Pinterest

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

ハッブル望遠鏡の「史上最高にカラフルな宇宙写真」

宇宙には我々以外に生命体はいないと考えるのは極めて非現実的である。NASA (アメリカ航空宇宙局) の専門たちはこのように述べており、宇宙人を発見する日もそう遠くはないようだ。実際に、20年もすれば発見されるかもしれない。

悩みなんて小さいにも程がある!あまりに大きすぎる宇宙の話 | BUZZmag

悩みなんて小さいにも程がある!あまりに大きすぎる宇宙の話 | BUZZmag

ワームホールを利用した宇宙旅行は実現するのか?可能性はあり。(各国研究)

人類は、飽くなき探究心にとりつかれ、宇宙の最果てまで到達したいという夢をずっと心に描いてきた。日本では今月下旬に公開予定のSF映画『インターステラー』のメインテーマもこれである。 宇宙は気が遠くなるほどに広大で、そこに存在する星々や銀河同士の距離も人

Científico asegura que encontró una prueba definitiva de que Dios existe.

全身脱毛が安い脱毛サロンとは?全身脱毛の料金が安い全身脱毛サロンのランキング!全身脱毛の口コミ&体験談情報も掲載中。最もオススメの全身脱毛サロンは脱毛ラボ?キレイモ?シースリー?銀座カラー?エタラビ?ミュゼ?ディオーネ?

“The size and age of the Cosmos are beyond ordinary human understanding. Lost somewhere between immensity and eternity is our tiny planetary home…I believe our future depends on how well we know this Cosmos in which we float like a mote of dust in the morning sky.” ~ Carl Sagan

“The size and age of the Cosmos are beyond ordinary human understanding. Lost somewhere between immensity and eternity is our tiny planetary home…I believe our future depends on how well we know this Cosmos in which we float like a mote of dust in the morning sky.” ~ Carl Sagan

015-cool-typography-artworks by photoshopvip, via Flickr

タイポグラフィーを使ったアイデア爆発の広告デザイン45個まとめ

タイポグラフィーを使ったアイデア爆発の広告デザイン45個まとめ - PhotoshopVIP

6564e281.gif 350×301 ピクセル

「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!このページは「【112枚】拾った変なGIF画像 part2」の記事です。

"The vehicle explodes, literally explodes, off the pad. The simulator shakes you a little bit, but the actual liftoff shakes your entire body and soul."- Mike McCulley, 1989 Space Shuttle pilot.

平均寿命の半分以上生きちゃった玉兎(ぎょくと)のうだうだなブログ☆2014年現在 BIGBANGやらWINNERやら、仏像、映画、宇宙・・・・・・。。

宇宙 - Google 検索

できれば苦しむことなく天命をまっとうして、死に抗うことなく、永遠の眠りにつきたい。そう願う人類も多いはずだ。しかし無数の星々は数億年もの間、死から逃れようと必死に抵抗を続けている。最終的に星の内側が粉々に崩壊するまで、永遠と燃え続ける己自身との戦いを続

Hubble Ultra Deep Field 2014 : NASAが公開した「史上最高にカラフルな宇宙写真」が美しすぎる... - NAVER まとめ

アメリカ航空宇宙局は、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した「これまでで最もカラフルな宇宙写真」を発表した。同時に、この写真はこれまで最も広範囲の宇宙をとらえた写真であり、これまでで最も壮観な写真でもある。

Earth from The Moon, by NASA.

ジレンマ、本城沙衣、ほんじょうさえ、ホンジョウサエ、Honjo Sae:小説家、ジュエリーデザイナー、ミュージシャン。代表作は「その時、初雪が降った」,「グランド・ゼロ~ひとひらの雪~」,「人恋しぐれ」,「視 線」など。受賞歴はオリコン大賞・GIRL NEXT DOOR賞・ノンフィクション特別賞・書籍評論特別賞受賞など。文芸社、キングジム、ゴマブックス、Kinoppy、GALAPAGOS、BookLiveから書籍を出版、World GraphやQualitasなど雑誌インタビュー等も多数。ライター、記者を経て、小説家デビュー。ミュージシャン、ジュエリーデザイナーを主としていた時には欧米に拠点を置いていたが、小説家に専念するために日本に拠点を移す。ライター時代は、芸術・スポーツ記事、記者としては時事記事を担当し、小説家としての現在に至り、ノンフィクション作家でありながら、そこに固執することなく、多ジャンルの執筆・指導にあたっている。音楽と芸術をこよなく愛する異色の小説家。