Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

モネ 睡蓮

印象派の巨匠クロード・モネが過ごしたジヴェルニー、モネのライフワークとなった庭造りと睡蓮の池。モネは晩年、この睡蓮の池から次々と大作を描きパリのオランジュリー美術館の睡蓮の間を飾った。”>

岐阜県関市のとある神社の脇にある小さな池が印象派の巨匠クロード・モネの連作絵画『睡蓮』の絵に似ていることから近年話題になっていることをご存知でしょうか?

話題沸騰中!まるで絵画のような美しすぎる岐阜の「モネの池」

自然が広がる岐阜県関市の山あいに、一部の間で大注目されているスポットがあります。遠方からの観光客が後を絶たないこのスポットは、根道神社の脇に広がる澄み切った池。まるで絵画のようだといわれている幻の池、実は正式な名前もない、知る人ぞ知る「名前のない池」なんです。 本当に写真?美しすぎる「モネの睡蓮池」... More

Water Lilies1908

「総目次」へはここをクリック! 「10分でわかる近代絵画史」はここをクリック! 印象派 ー負け組が世界を変えるー クロード・モネもいよいよ3回目です。今回は晩年のモネの庭と連作「睡蓮」です。第4回目もあります。 1回目と2回目はこちら 3分でわか

オールポスターズの クロード・モネ「Water Lilies (Nymphéas), c.1916」高品質プリント

クロード・モネ「Water Lilies (Nymphéas), c.1916」高品質プリントは世界最大級の品揃えのオールポスターズで。ポスター、絵画、写真、ウォールステッカー、タペストリー、キャンバスプリント、Tシャツ、ビンテージアート、額入りアートなど100万点以上販売しております。

印象派を代表するフランスの画家クロード・モネ(1923年頃)> カラー復元写真

歴史を色鮮やかに蘇らせたカラー復元写真です。当時の風俗や戦争、差別問題、さらにはスーパースターたちなどを捉えていたモノクロの風景を生々しく伝えてくれる写真です。1. コーネル大学漕艇部(1911年)2. 第...

クロード・モネ  《睡蓮》 1916年 油彩、カンヴァス 200.5 x 201cm 国立西洋美術館 松方コレクション https://www.facebook.com/tabaca.magno?hc_location=timeline

ポーラ美術館 モネ、風景をみる眼—19世紀フランス風景画の革新|過去の展覧会

「モネは眼にすぎない、しかし何と素晴らしき眼なのか」。セザンヌのこの言葉は、生涯、戸外の光の表現を追求し続けた画家モネにもっともふさわしい賛辞ではないでしょうか。しかし彼の眼は、自然の風景から受け取る感覚的で瞬間的な印象を捉えていただけではありません。モネは後年、自らの記憶のなかで純化された、画家の内なるヴィジョンともいうべき、喚起力に満ちた風景を描いていきます。国内有数のモネ・コレクションを誇る国立西洋美術館とポーラ美術館の共同企画である本展覧会では、絵画空間の構成という観点から、他の作家の作品との比較を通して、風景に注がれたモネの「眼」の軌跡をたどります。初期から晩年までモネの作品35点を軸としつつ、マネからピカソまで2つの美術館が誇る近代絵画の秀作や関連資料を加えた展示を通して、モネが描き出す絵画空間の独創性を立体的に浮かび上がらせ、近代風景画に革新をもたらした画家モネの「眼」の深化の秘密を解き明かします。

クロード・モネ 《睡蓮》 1907年 油彩、カンヴァス 93.3 x 89.2cm ポーラ美術館

ポーラ美術館 モネ、風景をみる眼—19世紀フランス風景画の革新|過去の展覧会

「モネは眼にすぎない、しかし何と素晴らしき眼なのか」。セザンヌのこの言葉は、生涯、戸外の光の表現を追求し続けた画家モネにもっともふさわしい賛辞ではないでしょうか。しかし彼の眼は、自然の風景から受け取る感覚的で瞬間的な印象を捉えていただけではありません。モネは後年、自らの記憶のなかで純化された、画家の内なるヴィジョンともいうべき、喚起力に満ちた風景を描いていきます。国内有数のモネ・コレクションを誇る国立西洋美術館とポーラ美術館の共同企画である本展覧会では、絵画空間の構成という観点から、他の作家の作品との比較を通して、風景に注がれたモネの「眼」の軌跡をたどります。初期から晩年までモネの作品35点を軸としつつ、マネからピカソまで2つの美術館が誇る近代絵画の秀作や関連資料を加えた展示を通して、モネが描き出す絵画空間の独創性を立体的に浮かび上がらせ、近代風景画に革新をもたらした画家モネの「眼」の深化の秘密を解き明かします。

モネ 睡蓮

印象派の巨匠クロード・モネが後半生を過ごしたジヴェルニー、モネのライフワークとなったバラやアイリスで満たされた庭園造りと日本的な趣のある睡蓮の池での制作活動によって睡蓮(スイレン)の大作が生まれた。モネの睡蓮のレプリカをご覧ください。

確かに、印象派の画家クロード・モネが描いた「睡蓮」の連作によく似ていますね。

「モネの池」に「夢の吊り橋」…神秘的な日本各地のおすすめスポット4選

SNSでも話題の「名前のない池」をご存じですか?岐阜県関市の根道神社の境内にある、印象派を代表するフランスの画家クロード・モネの絵画のように美しい池で「写真なのか、絵なのか分からない!」と評判なんです。今回は通称「モネの池」のほか、静岡県・寸又峡(すまたきょう)の「夢の吊り橋」や千葉県君津市の清水渓流公園にある「濃溝の

Pinterest
検索