Explore these ideas and more!

ゲスト◇片桐和子(Kazuko Katagiri)東京音楽大学ピアノ科卒業後、ジャズ研にてジャズボーカルを学ぶ。「渡辺プロ東京音楽院」で講師を務め、その間「ジャニーズ音楽事務所」、「ヤマハ音楽振興財団」でシンガー・ソング・ライターの育成。「日本テレビ音楽学院」でポピュラー・「東京声楽専門学校」でジャズ、「NHKカルチャーセンター青山」、「NHKカルチャーセンター八王子」でポピュラーヴォーカル、「東宝 育成所」などに従事する。 並行して、ディズニ―映画、映画音楽、ミュージカル、ライブなどの作詞・訳詞を多数手掛ける。代表曲は、「マイウェイ」の訳詩、ミュージカル『アニー』のほぼすべての楽曲の訳詩を手掛け16年間に渡り歌唱指導を担当。 2016年より、日本訳詩家協会(JASTS)の会長に就任。

ゲスト◇片桐和子(Kazuko Katagiri)東京音楽大学ピアノ科卒業後、ジャズ研にてジャズボーカルを学ぶ。「渡辺プロ東京音楽院」で講師を務め、その間「ジャニーズ音楽事務所」、「ヤマハ音楽振興財団」でシンガー・ソング・ライターの育成。「日本テレビ音楽学院」でポピュラー・「東京声楽専門学校」でジャズ、「NHKカルチャーセンター青山」、「NHKカルチャーセンター八王子」でポピュラーヴォーカル、「東宝 育成所」などに従事する。 並行して、ディズニ―映画、映画音楽、ミュージカル、ライブなどの作詞・訳詞を多数手掛ける。代表曲は、「マイウェイ」の訳詩、ミュージカル『アニー』のほぼすべての楽曲の訳詩を手掛け16年間に渡り歌唱指導を担当。 2016年より、日本訳詩家協会(JASTS)の会長に就任。

ゲスト◇矢部美穂(Miho Yabe)北海道出身、1992年に雑誌コンテストでグランプリを受賞し芸能界入り。以降、雑誌グラビアやバラエティ番組を中心に活躍。主な出演歴は、フジテレビ『いいひと。』、TBS『温泉へ行こう』(1~5シリーズ)、日本テレビ『スーパーJOCKY』『24時間テレビ』、映画『六本木フェイク』等。 代表作品映画『ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密~銭形姉妹への挑戦状』 / 中京テレビ『ブラブラ』 / サンテレビ他『夜美女~YORUBIJYO~』 趣味は、競馬とゴルフ。

ゲスト◇矢部美穂(Miho Yabe)北海道出身、1992年に雑誌コンテストでグランプリを受賞し芸能界入り。以降、雑誌グラビアやバラエティ番組を中心に活躍。主な出演歴は、フジテレビ『いいひと。』、TBS『温泉へ行こう』(1~5シリーズ)、日本テレビ『スーパーJOCKY』『24時間テレビ』、映画『六本木フェイク』等。 代表作品映画『ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密~銭形姉妹への挑戦状』 / 中京テレビ『ブラブラ』 / サンテレビ他『夜美女~YORUBIJYO~』 趣味は、競馬とゴルフ。

ゲスト◇宮城まり子(Mariko Miyagi)1927年、東京生まれ。1955年、ビクターレコードより「ガード下の靴みがき」で歌手としてデビュー。東宝劇場出演中スカウトされ、ミュージカル等の舞台に立つ。1958年「12月のあいつ」にて芸術祭賞受賞。その後、舞台、テレビと活躍を続ける。1968年、日本最初の肢体不自由児養護施設「ねむの木学園」設立。1979年、「ねむの木養護学校」設立(小学部、中学部) ねむの木学園設立以来、10年余の実績が認められ、成人に達しても必要であればとどまれる「肢体不自由児療護施設」という新しい制度が生まれた。 現在、ねむの木学園で理事長・園長・校長をつとめながら、こどもたちの生活を見、教育の現場に立ちながら、静岡県掛川市に生涯学習を基にした健康な人、ハンディを持った人、老人、若者、ともに暮らせる「ねむの木村」を運営する。

ゲスト◇宮城まり子(Mariko Miyagi)1927年、東京生まれ。1955年、ビクターレコードより「ガード下の靴みがき」で歌手としてデビュー。東宝劇場出演中スカウトされ、ミュージカル等の舞台に立つ。1958年「12月のあいつ」にて芸術祭賞受賞。その後、舞台、テレビと活躍を続ける。1968年、日本最初の肢体不自由児養護施設「ねむの木学園」設立。1979年、「ねむの木養護学校」設立(小学部、中学部) ねむの木学園設立以来、10年余の実績が認められ、成人に達しても必要であればとどまれる「肢体不自由児療護施設」という新しい制度が生まれた。 現在、ねむの木学園で理事長・園長・校長をつとめながら、こどもたちの生活を見、教育の現場に立ちながら、静岡県掛川市に生涯学習を基にした健康な人、ハンディを持った人、老人、若者、ともに暮らせる「ねむの木村」を運営する。

ゲスト◇池毅(Ike Takeshi)香川県善通寺市出身。武蔵野美術大学商業デザイン科卒。1970年代に、3人組のフォークグループ「He-Story」でデビュー。シングル5枚アルバム1枚を発表し約2年半で解散。その後は作曲家に転身し、1980年代後半から現在に至るまで数多くのJ-POP、アニメソング、コマーシャルソングなどの作曲を手掛けJASRACへの登録楽曲は2000曲を超える。代表作は、「ドラゴンボール」主題歌「魔訶不思議アドベンチャー」、同エンディングテーマ「ロマンティックあげるよ」や桃太郎電鉄シリーズなど。近年では「CR花の慶次」の大当たり曲「傾奇者恋歌」など。 池毅 オフィシャルサイト http://www.iketake.com/

ゲスト◇池毅(Ike Takeshi)香川県善通寺市出身。武蔵野美術大学商業デザイン科卒。1970年代に、3人組のフォークグループ「He-Story」でデビュー。シングル5枚アルバム1枚を発表し約2年半で解散。その後は作曲家に転身し、1980年代後半から現在に至るまで数多くのJ-POP、アニメソング、コマーシャルソングなどの作曲を手掛けJASRACへの登録楽曲は2000曲を超える。代表作は、「ドラゴンボール」主題歌「魔訶不思議アドベンチャー」、同エンディングテーマ「ロマンティックあげるよ」や桃太郎電鉄シリーズなど。近年では「CR花の慶次」の大当たり曲「傾奇者恋歌」など。 池毅 オフィシャルサイト http://www.iketake.com/

ゲスト◇わたせせいぞう(Seizo Watase)1945年神戸市生まれ。北九州市育ち、早稲田大学法学部卒業後、 サラリーマン生活を送りながら漫画制作を始める。 1974年『ビックコミック』の第13回ビックコミック賞入選を皮切りに1983年より代表作「ハートカクテル」、日本の美しい風物の中で暮らす夫婦の愛の物語『菜』など、大人のラブストーリーを書き続けている。 また、官公庁広報用ポスターおよび企業広告用イラストを数多く制作し、イラストレーターとしても国外において展覧会を開催し好評を博している。 2014年には画業40周年を迎え、最新作 「アンを抱きしめて 村岡花子物語(NHK出版)」(村岡恵理氏との共著)の絵本を発売。モ―ニング(講談社)では、「Telephone」を好評連載中。

ゲスト◇わたせせいぞう(Seizo Watase)1945年神戸市生まれ。北九州市育ち、早稲田大学法学部卒業後、 サラリーマン生活を送りながら漫画制作を始める。 1974年『ビックコミック』の第13回ビックコミック賞入選を皮切りに1983年より代表作「ハートカクテル」、日本の美しい風物の中で暮らす夫婦の愛の物語『菜』など、大人のラブストーリーを書き続けている。 また、官公庁広報用ポスターおよび企業広告用イラストを数多く制作し、イラストレーターとしても国外において展覧会を開催し好評を博している。 2014年には画業40周年を迎え、最新作 「アンを抱きしめて 村岡花子物語(NHK出版)」(村岡恵理氏との共著)の絵本を発売。モ―ニング(講談社)では、「Telephone」を好評連載中。

ゲスト◇代居真知子(Machiko Yosue)女子栄養大学栄養学部卒業後、執筆家に。幅広い執筆活動の後、現在は福祉全般、特に介護関係を中心に執筆。現場取材を重視し、専門職から利用者までさまざまな立場の声を聞き続けている。また、その取材でえた声を福祉関係者、家族介護をする人、自分たちの老後を考える人に発信。これからの超高齢社会での家族介護や、高齢生活をこなしていくための知識、考え方も提案している。

ゲスト◇代居真知子(Machiko Yosue)女子栄養大学栄養学部卒業後、執筆家に。幅広い執筆活動の後、現在は福祉全般、特に介護関係を中心に執筆。現場取材を重視し、専門職から利用者までさまざまな立場の声を聞き続けている。また、その取材でえた声を福祉関係者、家族介護をする人、自分たちの老後を考える人に発信。これからの超高齢社会での家族介護や、高齢生活をこなしていくための知識、考え方も提案している。

ゲスト◇小森 陽一(Komori Youichi)1953年、東京生まれ。北海道大学文学部、同大学院文学研究科博士課程修了。 東京大学大学院教授(日本近代文学)、文芸評論家、「九条の会」事務局長。日本近代文学研究者。漱石関連の著書を多数執筆し著書に『夏目漱石を読む』『漱石を読みなおす』他。その他にも、『橋下「維新の会」の手口を読み解く』(2012年、新日本出版社)、『生きさせる思想』(2008年、新同)、『理不尽社会に言葉の力を』(2007年、同)、『座談会 昭和文学史』(共著、全六巻2004年完結、集英社)、『泥沼はどこだ』(共著、2012年、かもがわ出版)、『天皇の玉音放送』(2008年、朝日文庫)、など多数執筆している。

ゲスト◇小森 陽一(Komori Youichi)1953年、東京生まれ。北海道大学文学部、同大学院文学研究科博士課程修了。 東京大学大学院教授(日本近代文学)、文芸評論家、「九条の会」事務局長。日本近代文学研究者。漱石関連の著書を多数執筆し著書に『夏目漱石を読む』『漱石を読みなおす』他。その他にも、『橋下「維新の会」の手口を読み解く』(2012年、新日本出版社)、『生きさせる思想』(2008年、新同)、『理不尽社会に言葉の力を』(2007年、同)、『座談会 昭和文学史』(共著、全六巻2004年完結、集英社)、『泥沼はどこだ』(共著、2012年、かもがわ出版)、『天皇の玉音放送』(2008年、朝日文庫)、など多数執筆している。

ゲスト◇わたせ せいぞう(Seizo Watase)1945年神戸市生まれ。北九州市育ち、早稲田大学法学部卒業後、 サラリーマン生活を送りながら漫画制作を始める。 1974年『ビックコミック』の第13回ビックコミック賞入選を皮切りに1983年より代表作「ハートカクテル」、日本の美しい風物の中で暮らす夫婦の愛の物語『菜』など、大人のラブストーリーを書き続けている。 また、官公庁広報用ポスターおよび企業広告用イラストを数多く制作し、イラストレーターとしても国外において展覧会を開催し好評を博している。 2014年には画業40周年を迎え、最新作 「アンを抱きしめて 村岡花子物語(NHK出版)」(村岡恵理氏との共著)の絵本を発売。モ―ニング(講談社)では、「Telephone」の連載。2015年には、六本木男性合唱団オリジナルミュージカル「ウエスト・サイズ・ストーリー」の美術・ポスターイラスト担当。2016年には、綿矢りさ氏 連載小説 「私をくいとめて」 の挿絵を担当。朝日新聞夕刊にて高評連載中。

ゲスト◇わたせ せいぞう(Seizo Watase)1945年神戸市生まれ。北九州市育ち、早稲田大学法学部卒業後、 サラリーマン生活を送りながら漫画制作を始める。 1974年『ビックコミック』の第13回ビックコミック賞入選を皮切りに1983年より代表作「ハートカクテル」、日本の美しい風物の中で暮らす夫婦の愛の物語『菜』など、大人のラブストーリーを書き続けている。 また、官公庁広報用ポスターおよび企業広告用イラストを数多く制作し、イラストレーターとしても国外において展覧会を開催し好評を博している。 2014年には画業40周年を迎え、最新作 「アンを抱きしめて 村岡花子物語(NHK出版)」(村岡恵理氏との共著)の絵本を発売。モ―ニング(講談社)では、「Telephone」の連載。2015年には、六本木男性合唱団オリジナルミュージカル「ウエスト・サイズ・ストーリー」の美術・ポスターイラスト担当。2016年には、綿矢りさ氏 連載小説 「私をくいとめて」 の挿絵を担当。朝日新聞夕刊にて高評連載中。

ゲスト◇喜多條忠(Makoto Kitajou)大阪府出身。大阪府立春日丘高等学校卒、早稲田大学中退。大学中退の頃から文化放送の番組の台本書きをする。自身の学生時代の体験を元に書いた「神田川」をかぐや姫に提供し大ヒットとなった。現在も作詞やコラム・小説などの執筆活動に従事。JASRAC理事、並びに、日本作詞家協会会長を務める。趣味は競艇、選手との交流もあるほど精通し専門誌などにコラムも連載。スポーツ新聞に自らの予想を掲載したり、ビッグレース等のテレビ中継ではゲストに呼ばれることもある。また猫を飼っており、その猫を主役にして『女房逃ゲレバ猫マデモ』という小説も執筆している。

ゲスト◇喜多條忠(Makoto Kitajou)大阪府出身。大阪府立春日丘高等学校卒、早稲田大学中退。大学中退の頃から文化放送の番組の台本書きをする。自身の学生時代の体験を元に書いた「神田川」をかぐや姫に提供し大ヒットとなった。現在も作詞やコラム・小説などの執筆活動に従事。JASRAC理事、並びに、日本作詞家協会会長を務める。趣味は競艇、選手との交流もあるほど精通し専門誌などにコラムも連載。スポーツ新聞に自らの予想を掲載したり、ビッグレース等のテレビ中継ではゲストに呼ばれることもある。また猫を飼っており、その猫を主役にして『女房逃ゲレバ猫マデモ』という小説も執筆している。

ゲスト◇湯浅千花恵(Chikae Yuasa)着物との関わりは30年以上です。 私が着付けしてきたお客様の人数は、ざっと2500人ほど。どれだけの帯を締めてきたかと思うと感慨深いものがあります。 ほんの数十年前まで日本人の普段着とされていた着物が、いつしかよそ行きになり、いまでは着物を着るだけで人々が振り返る。そんな時代になりました。 お祝いごとの席や、観劇など、日常と異なるシーンで着る着物は、私たちを特別な時間に連れていってくれるものですね。 でも私は、誰もが、もっともっと普段着としての着物を楽しめるようになってほしいと願っています。 着るだけで運が開ける「着物」の存在を身近なものにしていくことが、人生にゆとりを生み出すからです。 すでに着物は持っているけど楽しみ方がわからないという方や、着物に興味はあるけどお金がかかりそうで二の足を踏んでいる方などは、1度私にご相談ください。 着物のいろはから、パーソナルカラー診断、着方やコーディネートのレッスンまで、着物に関する総合的なお世話役=着物コンシェルジュが私の役割です。

ゲスト◇湯浅千花恵(Chikae Yuasa)着物との関わりは30年以上です。 私が着付けしてきたお客様の人数は、ざっと2500人ほど。どれだけの帯を締めてきたかと思うと感慨深いものがあります。 ほんの数十年前まで日本人の普段着とされていた着物が、いつしかよそ行きになり、いまでは着物を着るだけで人々が振り返る。そんな時代になりました。 お祝いごとの席や、観劇など、日常と異なるシーンで着る着物は、私たちを特別な時間に連れていってくれるものですね。 でも私は、誰もが、もっともっと普段着としての着物を楽しめるようになってほしいと願っています。 着るだけで運が開ける「着物」の存在を身近なものにしていくことが、人生にゆとりを生み出すからです。 すでに着物は持っているけど楽しみ方がわからないという方や、着物に興味はあるけどお金がかかりそうで二の足を踏んでいる方などは、1度私にご相談ください。 着物のいろはから、パーソナルカラー診断、着方やコーディネートのレッスンまで、着物に関する総合的なお世話役=着物コンシェルジュが私の役割です。

Pinterest
Search