きてくれるだけでも充分なんだ…想いは…悉く…飛ぶんだった…ね…ならば…僕の想いも…優しい風達が…君の元へ…届けてくれるのかな…水辺で僕は見ていたんだ…美しい森の景色に囲まれて…誇り高く…梟のように唄い…その景色が巡るのを…愛しんでいる君を…僕は…そんな君を見守るのが…その笑顔が…大好きなんだ…Have a sweet dream …I will be in it …

テオの詩…誰よりも…何よりも…キラリ宝物で…愛しく…大好きな君…僕は君に…ただ…ただ笑っていて欲しいんだ…君は何処までも…美しい森を創る…それは無限に豊かで…素敵なことさ…けど僕は…君が…ふわり微笑んで…生きてくれるだけでも充分なんだ…想いは…悉く…飛ぶんだった…ね…ならば…僕の想いも…優しい風達が…君の元へ…届けてくれるのかな…水辺で僕は見ていたんだ…美しい森の景色に囲まれて…誇り高く…梟のように唄い…その景色が巡るのを…愛しんでいる君を…僕は…そんな君を見守るのが…その笑顔が…大好きなんだ…Have a sweet dream …I will be in it …

森の鏡…美しい森の入り口にある…そのものの身体に印された…魂の…心の記憶を…ありのままに映し出す鏡です…本当の自分は誰なのか…何処からやって来て…何処に還って行くのか…その鏡を扉にして…森の先へ進むもの…また…壁にして…踵を返すもの…選択は…自由です…いつだって…例外なく…何度でも…森の鏡は…どこまでも透明な…そのスクリーンに…ただ映し出します…Who am I…Remember who you really are …

森の鏡…美しい森の入り口にある…そのものの身体に印された…魂の…心の記憶を…ありのままに映し出す鏡です…本当の自分は誰なのか…何処からやって来て…何処に還って行くのか…その鏡を扉にして…森の先へ進むもの…また…壁にして…踵を返すもの…選択は…自由です…いつだって…例外なく…何度でも…森の鏡は…どこまでも透明な…そのスクリーンに…ただ映し出します…Who am I…Remember who you really are …

ミズチ…美しい森に…もうすぐ新月が訪れようとする…ある夜…ミズチが…深い…深い碧の池のほとりで休みます…ああ…静かな夜だな…優しい闇に包まれていると想い出すんだ…僕が今まだ歩いてきた…終わりのない旅を…棘が刺さっても…血が流れても…このくらいって…僕は大丈夫って…先に…一歩でも先にって来たんだ…けど…ふと立ち止まれば…風達はこんなに優しく…心地いい…フカフカの土の絨毯は…僕の手足を…そっと包んで…温めてくれる…いつの間に…こんなに傷が出来てしまったのかな…僕は…休んでもいいって…足を止めてもいいって…知らなかったのかもしれないな…

ミズチ…美しい森に…もうすぐ新月が訪れようとする…ある夜…ミズチが…深い…深い碧の池のほとりで休みます…ああ…静かな夜だな…優しい闇に包まれていると想い出すんだ…僕が今まだ歩いてきた…終わりのない旅を…棘が刺さっても…血が流れても…このくらいって…僕は大丈夫って…先に…一歩でも先にって来たんだ…けど…ふと立ち止まれば…風達はこんなに優しく…心地いい…フカフカの土の絨毯は…僕の手足を…そっと包んで…温めてくれる…いつの間に…こんなに傷が出来てしまったのかな…僕は…休んでもいいって…足を止めてもいいって…知らなかったのかもしれないな…

Teo…水辺に棲む黒い魚で、誰かの願いを助ける生き物です。小さい頃は、丸い形をしています。美しい森の…色とりどりの光の波の散歩道…Teoが泳ぎます…今日は何処に行こうかな…そうだ…三つ葉のクローバーの首飾りを編んで…悲しみの池に浮かべに行こう…もう…君の悲しみが…溢れそうだったからね…三つ葉のクローバーはね…今まで君が…気が付かなかった事を…想い出させてくれるんだ…そう…ホントはね…その痛みも…悲しみも…光の輪を通って…静かに…そっと…一つずつ…天空へと還していけるんだ…だから僕が…浮かべに行くよ…

Teo…水辺に棲む黒い魚で、誰かの願いを助ける生き物です。小さい頃は、丸い形をしています。美しい森の…色とりどりの光の波の散歩道…Teoが泳ぎます…今日は何処に行こうかな…そうだ…三つ葉のクローバーの首飾りを編んで…悲しみの池に浮かべに行こう…もう…君の悲しみが…溢れそうだったからね…三つ葉のクローバーはね…今まで君が…気が付かなかった事を…想い出させてくれるんだ…そう…ホントはね…その痛みも…悲しみも…光の輪を通って…静かに…そっと…一つずつ…天空へと還していけるんだ…だから僕が…浮かべに行くよ…

ムーンドロップのカエル…空から森に魔法の粒が降ると、姿を現します。森はいつでも、不思議に美しい魔法で満ち溢れているのです。それは…静かな…静かな…三日月の…風が止んだ夜…美しい森の天空より…音も無く…一粒づつ…透き通った滴が降り注ぎます…ムーンドロップのカエルが…心弾ませ…嬉しくて…愛しくて…喉を鳴らし歌います…かわいらしい歌声に…滴達は…フルフルと…共振し…ささやかな奇跡が…森のあちらこちらに拡がります…傷付き疲れ果て眠るものにも…スヤスヤと…安らかな寝息をたてるものにも均等に…目覚めの時が来たら…皆が笑顔に輝き…煌めく…そんな奇跡が…

ムーンドロップのカエル…空から森に魔法の粒が降ると、姿を現します。森はいつでも、不思議に美しい魔法で満ち溢れているのです。それは…静かな…静かな…三日月の…風が止んだ夜…美しい森の天空より…音も無く…一粒づつ…透き通った滴が降り注ぎます…ムーンドロップのカエルが…心弾ませ…嬉しくて…愛しくて…喉を鳴らし歌います…かわいらしい歌声に…滴達は…フルフルと…共振し…ささやかな奇跡が…森のあちらこちらに拡がります…傷付き疲れ果て眠るものにも…スヤスヤと…安らかな寝息をたてるものにも均等に…目覚めの時が来たら…皆が笑顔に輝き…煌めく…そんな奇跡が…

floating in Oak Creek, AZ 瑠璃色の少年…美しい森の心そのもの…森の化身です…僕を探して…見つけて…聴いて…そして抱きしめて…誰も知らない…静かな水辺で…いつまでも自由に…美しい生き物たちと…羽根を広げた…あの頃…緑香る草原で…風達の詩に微笑み…ただずっと碧空を眺めていた…優しい時間…はじめから…全てはそこに…あったんだ…君がいつか…想い出してくれるといいな…本当は…何も欠けてなんかいないって事を…そっと瞳を閉じて…心の記憶を解き放てば…僕等の美しい森は…そこにあるって事を…ね…だから…僕を探して…見つけて…聴いて…そして抱きしめて…ここにいるよ…この美しい森と共に…おかえり…

floating in Oak Creek, AZ 瑠璃色の少年…美しい森の心そのもの…森の化身です…僕を探して…見つけて…聴いて…そして抱きしめて…誰も知らない…静かな水辺で…いつまでも自由に…美しい生き物たちと…羽根を広げた…あの頃…緑香る草原で…風達の詩に微笑み…ただずっと碧空を眺めていた…優しい時間…はじめから…全てはそこに…あったんだ…君がいつか…想い出してくれるといいな…本当は…何も欠けてなんかいないって事を…そっと瞳を閉じて…心の記憶を解き放てば…僕等の美しい森は…そこにあるって事を…ね…だから…僕を探して…見つけて…聴いて…そして抱きしめて…ここにいるよ…この美しい森と共に…おかえり…

黒い月の森…ここは…美しい森と並行し存在する…Parallel world…気付けば…沢山のものを背負って…先急ぎ…それでも…心を…魂を…身体を…奮い続け…傷ついたもの達を…鎮め…その眠りの中…我を取り戻すための地…黒い月の森に視える…Paradox…黒い月影の果てしなさ…そこに在る…今この瞬間…音の無い地に佇むがゆえ…響く真実の声…私が私を…あなたがあなたを…再び取り戻すがゆえの…ふわり…美しい森の生き物達が行き交う…たおやかな絆…散りばめた星屑のように…点在する無数の未来…私達は…いつでも…何度でも…選び変え…生きる事が出来るのです…lots of love…

黒い月の森…ここは…美しい森と並行し存在する…Parallel world…気付けば…沢山のものを背負って…先急ぎ…それでも…心を…魂を…身体を…奮い続け…傷ついたもの達を…鎮め…その眠りの中…我を取り戻すための地…黒い月の森に視える…Paradox…黒い月影の果てしなさ…そこに在る…今この瞬間…音の無い地に佇むがゆえ…響く真実の声…私が私を…あなたがあなたを…再び取り戻すがゆえの…ふわり…美しい森の生き物達が行き交う…たおやかな絆…散りばめた星屑のように…点在する無数の未来…私達は…いつでも…何度でも…選び変え…生きる事が出来るのです…lots of love…

美しい森から…洩れ響く…聖なる、森の讃美歌に…心惹かれ…新しく…目指し来るものもいます…地球に在って…地球に属せず…この次元の…いかなる概念も…制限も…闘いも…この美しい森にとっては…何の意味もなさないことです…それが光の存在でも…また、闇からの使者でも…望み求めるもの全てに…森は入り口を現します…そう、この美しい森は知っているのです…光も闇も…分離する前は…ふわり…光の繭玉だったことを…私達も…また…to be in the Earth… not of the Earth … Love

美しい森から…洩れ響く…聖なる、森の讃美歌に…心惹かれ…新しく…目指し来るものもいます…地球に在って…地球に属せず…この次元の…いかなる概念も…制限も…闘いも…この美しい森にとっては…何の意味もなさないことです…それが光の存在でも…また、闇からの使者でも…望み求めるもの全てに…森は入り口を現します…そう、この美しい森は知っているのです…光も闇も…分離する前は…ふわり…光の繭玉だったことを…私達も…また…to be in the Earth… not of the Earth … Love

Moondrop … 水に映った月から生まれた不思議な生き物です。近くにいても見つけるのが難しく、体から花の匂いがします。美しい森に…月が落ちたある夜…Moondrop は歩き始めました…フクロウの鳴く夜道…花香る丘…森の讃美歌の響く水辺…鳥や虫や草花、生き物達の息吹に…そっと…少しずつ寄り添って…時に瞳を閉じ…森に包まれて眠り…トゲが刺さった時には…心を鎮め…痛みや苦しみが癒え…通り過ぎるのを…静かに待って…Moondrop が…怯まず…弛まず…本当の自分を取り戻す旅は…今日も続きます…Who am I ?… Remember , who you really are …

Moondrop … 水に映った月から生まれた不思議な生き物です。近くにいても見つけるのが難しく、体から花の匂いがします。美しい森に…月が落ちたある夜…Moondrop は歩き始めました…フクロウの鳴く夜道…花香る丘…森の讃美歌の響く水辺…鳥や虫や草花、生き物達の息吹に…そっと…少しずつ寄り添って…時に瞳を閉じ…森に包まれて眠り…トゲが刺さった時には…心を鎮め…痛みや苦しみが癒え…通り過ぎるのを…静かに待って…Moondrop が…怯まず…弛まず…本当の自分を取り戻す旅は…今日も続きます…Who am I ?… Remember , who you really are …

Bridge … 美しい森の悠久の時を隔て…向こう側へとかかる…Bridge …鳥や虫は、その源となる種子を運び…温かな大地が…清らかな水が…草や木や花々を育みます…谷底から聖なる風達が吹きあげれば…やがて一筋の碧の架け橋が渡り…繋ぎ…結ばれます…どこまでも愛しく…たおやかな…その絆…雨の日も風の日も…優しい月華の照らす夜も…弛むことなく…いつまでも…In Love with Muranagi's Forest …

Bridge … 美しい森の悠久の時を隔て…向こう側へとかかる…Bridge …鳥や虫は、その源となる種子を運び…温かな大地が…清らかな水が…草や木や花々を育みます…谷底から聖なる風達が吹きあげれば…やがて一筋の碧の架け橋が渡り…繋ぎ…結ばれます…どこまでも愛しく…たおやかな…その絆…雨の日も風の日も…優しい月華の照らす夜も…弛むことなく…いつまでも…In Love with Muranagi's Forest …

Pinterest
検索