Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

Bill Evans の無料動画視聴 & 再生。 ビル・エヴァンス(Bill Evans, 本名:William John Evans(ウィリアム・ジョン・エヴァンス), 1929年8月16日 - 1980年9月15日)は、ジャズのピアニスト。 米国・ニュージャージー州出身。 クラシックに影響を受けた印象主義的な和音、スタンダード楽曲を題材とした創意に富んだアレンジと優美なピアノ・タッチ、いち早く取り入れたインター・プレイの演風は、ハービー・ハンコック、チック・コリア、キース・ジャレットなど多くのピアニストたちに多大な影響を与えたほか、ジョン・マクラフリンといった他楽器のプレイヤーにも影響を与えている。 エヴァンスのアルバムには駄作が一枚も無いと評されることもあるほど、質の高い録音が多い。中でもベースのスコット・ラファロと録音した諸作品は、ジャズを代表する傑作としてジャズファン以外にも幅広い人気を得ている ディスコグラフィー リバーサイド・レコード (Riverside Records) New Jazz Conceptions (1956) Everybody...

Bill Evans の無料動画視聴 & 再生。 ビル・エヴァンス(Bill Evans, 本名:William John Evans(ウィリアム・ジョン・エヴァンス), 1929年8月16日 - 1980年9月15日)は、ジャズのピアニスト。 米国・ニュージャージー州出身。 クラシックに影響を受けた印象主義的な和音、スタンダード楽曲を題材とした創意に富んだアレンジと優美なピアノ・タッチ、いち早く取り入れたインター・プレイの演風は、ハービー・ハンコック、チック・コリア、キース・ジャレットなど多くのピアニストたちに多大な影響を与えたほか、ジョン・マクラフリンといった他楽器のプレイヤーにも影響を与えている。 エヴァンスのアルバムには駄作が一枚も無いと評されることもあるほど、質の高い録音が多い。中でもベースのスコット・ラファロと録音した諸作品は、ジャズを代表する傑作としてジャズファン以外にも幅広い人気を得ている ディスコグラフィー リバーサイド・レコード (Riverside Records) New Jazz Conceptions (1956) Everybody...

キース・ジャレット ケルンコンサート

キーズジャレットさん 伝説のケルン・コンサート フルアルバムです

おはようございます。 今日7/28はJ・S・バッハの命日。 今朝の一曲は「6つのリコーダー・ソナタ集~ソナタ ヘ長調 (原曲:ホ長調)BWV1035 III.Siciliano」。昨年も同じアルバムから選曲しましたが、キース・ジャレットとミカラ・ペトリが協演したアルバム「バッハ:リコーダー・ソナタ集」からの一曲。ミカラがリコーダーを吹き、キースがチェンバロを弾いています。 清々しい高原の朝に合いそうな音楽ですが、東京は今日も蒸し暑くなりそうです。そういえば、ちょうど一年前のいまごろは、軽井沢の美術館巡り(全14ヶ所)をしていました(^_^)

おはようございます。 今日7/28はJ・S・バッハの命日。 今朝の一曲は「6つのリコーダー・ソナタ集~ソナタ ヘ長調 (原曲:ホ長調)BWV1035 III.Siciliano」。昨年も同じアルバムから選曲しましたが、キース・ジャレットとミカラ・ペトリが協演したアルバム「バッハ:リコーダー・ソナタ集」からの一曲。ミカラがリコーダーを吹き、キースがチェンバロを弾いています。 清々しい高原の朝に合いそうな音楽ですが、東京は今日も蒸し暑くなりそうです。そういえば、ちょうど一年前のいまごろは、軽井沢の美術館巡り(全14ヶ所)をしていました(^_^)

キース・ジャレット - ケルン・コンサート

テーマ「キース・ジャレット」のブログ記事一覧|音楽酒場 since 2005(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)。ロック、ポップスをはじめ、ソウル、R&B、ヒップホップ、ジャズ、歌謡曲からアニメソングまで、ノンジャンルの音楽が流れる架空の飲み屋、それが「音楽酒場」。わ...

キース・ジャレット KEITH JARRETT Solo: Live in VERMONT at SHELBURNE, 1977; Piano…

キース・ジャレット KEITH JARRETT Solo: Live in VERMONT at SHELBURNE, 1977; Piano…

キース・ジャレットの「アノ声」を気にせずに聴く方法 - NAVER まとめ

世界で最も人気のあるジャズピアニストのひとり、キース・ジャレット。彼の演奏するピアノはとても美しいのですが…演奏中の「アノ声」が気になる!!彼のアノ声を気にせず...

おはようございます。 今朝の一曲は久しぶりにキース・ジャレット、彼のうなり声が聴きたくなって(^.^)、スタンダーズ・トリオの名盤(Vol.1)から「ミーニング・オヴ・ザ・ブルース」 キース・ジャレットの音楽は、クリエイティヴな即興ソロの世界、後期の優しさに溢れたスタンダード曲のソロ演奏の世界と並んで、このトリオでの美しく緊張感を持ったスタンダード曲の世界もまた素晴らしいものです。 うなり声が気になってキースを好きになれないという人がいるのもわかりますが、この曲とか、うなり声も音楽の要素として調和しているようにも思えませんか(^_^)

おはようございます。 今朝の一曲は久しぶりにキース・ジャレット、彼のうなり声が聴きたくなって(^.^)、スタンダーズ・トリオの名盤(Vol.1)から「ミーニング・オヴ・ザ・ブルース」 キース・ジャレットの音楽は、クリエイティヴな即興ソロの世界、後期の優しさに溢れたスタンダード曲のソロ演奏の世界と並んで、このトリオでの美しく緊張感を持ったスタンダード曲の世界もまた素晴らしいものです。 うなり声が気になってキースを好きになれないという人がいるのもわかりますが、この曲とか、うなり声も音楽の要素として調和しているようにも思えませんか(^_^)

Pinterest
検索